おすすめを一挙に紹介!

借り換え・おまとめの良いタイミングとは?

ローンの借り換えやおまとめという方法をよく見聞きするけど、いったいどういうタイミングでするものなのか?

まず、借り換えに関しては借り入れ先が1社から出来ます。正確には2社以上から複数社ある借入先を一番メリット(例:金利が低い、毎度の返済額の負担が少ないなど)のある借入先一ヵ所だけに借り換えるのをおまとめ・ローンの一本化といいます。

カードローン借り換えがどれくらいお得で、デメリットは何があるのか?借り換えして後悔するのではないか?など不安が大きく、契約先を変えるタイミングが分からない方は少なくないでしょう。

不安要素の方が高く、結局のところ今まで通り支払をしていくパターンが多いのですが、ハッキリいってしまうとそれでは損です。

カードローンの借り換えは、上手にすれば効果は絶大にあります!

最低限以下のような点に気を付ければ、借り換えのタイミングがつかめない…。借り換えの何が良いのか分からない…。といった問題はなくせるかと思います。

カードローン借り換えの心構え

  • 借り換えはあくまでも早期完済の手段として考えるべし。
  • 借り換え後にキャッシングすることは考えないこと。
  • 手間がかかっても途中で借り換え手続きを諦めないこと。
  • 借り換え後の返済金額をしっかりと調査してから借り換えすること。
  • 借り換えしたならば、できるだけ完済を目指して突っ走ること。

カードローン借り換えに一番重要なのは、借り換えする目的です。

当然ながら、低金利で借り換えすることで毎月の利息を少なくして、返済金額も減らしたい!という人がほとんどだと思いますが、最も重要なのはメンタルの部分なのです。

要するに、借り換えすることはあくまで早期完済するための手段と言うことを心に深く刻んでおいてください。

そうしなければ、借り換えしたとしても、キャッシングを繰り返し結局残高が増えてしまいかねません。

その場合、借り換え前よりも借金の金額は増え、返済金額も高くなり、支払い不能になる恐れがかなり高くなってきます。

借り換えやおまとめローン後によくある傾向として、借り換え後の限度額内での追加融資が禁止となっていることで、突発的な出費の際にどうしてもキャッシングしたくなることです。

しかし、特におまとめローン後のキャッシングはご法度となっている場合があり、キャッシングができない!と怒る人までいます。

ですが、もう一度よく考えてください。原則、借り換え・おまとめは早期完済するための手段です。

借金を増やすためにカードローン会社も借り換えに応じたわけではありません。

借り換え後のキャッシング禁止の規則を破ると?

おまとめローンでのカードローン借り換えでは、契約後のキャッシングが禁止されている場合があることを先述しました。

しかし、人によってはどうしても融資金がなくてはいけないタイミングも出てくる可能性はゼロではありません。

もしもそのような時に、借り換え後は禁止されているはずの追加キャッシングをするとどうなるか?といえば、原則、契約先の金融機関にバレた時点で強制解約となる可能性が高いです。

そもそも、返済専用の借り換え・おまとめローンで借り換え契約をした場合は、振り込みにしろATMにしろ、そのローンで追加キャッシングをすることは出来ないようになっています。

では、借り換え・おまとめ後に追加キャッシングを考える方は一体どのようにしてキャッシングをしようとするかといえば、他社借り入れを契約するわけです。

ただ、基本的に他社へ申し込みをしたことも、万が一審査に通過して融資を受けたことも、信用情報に記録されます。

すると、借り換え・おまとめ契約をした金融機関が途上与信をチェックした際に、契約に反して借り換え後にキャッシングをしたことが確認されるのです。

そして、その場合には強制解約となり最悪の場合は残高の返済を一括で請求されます。

ところが、この追加キャッシングが契約違反になるのは、借り換え・おまとめに利用したローンの契約内容によります。

というのは、借り換え・おまとめをした先が、通常のカードローンであれば基本的におまとめローンとして契約した後でもキャッシングが限度額の範囲で可能です。

強制解約にまで事が及んでしまうのは、借り換え・おまとめ専用のローンで契約した場合といえます。

では、カードローンからカードローンへ借り換えた方が良いのか?といえば、上述したように基本的に借り換えやおまとめは完済を目指すものですから、追加キャッシングはしないに越したことはないでしょう。

延滞を起こす前に借り換え・おまとめを検討する!

