おすすめを一挙に紹介!

消費者金融複数借り入れをローン一本化で完済する方法は?

返済を楽に完済を目指すならおまとめローン

複数の借り入れがある場合は、ローンの一本化、所謂おまとめローンで返済先を一つにすることをお勧めします。

というのも、複数社で借りていると各借入先で元金に加え利息分が各々かかってしまい支払総額が結果的に嵩んでしまうからです。

一つの借入先で思ったような限度額で借りられず、別のところで新規契約をし、実質的に借りて使えるお金を増やすというのは希望額で審査が通らなかったところで増枠申請するよりもハードルが低いですから、そのようにして複数で借り入れをしている方も少なくはないでしょう。

借りたときはまとまったお金が手元に入るわけですからなんら不自由がありません。

しかし、返す時に毎月の返済負担が重かったり、約定返済日が各金融機関まちまちで把握がしづらく、うっかり延滞…というリスクが複数件の借り入れでは付きまといます。

そもそもお金を借りているわけですから、いつかはすべて完済しなければいけません。

しかし、借り入れと返済を同時に繰り返していては完済までの期間は伸びていくばかりでしょう。

そんな時にもおまとめローンは役に立ちます。

銀行での借り入れがある場合のおまとめローン

時に、複数から借り入れている先はすべて貸付側が消費者金融でしょうか?

銀行が借入先に一つでもある場合は、その一つだけ借りている銀行に他のローンを借り換えてしまうのがいいでしょう。

消費者金融よりも、金利が低く抑えられることは間違いありませんし、借り換えやおまとめに積極的な銀行であれば限度額の心配や返済額の負担も減りやすいです。

事実、ローンプランの売り出し方を見てもどちらかといえば消費者金融よりも銀行のほうが借り換えやおまとめに積極的です。

もともと、バブル崩壊以前は高額融資(事業や住宅のローン需要が多かった)が専売特許であった銀行は消費者金融に比べ大きな金額の貸付の仕組みが整っていますし、どちらかといえば生活費の補填などの少額融資より高額融資で、安定した顧客の長期借り入れ・返済利用を期待しています。

また、おまとめローン含むカードローンの借り換えは、基本的に低金利になり、借り入れの状況が改善されることが目的です。

その為、本来は借り換え・おまとめ先には銀行を検討する方が良いといえます。

しかし、借入先が複数に及んでいる場合、信用情報に傷があったり残高が嵩んでいたり、貸し付け側としては顧客として抱えたくない貸し倒れリスクがある可能性が高いです。

すると、低金利で貸す分返済能力もよりシビアに精査される銀行ではおまとめが出来ない場合も出てきます。

完全におまとめローン審査に落ちてしまう事もあれば、一部の債務のみのおまとめにとどまる事も、自身の与信状態や借り入れ状態によってはあります。

どうしても銀行ではおまとめローン契約が出来なかった場合には、大手消費者金融で一本化することを検討しましょう。

複数借り入れ先すべて消費者金融!アイフルと契約したことはありますか?

しかし実際のところ、複数で借り入れている方は銀行でのローン審査に通らない(または希望限度額で借りられない)為に総量規制内で消費者金融で借りられるだけ借りて2,3件を合わせた額で利用しているということが多いでしょう。

そこで、おまとめ先として銀行が選べない場合に消費者金融でのおまとめも考える事かと思います。

ところが、おまとめというのは本来借り換えと同じように金利をおまとめ・借り換え前より下げることがメリットなのですが、消費者金融の借り入れを消費者金融でおまとめというのはあまり金利差がないため、おまとめする意味がない事が多いです。

そこで、消費者金融のおまとめローンでお勧めしたいのがアイフルのおまとめMAXです。

アイフルでローンを利用中もしくは過去に契約していたことがあれば、金利12.0%~15%と普通の銀行カードローン並みの金利でおまとめローンが組めるのです。

銀行のおまとめ金利はもう少し低い場合がありますが、15%という金利は消費者金融のおまとめローンとしては十分に低い金利です。(例:アコムおまとめ:18.0%、プロミスおまとめ:17.8% ここでの金利は上限金利で見ています)

