おすすめを一挙に紹介!

中小消費者金融とは?

大手消費者金融といえば、TVCMでも見かけるプロミスやアコムのことです。

これと対になるように中小消費者金融というワードを見聞きしたことはないでしょうか?

中小消費者金融は、大手と同じように貸金業登録がされ貸金業法に則って消費者に融資をし、利益を得ることを許されている貸金業者です。

さらに規模の小さい消費者金融は街金とも言われます。

街金とは…

ほとんど中小消費者金融と同じ意味でとらえられますが、厳密には街金は特定の地域・街でしか営業をしていないものを指し、中小金融機関のようにネットでの全国展開などをしていません。

そもそも貸金業の発祥はこの街金からで、繁華街で多く貸金業が見られたため街金といわれていたようです。

後に、バブルと同時期にこの業界は盛り上がりをみせ、サラリーマンが借り入れの主流利用者になったことから、サラリーマン金融(サラ金)と呼称されるようになったという遍歴があります。

そのためサラ金=街金とも未だにいわれたりしますが、現代でいうサラ金は貸金業法改正以前の消費者金融を指す場合が多いです。

大手より規模の小さい消費者金融というだけで、中小消費者金融が借入先として正規ではないという事ではありません。

特にネット展開などもしているセントラル、アロー、フクホーあたりは中小消費者金融でも手堅く支持されているので安心して借り入れできるでしょう。

安心して申し込める中小消費者金融

  • セントラル
  • アロー
  • フクホー
  • ライフティ
  • フタバ
  • 中央リテール

基本的にどんなにローンプランや貸付条件が甘くても、名前を見聞きしたことのないような所を選ばなければ大丈夫です。

もし、どうしても正規の貸金業者かどうか心配だ…という場合は、あらかじめ貸金業者として登録があるかの確認を必ずすることをお勧めします。

しかし、小規模の消費者金融は数が多くローンプランを比較するのも困難で、時に違法である闇金が紛れていたりもして、大手よりも借り入れをするリスクが懸念されます。

その為、中小消費者金融でしか借り入れが出来ないような人にしかメリットはないと思っていただいた方がいいです。

初めての借り入れの場合は、消費者金融でも大手または銀行での借り入れを検討する事を断然お勧めします。

中小消費者金融で借り入れるメリットは?

では、どういう時に中小消費者金融を利用すると良いのでしょうか。

ズバリ言ってしまえば、延滞などを繰り返して異動情報に問題がある方・複数社と借り入れ契約があり多重債務の方が借り入れをする最後の砦が中小消費者金融です。

というのも、中小消費者金融は集客力において大手にはかなわない為、融資した額が返済されないかもしれないリスクを取って大手では審査に通らないような人でも顧客にすることがあるからです。

ただし、だからといって無職の方や債務整理中、自己破産後すぐの方への貸付を行っているところはありません

もしそのような謳い文句があれば闇金と疑ってかかっていいです。

さまざまな事情で借り入れ先が膨らんでしまった、延滞の履歴がついてしまった、けれど少額融資に対しての返済能力なら見込める

例をあげるならそのような方の受け皿になってくれるのが中小消費者金融です。

中小消費者金融もボランティアではなく商売なので、勿論貸す相手は選びますから審査は必須です。

その為、契約する際の収入によって限度額は決まりますし、他での借り入れの残高にも勿論左右されます。

また、消費者金融ですから当然総量規制で年収の1/3以上の借り入れは不可能となっています。

過去に異動情報があった方や複数社に既に借り入れがある方が、借り入れが出来るのに加え中小消費者金融は千円などの少額からの貸付が可能であったり、業者自体が女性専用でオペレーターは勿論、契約者も女性限定といったような1つのサービスが会社レベルで徹底されているような特徴的な借入先があるのも利用者の目的が沿えば大きなメリットといえます。

中小消費者金融を利用する注意点は?

一番はやはり、闇金を利用しないことです。その為にも必ず借入先として考えているローンや会社についてのリサーチは欠かせません。

最低限調べるべきなのは貸金業者登録番号です。

貸金業者登録番号は合法の貸金業者である証拠です。

国や都道府県に貸金業登録の届け出をし、貸金業登録番号が与えられなければ貸金業を営むことは本来できません。

この貸金業者登録番号がちゃんと付与されている業者かどうか調べるのはネットで簡単に出来ます。

借り入れを検討している貸金業者の会社名や代表名などを入力し、検索するだけです。(参照:金融庁ウェブサイト 登録貸金業者情報検索サービス http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/)