上述の通り、借り換え・おまとめとは、少しでも利用している借り入れの条件をよくすることが目的になります。

その為に、他の金融機関で新しく契約したり、または複数あるうちの一番条件の良いローンにまとめることをします。

利用中のローン以外で借り換え・おまとめをするには、ローン契約の始めと同じように審査に通る必要があります。

つまり、審査に不利な状態ではいくら借り換え・おまとめがしたいと思っても出来ない…。なんていう可能性もあります。

ローン審査にこれだけはどう考えてもマイナスにしか働かないというものは、借り換え・おまとめの場合であっても同じです。

3カ月以上の長期にわたる延滞、遅延返済を複数回起こしている、金融事故を起こしたことがある(履歴が信用情報にある間)、といった信用情報に悪影響を与える問題は借り換え・おまとめ審査でもチェックされます。

要するに、それらの問題が起きてから借り換え・おまとめをするのでは遅いです。

まず、審査に通らず借り換えに失敗するでしょう。

利用中のローンの一つで増枠をして、他のローンを完済して借り換え・おまとめする方法もありますが、こちらに関しても増枠の審査があるので同じことが言えます。

少しでも既存のカードローンでの返済が辛く感じたら、返済を1度でも滞納してしまう前に借り換えを検討しましょう。

既存のローンの約定返済をこなしてから借り換え?

もし、借り換えを検討している際、既存のローンの約定返済日が近づいているなら、返済をする前に借り換えできるか、返済後に借り換えをするのか考えておきましょう。

というのは、カードローン借り換えでは既存のローン残高を借り換え先に借り入れ額として申し込むので、残高によって限度額が変わり設定される金利も違ってくるからです。

例えば、残高100万円の状態で約定返済日が迫っていたとして、そのままの契約先で約定返済をすると残高は100万円以下になります。

限度額100万円以上と以下では、設定される金利が違ってくることが多く、100万円以上の残高の状態での借り気の方が低金利になりやすいです。

すると、既存の契約先で約定返済額を払う前に借り換え審査に通過することが望ましいといえるでしょう。

ただし、残高が100万円以下の場合は、約定返済を既存の契約先でこなす前でも、後でも借り換え後の金利の変動はありません。

ただ、直近の約定返済を既存のローンでした後であれば、借り換え先に希望する金額が多少少なくて済むので、借り入れ額が少ない分だけ審査には通過し易くなる可能性はわずかにあります。

借り換えのタイミング

借り換えは、一般的に自分が今利用しているローンよりも金利の低いところで契約が出来た場合に、既存のローンの残高を新しく契約した条件のいいいローンでの借り入れで完済することが多いです。

新しく契約したところのほうが金利が低いという事は、総支払額が以前に組んでいた借入先よりも安く済むという事です。(同じくらいのペースで利用すること前提)

例えば、借り入れ始めは融資を急いでいた為少々金利が高く付くものの消費者金融で借り入れをし、その後、落ち着いた頃に消費者金融と比べると金利の低い銀行と契約しそちらで残高分を返済していくというような流れになります。

借入先を変更する際、ローン契約というのは完済をすれば自動的に解除されるものではないので、もし今後前のローンを利用しない場合は解約をすることで借入先が不用意に嵩んで他のローン(特に住宅ローンは借入先やクレジットカードの利用状況に左右されやすいので注意!)審査で不利になってしまう事が避けられます。

