おすすめを一挙に紹介!

気になる!消費者金融の在籍確認電話

借入で心配なことの一つに、職場への在籍確認があげられると思います。

在籍確認をしないでカードローン契約ができる所はありません。

というのは、在籍確認は借り入れ申し込み希望者が、実在する企業などにちゃんと籍があり勤務していることの確認は、遠回しに収入がちゃんとある事の証明になるからです。

働いていなければ、収入が本当にあるのか分からず、返済がしてもらえるか貸付側には判断が出来ません。

ただ、在籍確認のために勤務先に連絡が入る。といっても、そこまで大仰なやり取りがあるわけではありません。

申し込み先の金融機関のオペレーターから、個人名で勤務先に「○○さんはいらっしゃいますか?」というように連絡が入るだけです。

また、在籍確認の連絡は希望の日時を契約者が申し出ればその時間帯に連絡がくるよう指定できます

その為、確実に在籍確認をする為にも職場が休みや人がいないような時間をさけることが出来ます。

自身が出勤して、電話を取ることが出来るであろう時間を指定することも可能です。

加えて、契約者以外の第三者に契約の事実を知らせることは貸金業法で禁止されていますから、自分以外の誰かが電話に出たとしても、基本的にはカードローン電話だと思われることはありません。

つまり、貸付側が在籍確認時に年収や役職、勤務年数などローンの属性に関わることを聞いたりするようなことはありません。

その点は安心してください。

また、大体の消費者金融が借入先の担当者の名前で連絡をするので消費者金融の名前が使われることもありません。

消費者金融から会社に連絡が来るというのは、何となく良くないイメージが拭えませんからこれも心配な点ですよね。

ただ、この際あまり普段職場で電話を受けないような方だと変に思われてしまう、またはローン契約における在籍確認の仕組みを知っている人がたまたま(もうこの場合は偶然の不幸としか言えません…)電話に出てしまうなんて事がなきにしも非ずです。

しかし、余程まれなケースでなければ電話での在籍確認でたいていは思っているよりも事なく終えられます。

その場に、自身がいなくても在籍が分かればいいので電話に出た人が「席を外している」というだけでも在籍確認として成り立ちます。

カードローンの在籍確認は書類で出来るのか?

カードローン契約の在籍確認は、原則、電話連絡で行われます。

ただし、モビットのWEB完結契約であれば、電話連絡は一切なしになります。

加えて、モビットのWEB完結は郵送物がなくカードレスで契約が出来るので消費者金融での借り入れを、なるべく周りに徹底的にバレないようにしたい方にはお勧めです。

モビットWEB完結で必要とされるのは、健康保険証として社会保険証か組合保険証(国民保険証はダメ)、給与明細書(直近1か月分)の二つが基本的には必要で、他にも人によっては必要な書類が増えることもあります。

また、プロミスが契約先の際、勤め先が従業員の情報保護のために在籍を外部に伝えないようにしているなど、やむを得ない理由がある場合、申し込み完了後に電話での在籍確認の要望を相談してみてください。

無条件で電話での在籍確認を省くことは出来ません。

SMBCモビットはWEB完結以外では電話連絡なしにならない?

モビットでのカードローン契約で勘違いしてはいけないのは、電話連絡なしで契約手続きが進められるのはWEB完結契約だけであるという事です。

モビットはカード発行契約も出来るのですが、その場合は電話連絡なしの対応にはなりません。

その為、モビットで電話連絡なしで在籍確認を他の方法でするのを希望する場合は、カードローン契約手続きはWEB完結契約一択となります。

WEB完結なので、ネット申し込みをした後に自動契約機を利用する方法を間違えて希望してしまわないように注意してください。

派遣社員が消費者金融で在籍確認を通過する為には

在籍確認が一番ネックになるのは派遣社員の方でしょう。

まず、申し込み時にも勤務先の欄には派遣先の企業会社名ではなく派遣登録している派遣会社を記載・入力しなければいけません。

意外とここから間違えてしまって、融資までに時間がかかったり、下手をすると情報が一致しないという事で嘘をついていると思われ審査に落ちてしまったりします。

在籍確認に指定するのも派遣元にする必要があり、その際には出来るだけ事前に派遣会社に自分あての連絡が入ると伝えておいた方が良いです。

最近は、個人情報の保護として会社員や従業員などの一個人に宛てた電話連絡を会社側が引き継がないことがあります。

消費者金融の在籍確認の場合は、特に個人名での電話となるのでそのように取り合ってもらえないケースもあるようです。

その場合に、派遣社員であれば、先に派遣元に確認をし、取り合ってもらえなければ派遣先というような流れになります。

両方とも会社側の意向で確認が取れない場合は、上述したような書類での在籍確認で対応してもらえます。

消費者金融の在籍確認はわりと柔軟で書類などで出来る限りの対応をしてくれるので、もし派遣社員の方で在籍確認に不安がある方は銀行よりも消費者金融でローン契約を検討してみるといいかもしれません。

ローン契約の在籍確認で聞いてもらえる希望

基本的に、在籍確認は銀行でも消費者金融でも、大手だろうと中小だろうと有ります。(専業主婦の借り入れ契約に関してはない場合も)

