おすすめを一挙に紹介!

借り換え・おまとめ後の追加借り入れは可能か?

カードローンの借り換えやおまとめをした場合、借り換え先の貸付条件によってはその後の追加借り入れが自由に出来なくなることがあります。

ただし、それは借り入れ側の与信や属性が良くないからという事ではなく、借り換え先のローン内容が原因であることが大半です。

借り換え・おまとめ後に追加借り入れが出来ないことがあることを知らずに、カードローン借り換えをしてしまうと、万が一急遽借り入れが必要になった時に二進も三進もいかなくなってしまいます。

もし、借り換え・おまとめ後も借入金がないと生活できないような金銭状況の場合は、無理に完済目的の追加融資が出来ないローンに借り換えるのは止めた方が良いでしょう。

では、借り換え・おまとめ後に追加借り入れが自由に出来ない借り換え先はどんなものか?といえば、借り換え・おまとめ専用ローンや銀行フリーローン、目的ローンなどが挙げられます。

それらのローンをカードローンの借り換え先にすると、融資が受けられるのは借り換え契約時に、既存のローンを完済するための金額ぴったりで一度だけです。

その後は、借入残高が限度額内で減っても、減った分追加借り入れをすることは出来ず、完済までひたすら返済だけをしていく事になる可能性が高いといえます。

中には、それらの種類のローンでも追加借り入れが可能としている金融機関もありますが少ないといえるでしょう。

特に、おまとめ専用のローンは、完済を目指すためのローンとなっているので、借り換え分の残高を完済するまで、追加借り入れも新規借り入れ契約も出来なくなることが多いです。

その代り、借り換え・おまとめ専用のローンは借り換え時の審査に関して、新規カードローン契約時よりも柔軟である可能性があります。

銀行フリーローンや目的ローンは、借り換え目的で利用できるなら、カードローンよりも低金利で済む可能性が高いので借り換え先として魅力的ですから、金利だけみて借り換えを申し込む方も少なくありません。

しかし、フリーローンや目的ローンは低金利である分、借り換え・おまとめ専用ローンやカードローン同士の借り換えに比べて、審査ハードルが高いです。

加えて、なかなか借り換え・おまとめ用途で契約可能な銀行フリーローンや目的ローンはありません。

フリーローン・目的ローンでの追加借り入れは、借り換え審査に通過したまたその後で、再審査を受けることで可能なこともありますが、基本的には借り換え分の完済をしてからではないと新たに借り入れをすることは叶いません。

また、消費者金融での借り換え・おまとめ専用プランを利用する場合も、契約後は追加で借り入れは出来ず、返済一徹となります。

その為、ただカードローンの貸付条件(金利や返済額など)を良くしたいのか、完済を目指すまたは既存の残高以上に借り入れをしないようにしたいのかで、借り換え・おまとめの仕方は変わってきます。

追加融資を受けるなら銀行カードローンへ借り換え?

では、借り換え・おまとめ後も自由に追加借り入れをしたい場合は、どのようなローンへ借り換え・おまとめをすれば良いか?といえば、通常のカードローンです。

金利や限度額などの貸付条件を良くする目的なら、通常カードローンへ現在の残高分の希望額で契約することで、借り換え・おまとめ契約といえます。

とはいえ、消費者金融のカードローンから同じく消費者金融のカードローンへ借り換え・おまとめしてもメリットがないので、もっぱら銀行カードローンがオススメです。

特に、追加融資をして残高が増える可能性も考えると、なるべく銀行カードローンの中でも低金利の部類になるローンへ借り換え・おまとめ出来るのが望ましいでしょう。

一つの例として、プロミスで50万円を年利17.8%で借りているのを、低金利に借り換えて尚且つ借り換え後も自由に追加借り入れをしたいという場合、借り換え先にみずほ銀行カードローンを選ぶ事が出来ます。

みずほ銀行カードローンで50万円を借りた場合の金利は、最高でも年利14.0%(住宅ローンの引き下げ適用で13.5%)となるので、3.8%金利を下げることが出来ます。

基本的にカードローンは、借り入れ側の都合で限度額内であれば、繰り返し自由に借り入れ・返済が可能なローンプランです。

先述した、借り換え・おまとめ後は返済一徹になってしまうローンは、元々借り入れが一度きりに限られているプランであることが多いです。

その代り、銀行フリーローンや目的ローンは特にそうですが、融資が一回っきりである代わりに返済能力が認められれば、低金利で高額融資を受けられる可能性が高いといえます。