また、貸金業法と上限利息法に基づき20%以上の金利での借り入れ契約は出来ないようになっているため、例えば、特別金利20%以上で多重債務・債務整理中融資可能!などというように謳っている物は調べるまでもなく、明なヤミ金融であり違法業者です。

加えて、正規の貸金業者としての中小消費者金融は上述したようにある程度リスクも持っている顧客を抱えていることが多いので、大手消費者金融と比べて金利が高いです。
その為必要以上に借りているとあっという間に利息が嵩みます。

また、ところによってはローンカードがなく銀行振り込みだけでの借り入れ・返済になる為、手数料などが余計にかかることがあったり、特定地域でしか貸付をしておらず店舗まで実際出向かなくてはいけない事も少なくないということがあります。

そうなると、借り入れの場合は緊急でお金が必要な時でも、振り込み融資対応時間外でお金が借りられなかったり、返済に関しても契約先が返済金の振り込みに指定する口座によっては振込手数料を負担することになります。

申し込みの際も、最近はネット完結も対応している中小消費者金融もあるようですが、基本的には電話連絡でのやり取りが大手消費者金融よりも多くなったりします。

そのようにローン利用にあたって利便性がどうしても大手には劣るという事は念頭においておかなければいけないでしょう。

中小消費者金融も総量規制の対象

時に、中小消費者金融がいくら貸し倒れりすくを取って融資することもあるといっても、借り入れ残高が総量規制の年収制限ギリギリの場合は審査に通過しない可能性が高いです。

中小消費者金融は審査が甘い。という文言を鵜呑みにして、年収以上の貸付がしてもらえる、総量規制の対象外である、などと誤解してはいけません。

総量規制は貸金業者全般に適用される法律である為、小規模業者だから対象外であるなどという事はありません。

つまり、年収以上の金額貸付OKなどと謳っている中小消費者金融や街金は、総量規制に反した貸付をしていることになるので違法業者です。

中小消費者金融は借り換えに使えるのか?

基本的に中小消費者金融は借り換え先に向きません。

上述したように金利が大手消費者金融に比べて高いという点で、借り換え・おまとめをするメリットがありません

ただし、借りている先が中小消費者金融ばかりで、それらをまとめたいという事であればアローなど中小消費者金融でも借り換え・おまとめローンを扱っているところを利用するのは、ローンの管理がしやすくなるので良いと思います。

大手消費者金融から中小消費者金融に借り換えるのは、する意味がないのでやめましょう。

また、中小消費者金融はただでさえ貸し倒れリスクの高い顧客を抱えているので本来積極的にはおまとめなどを取り扱っていません。

中小消費者金融であるにも拘わらず、大手と変わらない限度額でのおまとめローンを売り出しているのに加えて、ネット申し込みで全国対応しているのに、店頭融資での貸付ありとしているところは正直、胡散臭いです。

全国対応でネット申し込みが可能で審査までそれで行うのに、なぜ借り入れ金の受け渡しだけは対面である必要があるのでしょうか?

既に審査は通過しているのに、融資の為に来店を促すのは明らかに不自然です。

審査通過後に、来店を促された場合はそれに応えず一旦そこでの融資はあきらめた方が良いです。

というのも、利用者としては借り入れを希望しているのに、呼びつけておいて債務整理などをした方が良いなどと弁護士を紹介される「紹介屋」である可能性が高いからです。

確かに、いつまでも返す当てのない借金を繰り返すよりかは債務整理や自己破産を検討した方が良い事もあるでしょう。

しかし、借り入れの申し込みをしてきた、しかもローン審査まで通過させておいた客にたいして融資を一切せず、弁護士の斡旋をするというのはほとんど詐欺に近いです。

中小消費者金融を利用する際は、悪質な手口にひっかかるリスクがつきものです。

しっかりと詳細を自分でリサーチが出来る人であれば、問題なくお金の助けとして利用できますが、業者について調べるのが面倒に思う方は大手消費者金融までの借り入れ利用に留めておく事をお勧めします。

中小消費者金融での借り入れは口コミを頼りにして良い?

大手消費者金融の場合は詳細やよりリアルな体験談などがネット上でも見受けられますが、中小消費者金融に関してはそうでもないといえます。

そもそも、中小消費者金融での借り入れはやはりオススメできる好条件とは言い難いので、十分な情報が得にくいといえるでしょう。

しかし、だからといって口コミだけをあてにして、審査が甘いと思って軽率に申し込みをしたりするのは止めた方が良いです。

実際、中小消費者金融のカードローン審査ないし、借り換え・おまとめ審査にさえ落ちてしまう方はいます。

口コミの情報が役に立つ事もありますが、あくまで口コミは投稿者の主観に基づくものですし、いささか正確性に欠ける部分は否めません。