おすすめを一挙に紹介!

ローン審査に関わる異動情報とは?

カードローン審査で重要な信用情報に記録される情報に、異動情報、または金融事故情報といわれるものがあります。

キャッシング契約する際に必ずチェックされるもので、異動情報がある状態では、カードローンやキャッシングの契約は勿論、クレジットカードの作成や賃貸契約などお金の貸し借りが関わってくる契約をするのが難しくなります。

債務整理、強制解約、代位弁済、延滞(約3ヶ月ほどの長期のもの)などの金融取引で起こりうる問題が、大まかな異動情報の内訳です。

審査をする際に、それらのような異動情報がない事が借り入れ審査での重要なポイントとなってきます。

この異動情報は、ローン契約の利用履歴として信用情報の中に載ります。

異動情報は最高で信用情報機関に5~10年間保存され、その間ローン契約などの信用貸しの契約は一切できません。

その為、「信用情報の傷」などともいわれます。

異動情報が保管される期間は、その記録がどの信用情報機関で保管されているか、異動情報の中でもどのような内容か、によって5~10年の間で記録期間が違います。

異動情報の内容が任意整理や個人再生などの債務整理の場合は5年間、ただし自己破産の場合は10年間経つことでやっと信用情報から記録が消えます。

異動情報があるとローン審査に通過できない?

信用情報はローン審査で確認されないことはまずありません。

信用情報には申し込みの履歴、ローンの契約内容、借り入れ・返済の状況、契約時の利用者の金融取引に関わる個人情報(年収や勤続年数など)などが記され、信用情報機関に保管されています。

ちなみに、それらの信用情報を貸付側に開示することに同意しない事には、ローン契約は出来ないようになっています。

既に、信用情報に長期の返済遅延により延滞情報や債務整理による異動情報が記載されてしまっている方は、何とか審査を避けてお金を借りられないか考えることも少なくないでしょう。

しかし、信用情報の状態(与信)を問われない金融機関があったとしたら、それはヤミ金融の恐れがあります。

ヤミ金融とは正規の公的機関(財務局又は都道府県など)に登録がされていない金融帰機関で非合法です。

街金などの中小消費者金融企業かのように紛れていることもあるので注意が必要です。

時に、複数社からの借り入れも新規ローン契約では審査の足を引っ張る要素となりますが、他社借入の利用について延滞や破産・債務整理などがまだ起こっていないならば、異動情報としてはカウントされません。

ただし、いずれにせよ限度額すれすれの借り入れ状況や多重債務一歩手前の状態は避けるに越したことはありません。

複数の契約先がある場合、どこに何円の残高があり、他社借入件数が何件に及んでいるか、信用情報を審査で照会する事で金融機関は把握が可能です。

また、もし使っていないローンなどがある場合は解約をした方が良いです。

ローン自体を完済していても、契約を継続していて借り入れできる枠(限度額)がある限り、借り入れ件数としてカウントされ信用情報に記載されます。

その為、利用していないローンやクレジットカードキャッシング枠はしっかり解約をしておく事をおすすめします。

基本的には、異動情報や返済遅延、多すぎる他社借入などの記録が信用情報になければ、審査通過は難しくありません。

アコムへ申し込む☞

他社借り入れ件数は誤魔化せない?

時に、他社借り入れ件数や残高は、カードローン申し込み時などに申告する項目として設けられていることが多いです。

その為、他社借り入れについて嘘の情報で申し込めば、審査で誤魔化しが効くのではないか?と考える方も少なからずいると思います。

ローン審査は、仮審査と本審査に分かれていることが多く、申し込み内容の確認だけする仮審査通過までは、嘘の情報でも通過できる可能性がゼロではありません。

仮審査の段階では、信用情報の細かい部分は精査されないことが多いです。

しかし、仮審査通過後は本審査になり、書類の提出や信用情報の細部の確認も行われるので、申し込み情報で付いた他社借り入れに関する嘘は金融機関にバレます。

先述もしたように、信用情報には借り入れ件数や残高がしっかりと記録されていますから、申し込み情報と齟齬があれば申告された内容が嘘であると判断されるまでに時間はかかりません。

嘘の情報であることが確認された時点で、ローン審査には落ちますし、悪質な申し込みとして利用して金融機関の社内ブラックになってしまう可能性が高いです。

すると、例えばもういちど同じ金融機関のカードローンに正確な情報で改めて申し込みし直しても、審査通過する事はないといえます。

ローンの短期複数申し込みは避ける!!

