おすすめを一挙に紹介!

SMBCモビットから借り換える?SMBCモビットへ借り換える?

モビットは電話連絡郵送物なしのWEB完結契約が出来ることで人気の大手消費者金融です。

その為、一番初めの借入先にモビットカードローンを契約している方もいれば、他金融機関カードローンからの借り換え先として検討している方もいると思います。

ちなみに、モビットにはモビットカードローンという1つローンプランしかありませんが、借り換え・おまとめにもそのカードローンで対応しています。

つまり、他社借入をモビットへ借り換える事も、複数社をモビットでおまとめすることも不可能ではありません。

ただ、モビットは消費者金融である為、金利がそこまで低くありません。

カードレスでWEB完結契約出来たり、セブン銀行スマホATM取引という新しいサービスが利用出来たりする優秀なカードローンではありますが、金利面を考慮すると借り換え先にはあまり向いていないといえます。

SMBCモビットから借り換えるなら銀行がオススメ?

モビットは上述もしたように消費者金融なので、もしモビットから借り換えるのなら同じ消費者金融ではなく銀行がオススメです。

理由はとしては、やはり借り換えをするからには低金利になった方が良いからです。

消費者金融から消費者金融へ単純に借り換えするだけでは、金利は基本的に下がりませんし、毎月の約定返済額もほとんど変わらないといえます。

では、モビットから銀行へ借り換えるとして、どの銀行カードローンへ借り換えるのが良いか?といえば以下の通りです。

SMBCモビットからの借り換えにオススメの銀行カードローン

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

何故上記の2つの銀行カードローンがオススメの理由は、モビットでの借り入れ・返済に利用していた口座が無駄にならないからです。

モビットでWEB完結契約をする場合、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座のいずれかが必須となっています。

すると、モビットWEB完結で利用していた口座があるはずなので、引き続きその口座を利用して借り入れ・返済が出来る銀行カードローンを借り換え先とした方が、借り換え後も利便性高くローン利用が可能といえるでしょう。

三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、自行口座があることで振込融資利用が可能ですし、返済も口座振替が可能です。

ただ、WEB完結でもう1つ利用可能なゆうちょ銀行に関しては、自行カードローンがスルガ銀行と提携している物である為、ゆうちょ銀行口座があっても特段ローンの利便性が良いわけではないのでオススメしません。

また、三井住友銀行カードローンも三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックも、口座がある利便性もさることながら、金利も約定返済額も借り換え効果が大きく望める事もモビットからの借り換え先にオススメできる所以です。

三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

カードローン限度額金利最低返済額
三井住友銀行
カードローン
800万円年4.0~14.5%2,000円
三菱東京UFJ銀行
カードローン
バンクイック
500万円年1.8~14.6%2,000円

ちなみに、モビットで借りている残高が高額であったり、モビット以外の他社借入も一本化しての借り換えをする場合は、その2つの内でも三井住友銀行カードローンの方が良いといえます。

というのは、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは最高限度額が500万円のところ、三井住友銀行カードローンは最高限度額が800万円と高額の設定だからです。

借りる金額が高額である場合は、なるべく取り扱っている限度額が高いところへ申し込みをした方が、希望額で借りられる可能性が高いといえます。

ちなみに、モビットでWEB完結利用ではなくカード発行契約をしており、特定の口座を持っていなかった場合も上述した2行の銀行カードローンがオススメです。

三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは口座不要でもカードローン契約が出来ます。

銀行カードローンの多くは契約時に口座がない場合、カードローン契約手続きと同時に口座開設もしなくてはいけないことが多いです。

すると、モビットカードローンを口座なしで利用していた場合、借り換えの際に口座開設が必要になってしまう可能性があります。

カードローンの借り換え自体はそこまで時間を要しませんが、口座開設はそうではありません。

口座開設は早くて1~2週間、一般的には3週間ほどかかります。

借り換えは特に急いでするものでもありませんが、口座開設をしている間は振込融資や口座振替返済が利用できないので、多少不便を感じる可能性がゼロではありません。

その点、口座不要でも契約できる三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、モビットのカード発行契約利用者の方の借り換えにも向いているといえるでしょう。

他の消費者金融からSMBCモビットへ借り換えるのはどう?

モビットカードローンを借り換え先にする場合は、複数社の消費者金融をまとめる目的でのみの利用が良いでしょう。

というのは、消費者金融カードローンの金利はそこまで差がないからです。

モビットの上限金利18.0%は消費者金融カードローンでよく設定されている金利といえます。

利息制限法により借り入れ残高100万円未満の場合、貸し付け側が設定できる最高金利の上限が年18.0%なので、貸金業もビジネスですから良いとされている範囲での利息はギリギリまで取りたいわけです。

その為、モビット以外の消費者金融での残高が100万円未満の場合、モビットへ借り換えをしたとしても金利が引き下がる可能性はほぼありません。

ところが、同じ法律に基づいて借入残高が100万円以上となった場合は最高金利の上限が年15.0%になります。

つまり、複数の消費者金融に借り入れが渡っている総額が、まとめと100万円以上となる場合にモビットでまとめるなら、借り換える意味があるといえるでしょう。

ただ、おまとめでの借り換え契約をモビットでする場合は、申し込み時におまとめ目的での利用であることを伝えなくては審査に落ちてしまいます。

100万円以上の高額を他社借り入れがある状態で、通常の新規申し込みだけしてしまうと単純に返済能力がないとみなされ、モビットでのおまとめに失敗してしまいます。

モビットカードローンをおまとめで利用する場合は、申し込み後に一言モビットへおまとめ利用したい旨を伝えておくことをオススメします。

原則、モビットをおまとめ以外の借り換えで利用するのはオススメしません。

もし、消費者金融同士の借り換えをするなら、プロミスの上限金利が年17.8%と若干モビット含む消費者金融より低金利なので、プロミスへの借り換えなら検討してみても良いでしょう。

消費者金融の借り換え・おまとめ専用とは?

ちなみに、モビット以外の大手消費者金融には総量規制例外貸付に基づいた、借り換え・おまとめ専用ローンを通常のカードローンプランとは別に用意しています。

消費者金融の借り換え・おまとめ専用ローン

消費者金融借り換え・おまとめ専用ローン
プロミス貸金業法に基づくおまとめローン
アコム貸金業法に基づく借り換え専用ローン
アイフルかりかえMAX、おまとめMAX

上記のような専用ローンであれば、特に金融機関に借り換えやおまとめ目的で申し込んだことを伝える必要はありません。

ただ、借り換え・おまとめ専用ローンだからといって、通常の消費者金融カードローンよりも金利や限度額が優遇されるか?といえばそこまで変わりません。

その為、モビットカードローンを借り換えで利用するにせよ、上記のような消費者金融の専用ローンを利用するにせよ、なるべくはおまとめでの利用が望ましいでしょう。

もしくは、銀行への借り換えやおまとめに失敗して後がない場合にのみ、借り換え先に検討することをオススメします。