おすすめを一挙に紹介!

なぜ返済遅延があると審査に不利になるのか?

カードローン審査時に、よく審査落ちの理由として出てくる返済の遅れを返済遅延といいます。

返済遅延は読んで字の通り、本来の期日までにするべき返済が遅れているので、当たり前ですが印象が悪いです。

しかし、例えば、知人に物を借りておいて長期間返さない人などはお金に関しても、1日やそこら返すのが遅れたくらいで…などと思ってしまう事でしょう。

ただ、カードローン返済の場合は、遅れたのがたった1日でもペナルティが発生しますし、それによって信用に傷がつきます。

簡単に結論を述べると、返済遅延をした事がある場合、信用に傷がつく為カードローン審査で不利になるのです。

カードローンで返済が遅れるとどんなデメリットがあるのか?

カードローンで初めて返済が遅れてしまい、そもそもどんなデメリットがあるか分からない!という方もいると思います。

基本的に返済遅延によって生じるデメリットは以下の通りです。

返済が遅れる事のデメリット

  • 遅延損害金が発生する
  • 信用情報の上でマイナスになる
  • 延滞になると借り入れが出来なくなる

まず、返済遅延をしたことに対するペナルティとして、遅れた日数分だけ遅延利息ともいわれる、遅延損害金の支払いが必要になります。

カードローンの遅延損害金の利率は大体どの金融機関も20.0%となっており、その利率が残高と返済遅れ日数にかかりかかる仕組みです。

遅延損害金は、返済時に通常の利息と合わせて約定返済額から引かれるので、別途料金として窓口などで払う必要はありません。

ただし、約定返済額から利息に加え遅延損害金の額もマイナスになるので、残高の返済に実際に充てられる金額が少なくなります。

つまり、遅延損害金の支払いによって返済期間が延びるわけです。

原則、金融機関のカードローン契約規約には、返済が1日でも遅れた場合には、借り入れ側の期限の利益が喪失したとして、遅延損害金が発生する旨が記載されています。

期限の利益は、貸し付け側が約束の期限までの支払いを免除することを借り入れ側に認める、借り入れ側の権利です。

返済が遅れると、その期限の利益による権利を借り入れ側は失うので、貸し付け側にいつ返済を請求されても文句は言えませんし、遅延損害金の発生と支払いの請求もされて当然となります。

次に、信用についてですが、具体的にどういったデメリットがあるか?というと、与信状態が悪くなり金融機関に信用されなくなります。

というのは、カードローン審査で金融機関は必ず借り入れ側の信用情報を照会します。

返済遅延をしていると、その信用情報に返済が出来ていないと分かる印が付く為、融資してもちゃんと返済してくれる人かどうか、金融機関は審査である程度見極めることが可能です。

その為、返済遅延の履歴が信用情報に記載されている状態の場合、審査に不利になってしまうのです。

貸したもの約束に基づいて返してくれない人を、そのまま信用し続けることは個人の間でも難しいといえます。

また、カードローンは、知り合いと口約束で貸し借りをするのではなく、契約先の金融機関の規定に基づいて契約するものですから、大目に見てもらう事は出来ません。

カードローンは金融機関の規約に同意して契約するので、借り入れ側はその内容を守る必要があるのです。

遅延損害金は、利率で算出された金額分を払い、その後返済を遅れなければ長期間影響を及ぼすことはありません。

返済遅延も、たった1度だけ短期間返済を忘れていてしてしまっただけなら、信用の傷とは言っても軽微といえます。

ところが、返済が遅れている日数が61日以上もしくは3カ月以上になると、ただの返済遅延ではなく延滞となり、カードローン審査落ちの原因にまでなる可能性が否めません。

というのは、返済の遅れが延滞にまでなると、信用情報の上で異動情報に該当するようになってしまうからです。

異動情報は、債務整理や強制解約など返済不能になってしまって場合にも、信用情報に記載されます。

加えて、異動情報が信用情報にある限り、追加借り入れが出来ず、新規の借入契約も借り換えも審査通過が不可能な為、原則出来ません。

そうなると、例え融資が必要な金銭状況に陥ってしまっても、一切融資を受けることが出来ず、完済までただ返済をしていくしかないです。

途中で返済不能になった場合は、それこそ債務整理をしなくてはいけないので、そこからまた最高5~10年間カードローンなどの信用貸し契約が出来なくなります。

返済遅延してしまっても借り換え・おまとめは可能?