消費者金融でも銀行でも、3回以上審査に落ちたという履歴があると、それも信用の傷になりえます。

審査に何回も落ちているという点で、返済能力を他の金融機関で認められていない。という印象を抱かれるので、それ以降のローン契約が難しくなってきます。

加えて、短期(3ヶ月~1年以内くらい)で複数に申し込み審査落ちの履歴が重なると俗にいう申し込みブラックと見なされます。

申し込みブラックも、異動情報とまではいきませんが信用情報の傷です。

申込み履歴は信用情報に半年~1年間残るので、1年以内の度重なる申し込みは避けた方が良いでしょう。

基本的にローン契約の申し込み(カードローン、クレジットキャッシング、住宅ローンなど種類問わず)は銀行、消費者金融関わらず1社ずつする事。

もし、審査落ちしてしまったら2社以上は立て続けに申し込まず、或る程度間を開けてからリベンジする事。

最低限、この2つを守ってローン契約の申し込みをすれば信用情報に傷が付くという事はまずないでしょう。

大手銀行や消費者金融では落ちてしまって後がない場合、地銀や中小消費者金融をあたってみたりするのも手です。

中小消費者金融は金利が高めで人によっては追加借り入れが自由にできないなどの制限があるものの、申し込みで何度も(一般的には4社くらいまで)落ちてしまった人でも融資が受けられる可能性があるようです。

携帯料金の未払い・延滞も異動情報になる!?

携帯の料金をクレジットカードなどで分割で払っている方は多いと思います。

その支払いを滞納すると、実はカードローンなどで延滞をするのと同じように異動情報として信用情報に記録されてしまいます。

分割で払っていると、ローン契約と同じ扱いになり延滞利息(14%ほどでほぼ銀行カードローンの上限金利と同じくらい)や未払い請求に関する手数料まで支払うことになります。

記録された情報は、例にもれず5年間残り、督促を無視し続け強制解約の段階まで行くと5年間携帯会社での契約が出来なくなります。

加えて、異動情報に他ならないのでクレジットカードで支払っていた場合はそのカードの利用自体も停止されます。

最悪、携帯会社から訴訟を起こされる事もあるようです。

ローン審査を受ける前に信用情報開示で異動情報がないか確認する

異動情報は実は自分でも確認が可能です。

永らく、カードローンやクレジットを利用していると自分が過去にした延滞などを忘れている事もあるかもしれません。

もし、何か他でお金に関する問題があった覚えがある場合、個人信用情報の開示を各信用情報機関に依頼し確認してから契約を考えると良いと思います。
(開示には本人確認書類と手数料が必要となります。)

というのも、ローン契約を申し込んで審査に落ちた場合も信用情報に記録されるからです。

それが例えば1件だけならばさして問題はないのですが、短期間に複数回審査落ちの記録があると、さらに審査に不利となる情報として記録に残ってしまいます。

何が審査で問題になっているか分からないままに、信用情報に傷が増えるのを防ぐ為にもむやみに複数に申し込むより一度情報開示をしてみる事をお勧めします。

その時に、3つある機関で開示の申し込み方法や流れが変わってきます。

JICCは携帯(ガラケーでも可)、書類郵送、窓口での申し込みが可能で、前者二つは開示結果が郵送となります。

窓口を利用の場合は必要書類を提出し、そのまま結果を受け取ることが出来ます。
(開示手数料=窓口なら現金500円、郵送は定額小為替1,000円、専用アプリからはクレジットカードやATMからなどの支払いで1,000円)

CICはインターネットで申し込み(一時間以内に受付番号を使用する)、そのまま結果を画面で開示出来ます。こちらも窓口利用と郵送での申し込みが可能です。(開示手数料=窓口なら現金500円、郵送は定額小為替1,000円、ネットからはクレジットカード支払いで1,000円)

KSC(JBAまたは全国銀行協会とも)のみ郵送での開示のみとなっています。(開示手数料=定額小為替1,000円)

信用履歴が何もないと破産者に間違われる!?

今時なかなかいないとは思いますが、クレジットカードも携帯の割賦払いもしたことがなく、信用情報に何も履歴が載っていないというのもローン審査では不利になる要因といわれています。

新社会人などの若年層であれば、そのような与信状態でもおかしくはないので大丈夫なのですが、30代くらいで信用履歴がないのは債務整理をした後ではないか?と疑われる場合があるのです。

というのも、自己破産などをすると一定期間ローン契約もクレジット利用も出来なくなった後、異動情報の保管期間が過ぎ、信用情報が白紙になります。

信用情報が白紙の状態をスーパーホワイトといいます。

俗っぽく、ブラックの喪明けとも言われることもあります。

ブラックの喪明けのブラックは、信用情報に異動情報が付いている状態をブラックリストに載った状態ともいう事からきているといえるでしょう。

実際には、信用情報に問題がある方をリストアップしているわけではないので、ブラックリストといわれるものが存在しているわけではありません。

先述もしたように、信用情報機関に異動情報として履歴が記録されているだけです。

それなりに年齢を重ねた人がスーパーホワイトの場合は貸付側に金融事故の経験があるのではないか?と探られます。

ただ、信用情報に傷がある状態よりは、何も履歴が無い方が審査通過の可能性が高いです。

しかし、いきなり喪明けの状態で高額のローン契約をしたりすることは出来ないので、携帯割賦払いやクレジットカードの利用などである程度信用実績を積んでから契約に臨むことをオススメします。

