おすすめを一挙に紹介!

保証会社が複数あるカードローンは審査通過しやすい?

カードローンの審査には、借り入れ契約先の金融機関の保証会社も関わってきます。

消費者金融の場合は、保証会社ではなく自社またはグループ会社で審査をしますが、銀行の場合は消費者金融や信販・カード会社を保証会社として審査を行っていることが多いです。

その際、保証会社が1社の金融機関と2社など複数の金融機関があると思います。

保証会社が2社ある金融機関のカードローン契約では、どちらかの保証会社の保証が受けられれば、カードローン審査に通過できます。

その為、例えばAの保証会社では何かが原因で保証をしてもらえなかったものの、Bの保証会社が保証してくれることになったので、貸付が可能。となる場合があります。

そういう点では、カードローン審査において保証会社が複数ある金融機関のカードローンの方が借り入れがし易いといえるでしょう。

ただし、当然ですが一般的に確実にカードローン審査に通過できないとされている状態の場合は、保証会社が複数のカードローンに申込んでも審査に通過することはありません。

保証会社が複数あるカードローン

カードローン保証会社
オリックス銀行カードローンオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
静岡銀行カードローン セレカ静岡ディーシーカード、新生フィナンシャル
イオン銀行カードローンイオンクレジットサービス、オリックス・クレジット
スルガ銀行カードローン リザーブドプランスルガ・キャピタル、ダイレクトワン、オリエントコーポレーション

なぜ保証会社がカードローン審査に関わるのか?

カードローンは基本的に保証人・担保不要の金銭借用契約です。

それを踏まえると「どうして保証会社が審査に関わってくるの?」と思うかもしれません。

確かにカードローン契約において、借入側は保証人も担保も用意する必要はありません。

しかし、万が一借り入れ契約者が返済不能に陥った際に、金融機関は貸したお金も返ってこなければ、利息も取れなくなります。

すると、金融機関側の資金は貸し倒れた分マイナスになってしまうので、そのマイナスを何とか埋めたいわけです。

そこで、保証会社に金融機関が手数料を払って、借り入れ側が返済できなかった分を一時的に立て替える、代位弁済をしてもらえるよう頼んでいるわけです。

ちなみに、金融機関側が保証料を払っている構図になりますが、その保証料分は利息制限法の範囲内でカードローンの金利に含まれています。

つまり、借入側も間接的に、カードローン契約をすることで保証を受けているのです。

その為、借り入れ可能かどうかのカードローン審査に保証会社が関わってきます。

保証会社も、出来れば貸し倒れリスクがない顧客に金融機関から借り入れをしてほしい事でしょうから、与信状態が悪い顧客の債務の保証は受け付けません。

返済義務は借り入れ契約者にある

保証会社は確かに金融機関へ返済されなかった債務を代位弁済しますが、そうすることで返済の求償権が保証会社に移ります。

その為、借り入れ側は「保証会社が返済してくれたから、めでたしめでたし!」ではなく返済義務は果たす必要があるので、保証会社へ返済をしていく事となります。

保証会社のカードローンで問題があると審査落ち?

銀行カードローンの保証会社は、消費者金融や信販・カード会社がしていることが多いと先述しました。

そこで、特に複数から借り入れをしている方は注意が必要ですが、保証会社が扱うカードローンやクレジットカードで問題があると、銀行カードローンの審査通過が難しくなってきます。

例えば、上記の複数保証会社がある金融機関の表には登場していませんが、アコムは三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの保証会社を務めています。

その際、以前にアコムのカードローンの利用で問題があった場合、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの審査に落ちる可能性が高くなります。

信用情報の上では、異動情報の類が消えていても、金融機関側は顧客データとして借り入れ履歴を保管している可能性が否めません。

信用情報に記載された返済遅延や延滞、異動情報は一定期間が経てば信用情報から消えますが、金融機関が顧客データをいつまで保管しているかは分かりません。

その為、申し込みをしようと思っているカードローンの保証会社で問題を起こしている場合、借入先としての金融機関は違っても審査に通らないことがあります。

また、消費者金融や信販・カード会社は様々な金融機関の保証会社を各社請け負っています。

つまり、あまり借入先が多いと、どこからも借り入れが出来なくなってしまう状況に陥ってしまう可能性もあるのです。

消費者金融借り換え審査について詳しく☞