カードローンは、個人向けの少額融資での利用をメインとした貸付なので、少額を借りては返してを繰り返して利用できるようになっているのです。

ただし、通常の銀行カードローンを借り換え・おまとめ先とする場合は、返済一徹での利用と違い追加借り入れが可能である分、審査ハードルが上がります。

その為、借り入れ履歴の状態や借り入れ件数によっては、借り換え審査に落ちてしまったり、すべての借入残高ではなく一部のおまとめだけになってしまう可能性が否めません。

借り換え・おまとめ後にも、それまで通り自由に借り入れをしたい場合は、通常カードローンへの借り換えがオススメではありますが、なかなか難しいというのが実際のところです。

借り換え時に多めの希望額で申し込む?

時に、借り換え・おまとめ時に借り換える残高以上の希望額で申し込めば、追加借り入れし易いのでは!?と考える方もいるかもしれませんが、それは難しいといえます。

審査の際には、信用情報で他社借り入れ残高なども金融機関は確認できるので、借り換え以上に余計な金額を借りようとしているのが分かってしまいます。

すると、借り換え・おまとめ後の追加融資どころか、借り換え審査に落ちてしまうおそれが出てくるので、まずは確実に借り換え出来る分だけで申し込む事をオススメします。

また、借り換え時には追加融資を見込んで契約できないとしても、後日増額をすれば良いのでは?とカードローンを使い慣れた方は考える事もあるでしょう。

しかし、やはり借り換え後の増額も難しいといえます。

限度額自体を増やすことを考えるよりは、ある程度まで返済して枠の空きを作る方が圧倒的に良いといえます。

増額審査を受ける際、通らなかった場合には信用に傷が付きますが、返済をして残高を減らしてから、借り換え時の限度額内で追加借り入れする分には何のリスクもありません。

先述もしたように、借り換え・おまとめは基本的には完済が目的となるので、借り換える残高以上の金額の融資には金融機関は消極的といえるでしょう。

借り換え・おまとめ後の借り入れはしない方が良い?

カードローンを同じく繰り返し借り入れ可能なカードローンへ借り換えをするなら、確かに借り換え・おまとめ後も追加の借り入れは可能です。

ただし、正直なところ、特におまとめローンの場合は、借り換え後の追加借り入れはオススメしません。

理由は簡単で、債務が借り換え・おまとめ前よりも増えるからです。

また、例えば、銀行カードローンへの借り換え審査は無事通って、しばらくは自由に追加借り入れ出来ていたものの、ある日利用停止になってしまった!という事例がけっこうたくさんあります。

すると、返済一徹のローンへ借り換えをしたのと変わらない状態になってしまいます。

その際に、「じゃあ、他で借りよう!」と思って借入先を増やそうとしても、その利用停止の履歴と借り換えをした記録を審査の際にチェックされ、審査に落ちることは必至といえるでしょう。

カードローンの借り入れ利用停止は、ある程度返済をこなしていく事で解除されますが、そうなってしまう前にまずは借り換えをした残高をせめて半分くらいまでに減らしてから、本当に必要な場合のみ追加借り入れをするのが望ましいといえます。

せっかく、借り換え・おまとめが上手くいったのに、その後の借り入れで例えば返済不能や再び多重債務になってしまっては、元も子もありません。

カードローン借り換えはどうしてするのか?そうすることのメリットを理解し、本当に借り換え・おまとめ後も追加融資を受ける必要があるのか、よく考えて借り換え・おまとめ先を検討しましょう。

実際に、借り換え・おまとめローン後も、追加借り入れが出来ることによって、結局、返済不能になってしまう方は多いです。

そして、借り換え・おまとめをしてせっかく完済をした後でまた返済がし辛くなるほど借り入れをしてしまう場合もあります。

というのは、借り換え・おまとめローンで完済すると与信が良い状態になり、その後の審査などが有利になるので、また借り入れを複数してしまい再び多重債務となってしまう方が少なくありません。

カードローンは完済しただけでは解約にならないので、完済後、金銭状況が立ち直ったなら、また借り入れをしないように解約手続きをする事をオススメします。