おすすめを一挙に紹介!

初めてのカードローンなら消費者金融と銀行どっちが人気?

住宅ローン、マイカーローン、カードローン…色々種類がありますがローンとは端的にお金を貸すことを指します。

金融取引では融資、つまりお金を融通して貸してもらうことです。

金融取引界隈ではこれを一般的にはローン契約や借り入れ契約といいます。

ちなみに、ローン契約=キャッシングという認識が最近は多い傾向にありますが、キャッシングとローンは本来別物です。

キャッシングは、基本的にクレジットカードの締め支払いのように一括で前借した金額を返済することを指し、ローンとは分割で返済することを意味していたのですが、最近はほぼ同じ意味合いで使われていることが多いです。

特にカードローンでは借り入れ、つまり融資を受け取ることをキャッシングと称していたりするので、意味合いの違いを気にする必要はあまりないといえるでしょう。

さて、ではカードローンを契約してお金を借りようと思った時、まず初心者がぶち当たる疑問があると思います。

「お金を借りるなら銀行と消費者金融どっちがいいの!?」と、考える方が大半でしょう。

いざ、借り入れを初めてしようと思った時に誰もがこのようなことを一度は思い、調べたりもするでしょう。

お金を借りるには審査に通過しなくてはいけない!?

時に、カードローン契約は与信審査に通過しなくては、借り入れが出来ません。

その際、よく消費者金融の審査は銀行よりも甘い。などという噂があったりしますが、あくまで噂の域を超えないといえるでしょう。

基本的に、カードローン契約は安定した収入と問題のない与信状態が確認できれば審査に通過します。

逆に、無収入であれば、申し込んだとして審査には必ず落ちますし、信用に傷や異動情報があれば、消費者金融でも借り入れは不可能となってきます。

消費者金融の方が金利が高い分、多少貸付に関してリスクを取る判断をすることはあります。

しかし、イコール銀行よりも審査が甘いという根拠にはなりませんから、どちらで契約するにしろ、審査結果は自身の与信状態によるといえます。

では、そもそも審査される与信状態とは何か?といえば、信用情報と属性といわれる契約者自身の個人情報の事です。

信用情報は、JICC・CIC・KSCという信用情報機関で保管されている、個人の金融取引履歴の情報でカードローン審査で一番重要といえます。

信用情報に記載される履歴で審査で特に重視されるのは以下の点です。

  • 申し込み履歴
  • 返済状況
  • 他社借入件数・残高
  • 金融事故履歴(異動情報)

金融事故にあたる債務整理や自己破産などは異動情報といわれ、その履歴が信用情報に記録されている場合は審査通過が出来ないので、借入不可能となります。

もう一つ審査で重要な属性はどんな情報か?といえば大体以下のような情報といえます。

  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年齢
  • 住居形態

属性は契約する金融機関によって審査される項目が増減しますが、上記の6点は基本的に必ず審査される項目といえます。

時に、カードローンが初めての方は、年収が高ければ簡単に審査通過出来る!と思い込んでいる傾向にありますが、年収は高さよりも安定しているかどうかが重要です。

また、信用情報の状態が悪い場合は、年収そうですが他の属性が高評価でも審査に落ちる可能性の方が高いといえます。

初めてカードローン契約をする方の場合、信用情報に重大な問題があることは少ないでしょう。

しかし、クレジットカードや携帯の分割払いで支払い滞納をしたことがあると、信用情報その記録がされており審査で不利になる可能性があります。

カードローン基礎知識!消費者金融と銀行の違い

カードローンの特徴はネットや自動契約機(無人のローン申し込みが出来る機械)から簡単に申し込みができる事と、大体の場合が借入するお金の代わりに成り得るもの(担保)や借りたお金の返済をもし返済不能になった時に保証してくれる人(保証人)がなくても借り入れが出来ることです。

その様に担保も保証人も不要ですし、昨今はPCは勿論スマホなどからも簡単にネット申し込みが出来ます。

また、カードローンというと専用のローンカードが発行されるイメージがあり、カード発行の際やカードが手元にあることで借り入れが家族などにバレてしまわないか心配な方もいると思ますが、昨今は誰にも知られずにローンカード発行も可能な契約も可能です。

