おすすめを一挙に紹介!

みずほ銀行に借り換えるとどれくらい返済が楽になるのか?

消費者金融から銀行カードローンに借り換えるという時点で、基本的に低金利になることは間違いありません。

では、このサイトオススメのみずほ銀行カードローンに借り換えると、どのくらい利息額が抑えられるのでしょうか?

まずは、大手消費者金融とみずほ銀行カードローンの金利差を大まかに見てみます。

  • みずほ銀行カードローン=年2.0~14.0%

(住宅ローン利用の金利引き下げ-0.5%適用後は年1.5~13.5%。)

  • プロミス=年4.5%~17.8%
  • モビット=年3.0%~18.0%
  • アコム=年3.0%~18.0%
  • アイフル=年4.5%~18.0%

カードローンの金利というのは、ほとんど上限金利が適用されての契約となります。

そこで、上限金利で見てみると、みずほ銀行カードローンは各消費者金融と比べると明らかに金利が低いのが見て取れます。

もし、カードローン借り換え審査に通過した場合、消費者金融の上限金利より約4%低金利で借り入れが可能です。

例えば、みずほ銀行カードローン(基準金利)とプロミスで30万円を1年借りて完済した時の総返済額と利息額を各公式サイトでシミュレーションすると…

みずほ銀行カードローン金利14.0%=総返済額:325,146円 利息額:25,146円

プロミス金利17.8%=総返済額:329,701円 利息額:29,701円

となり、利息額の差は4,555円です。

借り始めは、消費者金融のカードローンの方が土日祝日なども最短即日融資に対応していたり、申込時のサービスも様々あって契約手続きがしやすいです。

しかし、返済のことを考えると、銀行カードローンの方が利用者にとって返済負担が軽く済みます。

特に借入額が高額である程、返済期間は長くなりますから、そういった場合は、みずほ銀行カードローンのような低金利の銀行カードローンに途中で借り換えてしまうのが得策といえるでしょう。

利息は日割りですから、返済日数が多いほど高く付いてきます。

その為、カードローン契約時は、なるべく早く融資を受けたい希望の方が強い事もあるでしょうから、1年だけは消費者金融を利用して、頃合いを見て銀行に借り換えをするのが良いです。

なぜ、「1年」という期間を挙げたかといえば、カードローン契約をしてすぐには借り換えは出来ないからです。

最低でも、半年~1年は初めの契約先でカードローン利用をしなくては、借り換えの審査落ちの要因になる可能性があるからです。

時に、消費者金融からみずほ銀行カードローンに借り換える際に気を付けなくてはいけないのが、銀行口座の有無です。

みずほ銀行口座をあらかじめ持っている場合は、最短即日融資に対応しており、手元のキャッシュカードにローン機能が付帯されるので郵送物もありません。

しかし、みずほ銀行の口座がない場合は、口座開設が完了してからではないと、融資が受けられないので借り換えがスムーズにしづらいといえます。

ただし、カードローン借り換えは新規契約ほど緊急性を求められることはないでしょうから、口座開設の手間をかけても利息額を浮かせるのは大切なことといえます。

みずほ銀行カードローンの約定返済額は高め?

もしも、消費者金融から銀行に借り換える目的が、月々の返済額の低額化である場合は、みずほ銀行カードローンは向かない場合があります。

というのは、みずほ銀行の約定返済額は、残高毎に設定されている返済額の差が1万円ずつと他の銀行カードローンと比べて大きいからです。

一番低い返済額は残高1万円未満の場合の「前月10日現在の利用残高」がそのまま約定返済額となるので、1万円以下となります。

具体的な残高を挙げると、1万円以上50万円以下の残高に対して返済額1万円。というのがみずほ銀行カードローンでは、一番低い月々の返済額となっています。
(以下のみずほ銀行カードローン約定返済額は、限度額200万円以下での借り入れの場合です。)

どのくらい毎月の返済が他の銀行カードローンより高いか、三井住友銀行カードローンを例に比較すると、以下の通りです。

みずほ銀行カードローン約定返済額

残高返済額
1万円未満前月10に現在の利用残高
1万円以上50万円以下1万円
50万円超100万円以下2万円
100万円超150万円以下3万円
150万円超200万円以下4万円
200万円超250万円以下5万円
以降、最高限度額まで残高が50万円増すごとに返済額1万円増。
750万円超800万円以下17万円

三井住友銀行カードローン約定返済額

残高返済額
2,000円~100,000円2,000円
100,001円~500,000円利用残高が10万円増すごとに2千円を追加
500,001円~600,000円11,000円
600,001円~3,000,000円利用残高が10万円増すごとに千円を追加
3,000,001円~3,500,000円40,000円
3,500,001円~5,000,000円利用残高が50万円増すごとに5千円を追加
5,000,001円~8,000,000円利用残高が100万円増すごとに5千円を追加

特に、借入額が少額の場合、みずほ銀行カードローンの返済額は三井住友銀行カードローンと比べると8,000円も多い金額を返済する必要があります。

また、消費者金融のカードローンも、限度額10万円以下の場合は、約定返済額がどこの金融機関も4,000円で済みます。

その為、消費者金融からのカードローン借り換えで毎月の約定返済額を減らしたい場合は、三井住友銀行のように残高が少額であれば約定返済額が4,000円以下になる銀行を選んだ方が良いといえるでしょう。

ただし、借り換えは借り換えでも、おまとめ目的で早期完済を目指すなら、みずほ銀行カードローンのこの少し高めの毎月の約定返済額は有効といえます。

何故なら、おまとめローンは残高が高額である場合が多いですから、約定返済額が低額だとなかなか元金が減っていきません。

借り入れ側からすると、約定返済額を払うとその金額全てが残高の返済に充てられるように感じます。

しかし、実際は約定返済額の内から、定められた金利と借り入れ日数で割り出された利息額分が引かれるので、返済した金額満額が残高返済につながるわけではありません。

例えば、上述した例と同じく、30万円をみずほ銀行カードローンから借りた場合、約定返済額は1万円です。

ところが、そこから先に利息3,452円(300,000円×14.0%×30÷365)を引くと、元金の返済となるのは6,548円です。

4,000円近くは利息として払うわけなので、1万円支出したとしても6,000円しか実際には返済していないこととなります。

かといって、カードローン契約をしている以上利息を払わないわけにもいきませんから、早期完済をするなら初めから約定返済額の設定額が高い方が良いといえるのです。

返済する金額が少ない分、元金に充てられる金額も少ないため、徒に返済期間が延びる恐れがあります。

するとどんなデメリットがあるかといえば、返済期間が延びただけ利息を払う回数が増えます。

せっかくおまとめをして金利を下げても、約定返済額が下がったことで返済回数が増えてしまえば、利息が嵩んで低金利メリットが潰れてしまいます。

そうならない為には、おまとめローンの場合、みずほ銀行カードローンくらいの約定返済額をこなしていく方が良いでしょう。

ただし、約定返済額は毎月必ず最低限は支払わなくてはいけない金額なので、その金額が毎度返済できる余力があることが前提です。

そうでない場合は、とりあえず約定返済額の設定額は低いカードローンを選び、懐に余裕があるときにだけ約定返済以上の追加返済や繰り上げ返済をするのがオススメです。