おすすめを一挙に紹介!

借り換えローンとおまとめローンは何が違う?

カードローンの借り換えを検討した時に、借り換えローンおまとめローン2つがあることを知ると思います。

その際、どっちがどっちなのかよく分からない!自分は借り換えローンで契約した方が良いの?おまとめローンの方が良いの?というような疑問にぶつかると思います。

一番根本的なことを述べると、現在カードローンやクレジットカード(リボまたはキャッシング枠)を複数に渡って契約しているのではないのなら、おまとめローンを利用してカードローン借り換えをする必要はありません。

1社から1社への借り換えローンで十分です。

つまり、現在契約していて借り入れ残高があるローンなどが1件だけなら、借り換えローンを利用してカードローン借り換えをする事になります。

逆に、借り入れ件数が複数ある場合は、おまとめローンへ全部借り換えることが出来ればベストです。

しかし、おまとめローンの場合は、全ての借入先の残高が人によってはどこか一つにおまとめできず、1~2社の借り換えローンとなってしまう可能性もあります。

というのは、契約している金融機関それぞれにある残高を合わせた金額を、おまとめローンで一本化する返済能力がない。と審査で判断されてしまう事があるからです。

借り換えローンでもそうですが、カードローン借り換えであっても審査はありますから、返済遅延や延滞などの信用の傷があれば審査に不利となります。

ちなみに、借り入れが複数ある場合は、部分的な借り換えローンをするよりも、おまとめローンで全部のローンを一本化出来た方がメリットが大きいです。

借り換えローンとおまとめローンの効果の違いは?

借り換えローンとおまとめローンは確かに仕組みとして別物なのですが、基本的に借り換えることによる効果は同じです。

カードローン借り換えの効果(メリット)

  • 低金利になり利息が少額になる
  • 毎月の返済が楽になる

おまとめローンの場合は、借入先が複数件あることで錯綜していた返済日や返済額が、一本化出来た事で管理しやすくなるというメリットもあります。

また、借り換えローンの場合は、既存のカードローンよりも低金利になることが前提でなければ借り換える意味がありませんが、おまとめローンはそうとも限りません。

おまとめローンをする場合、借り換え後の金利自体はほぼ変わらなくても、借り入れ件数が1件になったことで利息を一ヵ所にだけ支払えばよくなりますから、金利の値が低くならなくても完済までにかかる利息額が少額になります。

加えて、他社借り入れ件数は複数あることで信用情報の状態を悪くしますが、それがローンの一本化で改善され、さらにローンをまとめた残高を完済すると、大きなローン実績として今度は信用情報にプラスとなります。

カードローン借り換えをする効果からも分かるように、借り換えローンやおまとめローンは返済を順調にするためのものといえるでしょう

その為、目指すところは少しでも早く完済をする事です。

基本的に審査にさえ通ることが出来れば、借り換えローンもおまとめローンも通常の既に契約しているカードローンと同じ様な形で契約が可能なので、借り換え後も追加借り入れが出来ます。

しかし、早期完済を目指すなら、なるべく借り換え後の追加借り入れは控えるのが良いです。

借り換え後は低金利になり、毎月の約定返済額も少額になるので、返済が楽になる分少しくらい多めに借り入れてもいいような気がするかもしれませんが、追加融資を受ければ残高が増えるので、結局、総返済額は増えることになってしまい借り換えの効果が薄らいでしまいます。

そこで、自分で追加借り入れの自制が出来なさそう…と心配な方は追加借り入れが自由に出来るカードローンでの借り換えローン・おまとめローンをするのではなく、目的ローンの類になるローンへ借り換えることをオススメします。

借り換えローンおまとめローン専用のプランを利用すると?

借り換えローンとおまとめローンそれぞれプランを分けて、カードローンとは別に専用のローンプランを扱っている金融機関があります。

特に、消費者金融は総量規制例外貸付での借り換えローンとして、返済だけが出来るローンプランを借り換え専用プランとして取り扱っていることが多いです。

消費者金融の借り換え・おまとめ専用ローン

消費者金融借り換え・おまとめ専用ローン
プロミス貸金業法に基づくおまとめローン
アコム貸金業法に基づく借り換え専用ローン
アイフルかりかえMAX、おまとめMAX

消費者金融では本来、総量規制により年収の3分の1以上の金額は借りられませんが、上記のような借り換え・おまとめローンで契約する場合は、例外貸付として年収の3分の1以上でも消費者金融で契約が出来ます。

勿論、銀行にも借り換え専用ローンで完済まで返済しか出来ないプランを扱っているところもありますが、銀行を借り換え先に検討する方は割とカードローンから専用のローンではなく、通常のカードローンに借り換える方が多いです。

というのは、銀行の借り換え専用ローンは往々にして繰り上げ返済に手数料がかかったりするからです。

その点、銀行の通常カードローンであれば、繰り上げ返済に手数料が掛かったりすることはありません。

また、消費者金融の返済専用の借り換えローン・おまとめローンは、繰り上げ返済に手数料がかかることはありませんが、低金利メリットがそこまでありません。

その様な諸々を考慮すると、自身で借り換え後の追加借り入れを自制して、繰り上げ返済に手数料がかかることもなく、低金利で借り換えが可能な銀行カードローンを借り換えローンやおまとめローンとして利用した方が良いといえるでしょう。

ただ、中には銀行カードローンへは審査通過が出来ず、借り換えが不可能な方もいると思います。

そういった方は、消費者金融の返済用借り換えローン・おまとめローンを利用して確実な早期完済を目指すのがやはりオススメです。

借り換えとおまとめの審査に違いはある?

ちなみに、借り換えローンとおまとめローンで契約する際も審査は必ずあります。

すると、契約先を変える借り換えローンと複数のローンを一本化するおまとめローンで、審査基準に違いがあるのか気になるところだと思います。

基本的にローン審査の最低限の基準は変わりません。

ただ、おまとめローンは複数のローン残高を1社にまとめても返済が見込める必要があるので、借り入れ額が高額である。という点で通常の借り換えローンより審査通過が難しい場合があります。

借り換えローンの場合は、1社の残高を別の金融機関のローンに移すだけなので、借り換え先に選んだ契約先の審査基準を満たしており、与信状態に問題がなければ新規カードローン契約するのと何ら変わりません。

しかし、借り換えローンの場合は、おまとめローンのように借入先が複数あることが前提ではないので、他社借り入れが嵩んでいると審査通過が厳しい可能性があります。

逆に、おまとめローンの場合は、他社借り入れがあったとしても返済遅延などのない健全な返済状況で、残高に対しての約定返済額が払えるくらいの収入があれば、他社借り入れの件数はそこまで審査で問われないでしょう。