その為、在籍確認をなしにしてください!というような無茶な要望は聞いてもらえません。

在籍確認は、契約者が働いて収入を得ている事実確認が取れることで返済能力があると貸付側が判断するために行うものです。

返済ができることの証明は信用取引であるローン契約では必須です。

ただし、借り入れ利用者が在籍確認を受ける際の最低限の配慮はしてくれます。

例えば、勤務先の営業時間に合わせた時間指定や在籍確認を行うオペレーターの性別の希望などは聞いてもらえます。

在籍確認ですから勤務先に誰もいない休日などに電話連絡をしてもらっても困りますから、その際は「何日の何時に在籍確認をお願いします。」というように借り入れ側が指定することが可能です。

また、オペレーターの性別については、女性の場合はプロミスのレディースキャッシングなるサービスなど専用のローン契約をはじめからするのも良いでしょう。

しかし、意外にもあるのが、男性ローン契約者からの「在籍確認時の電話を男性でお願いしたい。」という希望です。

在籍確認は、ローン契約の件での電話であると勤務先もとい契約者以外の第三者に知られることをプライバシー保護の面から避けなくてはいけません。

その為、オペレーターの個人名で在籍確認連絡することが多いです。

すると、女性のオペレーターからの勤務先への在籍確認で、男性ローン契約者に職場で浮気などのあらぬ噂が立ってしまう事があるらしいのです。

そんな複雑な事情もあって、在籍確認では借り入れ側がローン契約をするにあたって、どうしようもない不都合がある場合は希望を聞いてくれることがあるのです。

ところが、逆に頼んでも聞いてもらえない希望もあります。

それは、消費者金融や銀行からの連絡だと怪しまれる可能性があるから、別の店や施設を名乗って電話をしてほしい。というものです。

金融機関のオペレーターが個人名でかけるのは、嘘をついているわけではないので可能です。

しかし、それ以上に別の何かの名称を利用して金融機関が電話をかけることは禁じられているので、その様な希望は通りません。

消費者金融が銀行名を名乗ることも出来ないので、無理な希望を押し通そうとしないようにしましょう。

どうしても職場への電話連絡には抵抗がある…不安が残る…という方は、条件を満たしてモビットで電話連絡なしのWEB完結契約をするのが、やはりオススメでしょう。

消費者金融と銀行のカードローン在籍確認に違いはある?

ちなみに、カードローン契約は銀行でも可能ですが、在籍確認に関して消費者金融と違いはあるか?といえば、基本的な流れは変わりません。

しかし、銀行カードローンの在籍確認は、銀行名で勤務先に電話で必ず行われることが多いです。

消費者金融カードローンのようにやむを得ない理由の為でも、書類で電話連絡の代わりになることがありません。

その為、どうしても勤務先への電話連絡は困る!といった場合は、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの方が契約先としてオススメです。

ただ、銀行の場合はなにもローン商品だけを扱っているわけではないので、保険契約の在籍確認が入るとでも勤務先の電話担当者に伝えておけば、カードローンの在籍確認だとはバレない可能性の方が高いといえます。

銀行カードローンでの電話での在籍確認を避けることは出来ませんが、在籍確認をする日時の指定や担当者の性別の希望などは消費者金融の場合と変わらず可能です。

原則、銀行カードローンで電話連絡なしにするのは出来ませんが、あきらめが付かない場合は、一応申し込みの際に在籍確認について問い合わせてみるのも良いかもしれません。

在籍確認について希望や問い合わせをしたからといって、審査結果に響くことはありません。

ところが、在籍確認がきちんとできないと、属性や与信が審査通過できる状態でも、審査に落ちてしまうので無事に在籍確認が終えられそうなカードローンに申込む事も、契約先を選ぶ重要な視点といえるでしょう。

在籍確認が原因でローン契約がバレないか心配…

在籍確認がちゃんと完了して、最終審査に通過できるかどうかも心配ですが、勤務先で借金がバレるのも心配だと思います。

最初の方に述べたように、在籍確認の電話で貸付側がローン契約の件についてだと思われるような事は一切いいません。

それでも銀行カードローンなどは銀行名で電話が入るので、訝しまれないか不安に思うかもしれません。

そういった場合は、在籍確認の電話があった後で、勤務先の人に何か尋ねられた時用の言い訳をあらかじめ用意しておくことオススメします。

言い訳としてよく使われるのは、クレジットカードの在籍確認にする事です。

実は、クレジットカードと消費者金融や銀行のカードローンの在籍確認は、ほとんどやり方が変わりません。

また、クレジッカードは基本的にショッピング枠の利用がメインなので、借金のイメージとあまり結びつかないといえます。

他にも、生命保険の営業やカードローンではなく自動車ローンの在籍確認という言い訳をしておくことで、勤務先でカードローン契約がバレる事はありません。

加えて、もし、何らかの理由で勤務先で借金がバレてしまっても、本来そこまで気にする事はありません。

というのは、現代では日本人の3~4人に1人が借金をしているという統計があるからです。

その為、万が一勤務先の同僚などにバレてしまった場合は、最早開き直って「カードローンは今時珍しくない事なんだ!」と言うのもアリでしょう。

ほとんどないですが、万が一在籍確認で借金がバレてしまっても、会社内での体裁だけでお金の問題が解決するわけでもないので、そのあたりは割り切る必要があるかもしれません。