おすすめを一挙に紹介!

リボ払い残高をカードローンに借り換え可能?

最近はクレジットカードで当たり前のように利用されるようになったリボ払い。

リボ払い専用カードや後日リボ払いに支払い方法を変えられる「あとリボ」といったサービスも増えてきており、リボ払いが随分身近になったと思います。

しかし、リボ払いはあまり利用するのに慣れすぎると、残高を完済するのが大変になってしまう可能性が高いです。

その際、既にリボ払いの残高が自分の予想以上に高額になってしまっている場合、カードローンへリボ払いの残高を借り換えることをオススメします。

クレジットカードのキャッシング枠をカードローンに借り換えることは勿論、リボ払いの残高も借り換えてしまう事が出来ます。

リボ払いのデメリットとは?

そもそも、何故リボ払いを常用しすぎると完済するのが大変になってしまうのか?何が一体デメリットなのか?

といえば、一番の問題点は毎月の返済額が少額且つ一定額である事だといえます。

例えば、リボ払いの最低返済額は毎月5,000円であることが多いですが、その返済額はリボ払いで何円の物を購入しようと変わりません。

つまり、例えリボ払いで3万円、5万円、それ以上の高額などと利用しても、指定の返済日に支払うのは5,000円だけです。

すると、カード利用者としては毎月5,000円だけをつかっている感覚になりがちで、リボ払いの支払いの楽さに甘えてしまうようになります。

しかし、実際は5,000円を優に超える金額の支払いを、リボ払いという分割払いの仕組みにのって手数料を払い先延ばしにしているだけなので、残高がいつの間にか高額になってしまった!というパターンが後を絶ちません。

クレジットカードリボの売りは月々の支払いが少額で済む事です。

ところが、それは裏を返せば支払額が毎月少額な分、本来支払わなくてはいけない金額がどんどん残高として増えていき、そこに手数料という利息分が返済期間の長さだけかかってくるという事なので、完済をするのが厳しくなりがちといえます。

カードローンも原則、リボ払い同様に分割で返済していくのですが、カードローンでは残高が増えればそれに伴って返済額も適切に増えていきます。

その為、リボ払いで少額の返済をいつまでも繰り返しして、返済期間が間延びするよりはカードローンへ借り換えて一度返済スピードを立て直すことがオススメできます。

クレジットリボからカードローンへ借り換えた方が良い理由は?

リボ払いの残高をカードローンへ借り換えた方が良い理由は他にもあります。

借り換えをオススメする理由は3つあります。

  • リボ払い手数料より低金利なカードローンがある
  • 残高が高額になってもリボ払いは金利が下がらない
  • クレカの臨時返済や繰り上げ返済は手数料がかかりやすい

まず、リボ払いの手数料利率は平均15.0%なので、低金利の銀行カードローンと比べると金利が高いです。

一般的なクレジットカードのリボ払い利率の例は以下の通りです。

なお、カードはすべて入会費・年会費無料の一般カードのリボ払い手数料となっています。

リボ払い手数料の利率

  • オリコカード=15.0%
  • エポスカード=15.0%
  • 楽天カード=15.0%
  • イオンカード=15.0%
  • dカード=15.0%
  • ライフカード=15.0
  • セゾンカード=14.6%

ゴールドカードやプラチナカードの場合は、リボ払い手数料が銀行カードローンよりも低い場合がありますが、年会費がかかることなどを考えると微妙といえます。

というのも、カードローンは入会費も年会費もかからずに契約が可能だからです。

加えて、金利15.0%以下の銀行カードローンはいくつか実際存在します。

例えば以下のような銀行カードローンへ借り換えれば、リボ払い残高をクレジットカードで返済し続けるよりも、利息分を少なく返済が可能となります。

銀行カードローンの金利

  • みずほ銀行カードローン=年2.0~14.0%
  • 静岡銀行カードローン セレカ=年4.0~14.5%
  • 三井住友銀行カードローン=年4.0~14.5%
  • ちばぎんカードローン=年1.7~14.8%

ちばぎんカードローンは関東地域在住の方限定の地方銀行カードローンです。

つまり、リボ払いの残高を借り換える場合、金利が15.0%以下のカードローンに借り換えることで低金利メリットが受けられるわけです。

また、リボ払い手数料は一律であることが多く、残高が増えても金利が変わりません。

ところが、上記の銀行カードローン金利に幅があることを見ていただいても分かるように、カードローンの場合は金利がさらに低くなることがあります。

例えば、上記の銀行カードローン以外にも、リボ払いの借り換えにオススメなオリックス銀行カードローンは上限金利は17.8%ですが、100万円~150万円以下で契約した場合は6.0~14.8%の低金利となり、リボ払いより利息が省けるようになります。

その様に、カードローンの場合は、クレジットカードのリボ払いと違い、限度額及び残高が高額になった場合は金利が低くなるので、既にリボ払い残高が100万円を超えている場合は、早急に借り換えを検討した方が良いでしょう。

加えて、リボ払いであってもカードローンであっても、約定返済額だけを毎月返済していてはなかなか残高が減っていきません。

そこで、臨時返済や繰り上げ返済が重要となってくるのですが、クレジットカードの場合その際に手数料が発生しやすいです。

クレジットカードで約定返済以外の支払いをしようとすると、提携ATMからか銀行振り込みになる事が多いといえます。

すると、提携ATMの場合は利用手数料が、銀行振り込みの場合は振り込み手数料がかかってしまう可能性が高いのです。

その点、カードローンの場合は、手数料が発生しない提携ATMの種類がクレジットカードより豊富であったり、インタ―ネットから口座引き落としの依頼で返済が可能な事が多いので、それぞれの返済で手数料がかかりにくいです。

ただ、カードローンの中には返済時の手数料が省き易いものとそうでないものがあるので、そのあたりは吟味する必要があります。

ちなみに、ATMからの返済をメインに考えている場合は、手数料無料で利用できる提携ATMが多いのでオリックス銀行カードローンがオススメです。

以上のように、リボ払いよりもカードローンの方が利息や手数料といった部分での負担を低減でき、完済までに払うお金が少なく済む為、カードローンに借り換えた方が良いといえます。