ところで、アイフルは借り換えMAXというローンプランもあるのですがこちらは金利に関しては高めなので、あくまでおススメなのはおまとめローンです。

また、アイフルのおまとめローンの利用条件では20歳以上であれば制限がないので60代、70代といった高齢者の方でも門前払いされる事がありません。

アイフルおまとめMAX 基本情報

  • 限度額 1万円~500万円
  • 金利 12.0%~15.0%
  • 返済期間及び返済回数 最長10年(120回)
  • 返済日 6日・23日・27日から選択
  • 繰上げ返済可能で自社ATM利用なら手数料無料
  • 追加借入は不可。返済のみ
  • 毎月返済額 融資額と返済期間により決められた固定金額

消費者金融でのおまとめローンは総量規制例外貸付

あれ?消費者金融って年収の1/3以上の貸付出来ないのに他からの借り入れを合わせた金額でローンなんて組めるの?

と、思われる方もいるかもしれませんが、おまとめや借り換えに関しては消費者金融でも年収に関わらず貸付がしてもらえる可能性があります。

総量規制の意図とは多重債務者を減らすことなので、借り入れ利用者側のリスクが低い金融取引において総量規制の例外・除外貸付となり成立します。

その為、総量規制例外貸付として消費者金融でおまとめローンを契約する分には、年収制限が免除され、年収の1/3以上の金額での借り入れが可能です。

ただし、上述したアイフルおまとめMAXにもあるように、例外貸付でおまとめローン利用した場合、完済するまで新規借り入れ契約や追加借り入れは出来なくなり、返済のみの利用となります。

消費者金融のおまとめや借り換えのローンの詳細にもそのように記載されている筈なので、確認してから申し込みをしましょう。

時に、どうしても消費者金融でおまとめをするしか後がない場合、ここで紹介したアイフルなど、大手消費者金融でおまとめすることをオススメします。

消費者金融には、中小規模の会社もあり、それら中小消費者金融でもおまとめローンを扱っている場合がありますが、大手より金利が高い事がほとんどです。

加えて、おまとめローン後は、以下に早く完済するかによって総利息額が変わってくる為、繰り上げ・上乗せ返済が欠かせません。

ところが、その際、中小消費者金融の場合、繰り上げ返済・上乗せ返済がしづらい、または出来ないことがあります。

すると、約定返済だけで完済までもっていくことになるので、返済期間が短縮できず利息が嵩んでしまいます。

その他にも、おまとめローンを扱う中小消費者金融には、闇金が紛れていることが多いという弊害があります。

そのようなデメリットとリスクを考えると、同じ消費者金融でも、大手消費者金融でおまとめをした方が良いでしょう。

返済専用おまとめローンの方が契約しやすい?

ちなみに、銀行カードローンでおまとめローン契約をした場合は、通常のカードローン利用と変わらず、借り入れ・返済が限度額内で可能です。

しかし、消費者金融で総量規制例外貸付として、おまとめローンをした場合は、返済専用のおまとめローン契約となる為、追加で借りることが出来ないのは先述の通りです。

返済専用のローンであれば、貸し付け側からすると最初に高額を融資した後は、返済をしてもらうだけなので、繰り返し借り入れが出来るよりは貸し倒れリスクが低く済みます。

その為、返済専用のおまとめローンは、契約後も自由に借り入れ・返済が可能な銀行カードローンよりは、一本化がし易い可能性が高いです。

ただ、だからといって、おまとめ契約に際する審査が甘いという事ではないので、その点は勘違いしないようにしましょう。

また、特に消費者金融でのおまとめの際はそうですが、借り換え前の契約先の解約を求められることがあります。

それは、おまとめローン契約をした後、返済の途中で他社借り入れをされて、自社での返済が滞る可能性がないように解約を求めてくるのです。

実際、おまとめローンは、複数の借入残高をまとめて返済をし易くすることが、通常の借り換えよりさらに重要な目的ですから、一本化したローン以外の借り入れはない方が良いでしょう。