異動情報の保管期間とその後のローン審査

もし、異動情報が信用情報に載ってしまったらもう二度とローン契約の類が出来ないのかといえば、それは違います。

ただし、実際に長期の延滞や債務整理で迷惑をかけた金融機関ではその後二度と借りられない可能性は高いです。

他の金融機関なら、ここまでも述べてきた通り、異動情報が信用情報上で消えてからなら契約できる可能性があります。

異動情報はJICCとCICでは最高で5年間記録が残されます。

KSCに関してだけは最高10年間と倍の期間は記録が保管されるので、銀行で異動情報が付いたことがある人は先が長いです。

各信用情報機関のそれらの期間を過ぎると、異動情報はなくなります。

また、その間はローン契約による借り入れなどが出来ないので、実質、信用情報がリセットされることになります。(申し込み履歴などは1年しか記録が残らない)

しかし、それで喜ぶのは早いです。それなりに年齢も重ねているにもかかわらず、クレジットカードの記録さえ信用情報にないとなると、貸付側もプロなので債務整理などをしたのではないかと勘ぐります。

その為、もし異動情報がついてしまった後、履歴がなくなってすぐ借り入れがしたい!と思っても出来ないことが多いのが現実です。

ローン利用中に異動情報が記録されると?

例えば、消費者金融のカードローンを利用している際に、返済不能に陥って異動情報が付いてしまったとします。

すると、その場合、異動情報が記録される原因になった契約先は勿論、その他にも借入先がある場合は、異動情報が金融機関に確認された時点で利用停止になります。

それはカードローンだけでなく、クレジットカードキャッシング枠も同様です。

携帯の本体割賦払いが残っている場合は、一括請求を受ける可能性が高いでしょう。

というよりも、大抵は延滞のような長期の返済遅延での異動情報が付く前に、利用停止なることが多いです。

ただし、利用停止といっても、それで返済をしなくて良い。というわけではありません。

あくまで停止されるのは借り入れだけで、それまでに借りた残高分は完済出来るまで、返済をこなしていく必要があります。

ところが、まったく返済が出来ない場合は、自己破産をする事で返済出来ない残高が免責となり、支払わ無くてもよくなります。

しかし、自己破産をすると先述もした通り、10年間は異動情報として信用情報に残りますから、当分ローンなどに頼れません。

また、何度もローンを繰り返しては返済不能となって自己破産を繰り返している場合は、そのうち免責が認められなくなります。

その為、やはり異動情報が信用情報に記録されてしまうような事態にならないよう、細心の注意を払ってローン利用をするのが望ましいでしょう。

カードローン・キャッシングが住宅ローン審査落ちの原因!?

消費者金融でカードローン契約をしていると住宅ローン審査に落ちてしまう!といった情報を見聞きした事はないでしょうか?

実際に、今今その情報でカードローン契約を迷っている…という方もいると思います。

よく噂で聞く話題ですが、カードローンの利用については完済済みであったり、少額の利用で複数で無ければ利用していたりする分にはマイナスにはなりません。

しかし、その利用において延滞や審査落ちなどがあった場合には、住宅ローンの審査で大きなマイナス点になります。

カードローンと住宅ローンは種類が違うから関係ない!と思っていると足元をすくわれます。

特に銀行などは顕著ですが、カードローンを扱っている金融機関は同時に住宅ローンも扱っていることが多いです。

加えて、住宅ローン利用でカードローンの金利が下がるなどの特典があるところもあります。(例:静岡銀行、みずほ銀行など)

つまり、同銀行のカードローンの利用実績において異動情報があれば確実に住宅ローンの契約は出来ません。

クレジットカードのキャッシングについてもカードの枚数や利用額、キャッシング枠が複数であったり常に満額キャッシング利用しているという事がなければ大丈夫です。

ただ、クレジットカードの場合は特典やポイントなどの兼ね合いで複数枚所持していたりする場合が多いと思います。

もし住宅ローンを考えている場合は本当に必要なものだけ残して他のものは解約するのが無難といえます。

また、クレジットカード会社なら住宅ローンと関係ないかといえば、クレジット会社もしくは系列の企業が住宅ローンの保証会社である場合にはこちらもローン通過は難しいでしょう。

住宅ローンの契約も返済能力の審査をするわけですが、他の目的の借り入れなどと比べると金額が大きく長期のローン契約となる為、カードローン・キャッシングなどの契約よりもさらに契約者の収入や支出(特に他社での借り入れ状況)、属性などについてシビアな基準であるいうのは確かだといえます。

借り換え審査通過のコツについて詳しく☞