そして、限度額のうちであればいつでも何度も借り入れや返済が可能で利便性がいいことです。

使い道も目的ローン(借入金の使い道が特定の物に限定されるローンのこと)と違い、決まっていないため自由に使えます。

しかし、利用がしやすいためにズルズルとお金を完済(借りた分を全て返すこと)をせずに長く借りてしまうと利息も嵩み、支払いが苦しくなるので注意が必要です。

では、消費者金融と銀行のカードローンとでは何が違うかといえば、金利や融資限度額(借りられるお金の上限)、融資までの時間などが主に違ってきます。

消費者金融カードローンのメリット

  • 最短即日融資
  • 土日祝日借り入れ可能
  • 無利息期間サービス

早急にお金が必要!今すぐ必要!という緊急のお金の補填なら、即日融資&スピード振り込みに定評のある消費者金融機関のカードローンがおすすめです。

というのは、自動契約機が充実していて土日祝日でも、その日のうちに融資が受けられる可能性が銀行より高いからです。

銀行も最高で平日の15時頃までの契約手続き完了と振り込みの要請をすることで最短即日融資対応してくれるところがほとんどですが、それ以降の時間や土日などは消費者金融と同じように専用の自動契約機がある銀行しか即日融資にこぎつけられません。

また、銀行とは違い土日でもネット申し込みや自動契約機を使えば契約申し込み対応をしているのも便利です。

無利息期間(期間中の金利が0円)などのサービスや返済方法の幅が広いのも消費者金融の特徴です。

そのため条件を選んだり、借り入れを使い分けたりするのに消費者金融は向いています。

銀行カードローンのメリット

  • 低金利
  • 高額融資の可能性
  • 安心感

銀行でのカードローン契約では消費者金融に比べて金利が低く済みます

とりあえず、何が何でも支出は抑えてお金を借りたい!という場合なら、大手の銀行または地方銀行(地元の銀行の事)なんかも、消費者金融より利息負担が軽いです。

その為、特に長期の借り入れの場合は、銀行のほうが総支払額(借りたお金そのもの=元金と利息分を合わせた最終的な完済額)が低額で済みます。

端的に、借りた後の返済にかかる「利息の安さ」を重視するなら銀行カードローンが良いでしょう。

また、消費者金融のように法的に年収制限がされているわけではないので、大口の融資が可能な場合があります。

加えて、銀行は消費者金融よりお金の借り先として何となく安心感がありますから、初めてのローン契約で不安だという方にも銀行カードローンはおすすめです。

消費者金融も銀行もですが、最近はネットで365日24時間申し込みに対応しているので、日常の片手間に借り入れの申し込みができます。

ただし、審査は順を追って進められるので申し込みをしてすぐというわけではありません。

その点、契約機はその場で審査まで進められるので急ぎの場合にはこちらがおすすめです。

自動契約機の利用が初めてでも、ガイダンスの流れに従って契約を進められるので操作の心配は必要ありません。

もし、契約内容の細かいところまで確認したい場合は、有人窓口を利用しましょう。

有人窓口に関しては、消費者金融よりも銀行の方が支店が多いので、面と向かっての問合せがし易いといえるでしょう。

以上の主な相違点の他にも、各金融機関ではそれぞれ融資の方法やサービスには、当たり前ですが差があります。

銀行と消費者金融どちらを選ぶか、またはどちらかのどこのカードローンを選ぶかは、借り入れ希望者の希望金額や希望の契約方法によって違ってきます。

その為、最終的にはどちらを選ぶかはケースバイケースといえるでしょう。

10万円以下の少額融資をカードローンで組む例

例えば、少額を単発で借りる本当に臨時の出費の補填で10万円以下で当日中に。という事であれば、消費者金融でネット申し込みをしてからの自動契約機利用でローンカード発行と借り入れをするというのが一番手っ取り早いです。

ただ、この際に返済のことも考えるなら即日融資の条件が限られてくるものの、銀行で借りるという選択肢も浮上します。

消費者金融の10万円以下での借り入れは、各社の返済回数の制限もあって毎回の約定返済の最低返済額がどこも4,000円です。

これよりも低い返済額で毎回の支払いがしたいという場合には、三菱東京UFJ銀行や楽天銀行、イオン銀行といった10万円以下の融資の返済額が2,000~3,000円で済む銀行カードローンを検討する必要があります。

ところが、さらに今度は最終的にかかる利息分や完済までのスピードを考えたときに、最低返済額が多少ふところに厳しい金額でも4,000円以上を返済に充てて、少額融資の場合はさっさと完済してしまった方が利息が余計に嵩むことがないといえます。

たとえ銀行の方が金利が低くても、返済期間が長いという事は利息を付けて返済する回数が多いという事ですから、あまり長く借りていると消費者金融で借り入れ・返済するよりも結果的に低金利で借りた意味がなくなってしまうのです。

例)

三菱東京UFJ銀行バンクイックで金利14.6%、返済額2,000円で10万円を借りて完済する場合

返済期間(回数)=6年5カ月(77回) 総支払額=154,952円 利息分=54,952円

プロミスで金利17.8%、返済額4,000円で10万円を借りて完済する場合

返済期間(回数)=2年7カ月(32回) 総支払額=125,864円 利息分=25,864円

毎月の返済額が2,000円違うだけで、金利差3.2%の銀行カードローンの低金利メリットは潰れ、最終的にかかった利息額の差は29,088円とおよそ30,000円近くに膨らむ結果となる。

初めてのカードローンでのポイントとは?