もう一つ、借り換えのタイミングの例としては2社借入先がありどちらか金利が低い方でで増枠が出来るときです。

特に、限度額によって金利が変わるところで借り入れ要る場合は、高額になるほど金利が少なくて済むことが多いです。

その為、増枠で借り入れ限度額が上がった方にもう一つの方の借り入れを借り換えてしまうのも良いタイミングでの借り換えといえます。

おまとめのタイミング

おまとめは3~4社から借りており、多重債務目前となってするものだと思っている方が多いかもしれません。

しかし、極論をいえば金利が低いか毎度の返済額が少ないところで、借り入れ先は1つに統一されている方がカードローンはお金がかからず利用できます。

というのも、2社からの借り入れであっても例えば返済日が別であったり、ATM手数料の無料や口座振り込みの時間帯がバラバラだったりすると、実際使いにくいでしょうし、うっかり返済日を忘れてしまったり、手数料が余計にかかったりというようにローンの残高(元金)や利息に関係のない部分での支出をしなくてはいけない事態になる確率が高いからです。

少しでも早くカードローン利用をシンプルに、無駄な支出をなくして使うのなら、おまとめは2社借入先がある場合から検討し始めると後々の返済も楽になるかと思います。

銀行が無利息キャンペーンをやっている時は借り換え時?

基本的にカードローン借り換えは自身のカードローン利用状況に不便を感じたときにするのが良いタイミングであることが上記で理解いただけたと思います。

ところが、それ以外にも借り換え・おまとめにオススメのタイミングがあります。

それは、不定期に銀行カードローンが行っていることがある無利息期間キャンペーン中です。

普段は、無利息期間サービスというと大手消費者金融でしか主に扱われていません。

銀行カードローンで常時無利息期間サービスがあるのは、せいぜい2~3行ほどといえます。

その為、通常は大手銀行カードローンなどは無利息期間がないのですが、稀に期間限定でキャンペーンを開催しています。

そのようなタイミングを狙って、さらに利息分を低減させて借り換え・おまとめをするのも良いでしょう。

借り換えとは実際どんな手続きを踏むのか?

ローンを借り換えるとは実際どのようなことなのか。

借り換えローンという商品が見当たらない銀行などでも借り換え先としておススメされていて不思議に思ったことはないでしょうか?

借り換え・おまとめの流れを簡単に説明すると以下の通りです。

借り換え・おまとめ先に申し込み・契約
借り換え・おまとめ先から融資を受ける
既存の借入先の残高を➁の融資金で完済
借り換え・おまとめ先に返済をしていく

借り換えは、利用中のローンの残高を別の金融機関からの融資で一括完済し、完済に使ったお金を借りたところで新たに返済をしていくという仕組みのことです。

その為、初めに使っていたローンは完済した後で別の金融機関に返済をしていくことになるので返済先が増えたりはしません

ただし、このとき借り換えのための融資を普通はしないと思いますが、返済に充てずに他ごとに使ってはいけません。

そのようなことをした場合は、借り入れ先が増えることは勿論、借り換え資金前提で借りたところから違反とみなされ一括で融資分を請求されることになります。

自制心に自信のない方は借り換えやおまとめがローンプランとしてあるところで完済証明書の提出が義務付けられているところを選ぶと良いと思います。

特に、おまとめは融資額が大きいだけに完済証明書や解約証明書の提出を求める金融機関は少なくないので確実な借り換えが可能といえます。

借り換えローンプランとして新規借り入れとは別に商品として扱っているところもありますが、そのようなところは借り換えにも積極的で借り換えにおすすめです。

しかし、商品としてはなくても申し込みの際に資金用途の選択肢に、借り換えの項目があるところなどもあり、それがない金融機関でも積極的な所と比べると契約の可能性は低くなりますが借り換えが出来ることもあります。