上述したように、延滞として異動情報が信用情報に記録されるまでは、返済遅延をしていても絶対に審査通過出来ないという事はありません。

うっかり口座引き落としの際に、返済分の金額が口座になかった!返済日を勘違いしていて1日返済が遅れてしまった!程度であれば、その後に延滞を起こさずちゃんと返済しローン利用をすることでほとんど信用に響かない場合もあります。

そのように、軽度の延滞や遅延であればそのまましばらく利用中のカードローンで健全な利用実績を積んでいけば借り換えや・おまとめに支障が出ることはないでしょう。

ただし、その返済遅延が起こってしまった理由によっては、そのままカードローン利用するとさらに返済遅延を重ねてしまう恐れがあることも否めません。

例えば、2~3社キャッシング先があってA社とB社の返済日を勘違いしてしまった為に延滞が起こってしまった。という場合には、軽度の延滞である内におまとめ専用プランで返済一徹でのローン利用にして一度完済を目指すのも手です。

借り換えやおまとめを自主的、つまり通常のカードローンなどで借りている分を新たに借りて、既存の利用中のローンを完済してしまうのであれば、借り換え・おまとめ後も使うのは普通のローンなので自分の都合に合わせて借りれや返済が出来ます。

ところが銀行や消費者金融が、目的別ローンとして資金用途を借り換え・おまとめ専用としている場合のローンで契約すると、追加キャッシングと他での新規キャッシング契約が出来なくなり返済のみのローン利用に制限されます。

返済のみが可能なローンなので返済遅れが軽微であれば審査に通らない可能性は低いです。

その為、返済が遅れた理由が複数社の返済管理がしづらかったという場合には、早急におまとめ専用ローンに借り換えてしまって一度完済をしてから、新たに必要であれば通常のカードローンなどでキャッシング契約をするといいと思います。

おまとめローンは複数のローンが一本になるので金額も単発で借りるより大きめです。

大きい額を完済までもっていくというのはローン利用において好印象といえます。

ちょっとした返済遅延のマイナス点なら、まとめて一度完済してしまう事で利用実績の上で目立たなくしてしまうというのが延滞をしてしまった後での借り換え・おまとめの裏技といえます。

遅延損害金分も借り換え可能!?

ちなみに、返済が遅れると遅延損害金が発生する事を最初の方で述べました。

その際、遅延損害金分が残っていてもカードローン借り換えが可能か?といえば、審査に通過すればできなくないといえます。

返済遅延をした契約先のカードローンには、遅延損害金分も残高として組み込まれる可能性が高いです。

ところが、審査通過しなくては借り換えは出来ないので、延滞にまで悪化してしまっている場合は遅延損害金も含んで借り換えすることは不可能です。

カードローン借り換えは、既存の契約先の残高をそのまま別のカードローン契約先に移すものなので、残高の内訳を細かく見るような事はないといえるでしょう。

その為、返済遅延の情報を見て、何円分だけは借り換えを認めない!などという事はない筈です。

つまり、遅延損害金分を払う前に借り換えをしてしまう事で、うまくいけば直近の返済から通常の利息だけの支払いで済むようになる可能性があります。

ただ、返済遅延をしたという記録は信用情報に残っているので、その情報を借り換え先の金融機関が審査でどの程度参考にするかによります。

低金利で貸付をしているカードローンなどは、軽微な返済遅延であっても貸し倒れリスクとして見込む可能性があるので、借り換えは難しいかもしれません。

その為、返済遅延をした後で借り換えを希望したとしても、あまり効果的な低金利借り換えは望めない可能性は高いです。

しかし、借り入れ件数が嵩んでいて、返済遅延もその為に起こってしまったような場合は、おまとめローンの審査ならある程度考慮される可能があります。

ただし、返済遅延もなく信用情報がきれいな状態で、借り換え審査に臨んだ方が良いのは間違いありません。