上述してきた消費者金融と銀行の特徴を踏まえたうえで、初めてカードローン契約する先が決められたら、今度は申し込み時のポイントを押さえておきましょう。

まず気を付けるべきは、正規の金融機関が扱うカードローンへ申し込むことです。

基本的にはテレビCMをしているような大手消費者金融やメガバンクへ申し込めば、間違いなく正規の金融機関でのカードローン契約となります。

ただ、中にはネット検索などをして日常で名前を聞いたこともないような業者を見つける場合もあると思います。

そのような時は、その業者が金融庁の登録貸金業者情報検索でちゃんとヒットするかを確認してください。

もし、貸金業者として登録が確認できなかった場合は、違法業者なので利用しないようにしましょう。

ちなみに、所謂、借金の取り立てのような横暴は督促が正規貸金業者からされることはありません。

正規の貸金業者には督促のルールがあるので、それに則って返済が遅れた際も丁寧に対応されるのが現代の貸金業のあり方です。

正規の業者で申し込みたい先が見つかったら、金利や限度額、返済額といった貸付条件をしっかり把握した後、返済計画をなるべく具体的に立ててから申し込みをしましょう。

借りたい金額を借りたとして、最初のその借入額を完済できるまでに毎月何円ずつ返済することになるのか?利息は何円くらいかかるのか?返済期間はどれくらいになるか?など具体的な数字で算出しておくことで、返済不能になってしまうような事が防ぐことが出来ます。

無計画に申し込むのと、初めから返済をしていくための具体的な数字が分かっているのとではカードローンの利用の仕方も変わってくるというものです。

計画が立てられたら、任意の金融機関のカードローンへ申し込みましょう。

ただし、申し込みの時点でも注意すべき点があります。

それは、カードローン申し込みは正確な情報ですることです。

意図的に嘘の情報で申し込むのは勿論、間違った情報での申し込みは審査通過の可能性を下げます。

審査に通過しなくては、カードローン契約は消費者金融だろうと銀行だろうと出来ません。

また、申し込みの際には、最低限、本人確認書類と収入証明書を用意しましょう。

収入証明書は50万円以下の借り入れであれば不要なこともありますが、申し込み時の与信状態によっては50万円以下であっても提出が求められることがあるので、とりあえず準備だけしておく事をオススメします。

本人確認書類と収入証明書類は、金融機関によってそれとして提出が認められる書類が違う事がありますが、本人確認書類は運転免許証もしくはパスポート、収入証明書類は源泉徴収票または給与明細書が基本的にはどこでも通用する書類といえるでしょう。

それらの点に注意する事で、初めてのカードローン契約でもまず大きな失敗をする事はないでしょう。

安定した収入がないとカードローンは契約できない!

時に、カードローンは消費者金融で契約するにも銀行出契約するにも、最低限の条件として「安定した収入」があることが求められます。

特に消費者金融では総量規制の年収制限の為、自身に定期的な収入がない事には借り入れが出来ません。

銀行カードローンの場合は、配偶者の方に安定した収入があることで、収入がない専業主婦(主夫)の方でも借りられる場合もあります。

では、その「安定した収入」とは具体的にどういうものかといえば、月収であり年収であるといえるでしょう。

毎月給与として月収があれば、年収としても収入が割り出せます。

また、月収が年収として計算できるという事は、定期的に収入があるという事ですから、基本的に毎月給与があれば安定した収入がある。といえるでしょう。

わざわざ貸付条件に「安定した収入がある方」と提示されているカードローンも少なくないので、収入が高くないといけないのでは!?と誤解する方もいるかもしれません。

確かに収入が多ければ借りられる金額が多くなる可能性はりますが、審査通過しお金を借りるのに重要なのは、収入額の高さよりも継続して収入があることです。

その為、原則、働いていて毎月収入があるなら、カードローン契約はそこまで難しいものでないといえます。

ただ、安定した収入があっても、信用情報に問題がある場合、カードローン契約は難しいでしょう。

簡単なカードローン・キャッシングの借り入れ・返済方法

初めてカードローンなどで借り入れ契約をするとなると、なるべく分かりやすい方法でお金が借りられて返済も手間がない方が、延滞などの心配もなくて済みますよね?