ちなみに、借り換え・おまとめ専用のローンで契約をすると、借り換え後は完済まで返済一徹となることが多いです。

もし、借り換え・おまとめ後も借入をするつもりの場合は、借り換え・おまとめ先も通常のカードローンである必要があります。

延滞を起こしてしまった後の借り換え・おまとめ

ローンの返済の延滞といっても度合いが様々あるとは思います。

うっかり口座引き落としの際に、返済分の金額が口座になかった!返済日を勘違いしていて1日返済が遅れてしまった!程度であれば、そのあとに延滞を起こさずちゃんと返済しローン利用をすることでほとんど信用に響かない場合もあります。

そのように、軽度の延滞や遅延であればそのまましばらく利用中のローンで健全な利用実績を積んでいけば借り換えや・おまとめに支障が出ることはないでしょう。

ただし、その延滞が起こってしまった理由によってはそのままローン利用するとさらに延滞を重ねてしまう恐れがあることも否めません。

例えば、2~3社借り入れ先があってA社とB社の返済日を勘違いしてしまった為に延滞が起こってしまった。という場合には、軽度の延滞である内におまとめ専用プランで返済一徹でのローン利用にして一度完済を目指すのも手です。

借り換えやおまとめを自主的、つまり通常のカードローンなどで借りている分を新たに借りて、既存の利用中のローンを完済してしまうのであれば、借り換え・おまとめ後も使うのは普通のローンなので自分の都合に合わせて借りれや返済が出来ます。

ところが銀行や消費者金融が、目的別ローンとして借り入れ資金用途を借り換え・おまとめ専用としている場合のローンで契約すると、追加の借り入れと他での新規借り入れ契約が出来なくなり返済のみのローン利用に制限されます。

返済のみが可能なローンなので延滞履歴が軽微であれば審査に通らない可能性は低いです。

その為、延滞した理由が複数社の返済管理がしづらかったという場合には、早急におまとめ専用ローンに借り換えてしまって一度完済をしてから、新たに必要であれば通常のカードローンなどで借り入れ契約をするといいと思います。

おまとめローンは複数のローンが一本になるので金額も単発で借りるより大きめです。大きい額を完済までもっていくというのはローン利用において好印象といえます。

ちょっとした延滞のマイナス点なら、まとめて一度完済してしまう事で利用実績の上で目立たなくしてしまうというのが延滞をしてしまった後での借り換え・おまとめの裏技といえます。

1回目でベストな借り換え・おまとめが出来るとは限らない

カードローン借り換えで、一番低金利メリットや返済額少額メリットが大きいローンで契約したいのは、誰しも同じだと思います。

しかし、借り換え・おまとめにおいても与信審査があることからも分かるように、1度のカードローン借り換えで最善の借り換え先で契約できるかは分かりません。

例え、自身の残高で借り換えをすれば一番低金利になるローンへ借り換えを申し込んでも、返済能力が認められず審査に落ちてしまう事はあります。

審査に落ちてしまうと、それが原因で信用に傷がついてしまいますから、出来るだけ審査に落ちない借り換え・おまとめ先を検討して申し込んだ方が良いです。

借り換え・おまとめ専用ローンの場合は、完済をするまで他社への借り換え出来ない事が多いですが、そうでない通常のカードローンの場合、契約してすぐでなければ後日また他へ借り換えすることが可能です。

その為、通常カードローンを利用して借り換え・おまとめをする場合は、最初から審査ハードルが高そうな貸付条件が良いカードローンへ申し込むのではなく、既存の契約より少しだけ条件が良くなるカードローンを選ぶのが良いでしょう。

そして1回目の借り換え先で1年以上ローン利用をした後で、再びさらに良い条件のローンへの借り換えをする、といったように段階を踏んでいくのがオススメです。

特に、借り入れ残高が高額になってしまっている場合は、返済をしながら少しずつ残高を減らして、審査で貸し倒れリスクとして見られる可能性を低減してけるのでこの借り換え・おまとめ方法が向いているといえるでしょう。