一番単純なのは、契約先から発行されたローンカードを利用してATMから現金を引き出す方法です。

カードローンでは、融資を振り込みでしてもらうことも出来ますが、そのためには特定の銀行口座が必要であったり、最短即日で融資を受けるには時間の制限があります。

振り込み融資を最短即日で受けられる条件を満たしている場合は、ネットキャッシングも利便性が高くATMまで赴く手間が省けますが、ローンカードでの借り入れはアナログな分借り入れまで分かりやすいといえるでしょう。

普段から、自分が持っている口座をネットバンキングで管理している方などは、ネットキャッシングでの借り入れも難しくはないと思います。

返済方法で一番簡単で、返済忘れがなくせるのは自動口座引き落としです。

契約時に自分で決めたまたは、貸付側から指定された返済日に指定した口座から自動で返済額が払われる仕組みとなっています。

返済日までに口座に支払わなくてはいけない額を入れておけばいいだけなので、返済日を覚えておいて毎月ATMに返済に行く手間が省けますし、うっかり返済を忘れる可能性も低いといえるでしょう。

ATMからの返済も借入同様にローンカードで出来ますが、返済日を忘れていてその日の返済としてみなされる時間ギリギリにATMから返済したとして、すぐに反映されなかったりして返済遅延してしまう可能性が否めません。

以上のようにオススメの借り入れ・返済方法はそれぞれありますが、自身で実際カードローン契約後色々試してみて、利用がし易い方法を模索すると良いと思います。

本当にカードローンで借りるのが良いのか検討する

時に、借入金の資金用途によっては、カードローンで借り入れをするよりも、他の種類のローンの方が低金利で済む場合があります。

例えば、車やバイクの購入代金や事業資金、教育費などの調達を目的とするなら、カードローンよりもそれらの用途に特化した目的ローンで借りるのがオススメです。

特に、事業資金や教育費などは、銀行もしくは政府系金融機関から融資を受けた方が、金利が10%以下で済むことが多いです。

ただし、低金利に見合う返済能力と与信でなければ審査通過は難しく、カードローンのように最短即日審査・融資というわけにはいきません。

カードローンは、確かに資金用途自由で簡単に借り入れ申し込み可能ですが、その分目的ローンや公的融資に比べて高金利です。

しかし、保証人や担保などが用意でき、尚且つ、借入額が高額な場合は、カードローン以外で借り入れ契約をした方が借入後の返済が楽である可能性が高いです。

自身が何のために借りるお金なのか、具体的な見当がついているなら、その分野専用のローン契約をすることをオススメします。

ただ、生活費や趣味のお金の補填、その他交遊費・雑費などとして、多様に借入金を使い、繰り返し借り入れ・返済をしていきたいなら、カードローンでの借り入れが良いでしょう。

基本的に、目的ローンも公的融資も、借り入れは初回の一度きりで後は完済まで返済一徹となります。

借り入れ可能な資金用途でローンは申込む

資金用途ごとに対応したローンプランがあるという事は、そのローンプランにふさわしい借り入れ目的で申し込む必要があります。

ちなみに、カードローンは原則、資金用途自由ですがほとんどのカードローンでは、事業資金の借り入れを認めていません。

ただ、上記で紹介したモビットカードローンだけは、安定した収入があること前提で、自営業者や個人事業主の方の事業資金の借り入れでの利用も禁じていません。

他のカードローンを取り扱っている金融機関では、事業資金用のローンプランを別に設けている事が多いです。

逆に、事業資金用のビジネスローンでは、カードローンで借りられるような生活費や交遊費といった資金用途では、借り入れ出来ない事が多いです。

それぞれ、例外で貸し付けている金融機関も一部ありますが、ローン審査で無駄な審査落ちをしない為にも、申し込みを検討しているローンプランの資金用途の範囲内で借り入れをした方が良いでしょう。

時に、どんなローンでも資金用途として認められないものがあります。

それは、ギャンブルをする為の軍資金や他のローンの返済といった理由での借り入れです。

その様な資金用途で申し込みをしても、カードローンでもフリーローンでも、目的ローンでも審査に通過することはありません。

理由としては、貸付側にしてみれば、貸し倒れリスクでしかない借り入れ目的だからです。

また、目的の資金用途として、不自然でない借り入れ希望額での申し込みをすることも重要です。

生活費の補填が資金用途であるのに、200万や300万を借り入れ希望で申し込むのは、貸し付け側に訝しまれる要因となります。

そういった場合、申し込み先の金融機関から細かい借り入れについての確認の連絡が入ったりするので、融資を急いでいる時などは特に気を付けた方が良いといえるでしょう。