おすすめを一挙に紹介!

キャッシングするなら無利息期間を利用すること!

キャッシング可能な金融機関は多くあり、どのキャッシングへ申込みするか悩むところです。

しかし、はっきりと言いますが、キャッシングを申込みするならば無利息期間のあるキャッシング会社へ申込みをした方がお得です。

というのも、キャッシング無利息というのは文字通り利息がかからずにお金が借りられることを意味するからです。

無利息期間の設け方は各金融機関ごとに様々ですが、各金融機関でのローン契約が初めてという方に対して無利息期間30日間というのが一番一般的です。

無利息といっても借り入れ中ずっと利息なしのキャッシングはありません。

それぞれ一定期間が設けられているので、特に短期間の借り入れで無利息期間は利息低減の効果を発揮します。

無利息があるキャッシング会社は今現在、プロミス・アコム・アイフル・ノーローン・新生銀行カードローン レイク・ジャパンネット銀行・静岡銀行カードローン セレカぐらいです。

キャッシングの商品は多々ありますが、無利息期間のあるキャッシングは数少ないのです。

特に、上記に挙げた金融機関の中で銀行でのキャッシングでの無利息があるのは新生銀行カードローン レイクとジャパンネット銀行、静岡銀行カードローン セレカだけで、他はすべて消費者金融となっています。

銀行のプランで無利息期間があるのは珍しいといえます。

もし、銀行でのキャッシングで無利息期間を利用したいなら新生銀行カードローン レイクかジャパンネット銀行、静岡銀行カードローン セレカもしくは偶に期間限定キャンペーンなどで利息キャッシュバックを行っている銀行を利用するのが良いです。

地方銀行なんかは、よく期間限定で無利息キャンペーンをしているので、地元の銀行を一度チェックしてみるのもいいと思います。

無利息キャッシングのメリットとは?

無利息でキャッシングできる事のメリットは上述でも軽く触れたように、利息がかからない事です。

しかし、無利息でキャッシングができる期間は限られているので、特に無利息期間内に完済出来る金額でのキャッシングでのメリットが大きいといえます。

無利息期間中に完済してしまえば、利息分の支払いが0円で済みますから、キャッシングした金額ぴったりを返済するだけです。

その為、適用金利に関係なく利息額を払う必要がないので、利息も何もなく、知人からお金を借りて返すのとほとんど同じといえるでしょう。

無利息期間は最大30日間であることが多いので、一番最初に来る返済日で完済出来る金額というと10万円までの金額といえます。

利息を払ってまでキャッシングをするのは抵抗があるけど、とりあえず間に合わせで少額借りたい!という単発での利用は特に無利息キャッシングできるカードローンを契約するのが良いでしょう。

その様に単発で少額を借りたい方は、キャッシングが初めての方も多いでしょうから、自ずと無利息期間の適用条件も満たせます。

無利息期間内に完済して、その後利用する予定がないなら、解約してしまう事でキャッシング自体が出来なくなるので、ズルズル借りてしまうのが不安な方は無利息期間を一つの目途にするのも良いです。

また、無利息期間内ぴったりでは完済出来ないものの、2~3カ月の間になら完済出来そう!という場合も無利息期間の恩恵はあるといえます。

何円くらい利息がカット出来る?

ちなみに、どのくらい無利息期間で利息が実際カットできるか気になるところでしょう。

そこで、無利息期間がある金融機関の平均金利年18.0%で10万円を30日間借りた際の利息額を計算してみました。

100,000円×0.18%÷365日×30日=約1,479円

利息額は、キャッシング額×適用金利÷365日×利用日数で計算することが出来ます。

30日で完済出来そうな10万円をキャッシングした場合、本来約1,479円の利息が発生しますが、無利息期間サービスを利用すればその分の利息は0円です。

たった1,400円くらいか…と思うかもしれませんが、例えば10万円よりも高額を借りる場合は利息額ももっと高額になるので、無視できないといえるでしょう。

誰でも無利息キャッシングサービスは受けられる?

時に、無利息期間があるカードローンへ申し込みをし、契約をしたとして誰でも無利息サービスが受けられるのか疑問に思う方もいるでしょう。

無利息期間を取り扱っている金融機関には、それぞれ無利息対象になる条件が設けられています。

その条件さえ満たせば、基本的には例えば雇用形態や年収などに関係なく、無利息期間が適用される仕組みです。

無利息期間の適用対象になる一番多い条件は、申込先でのカードローン契約が初めての方というものです。

その為、以前に利用したことのあるカードローンを再契約する場合などは、無利息サービスを受けることが出来ません。

初めての契約以外にも、条件を設けている金融機関もあるのでそれについて詳しくは後述します。

ただ無利息期間サービスを利用する条件はそこまで難しいものではありません。

無利息はキャッシング会社の収益において損ではないのか?

なぜキャッシングにおける無利息サービスが少ないのかと言えば、当たり前ですが、キャッシング会社は利息を利益の中心としているからと言えます。

その為、融資残高を増やすことで利息収入を上げることは確かに金融業者にとって大切なことです。

しかし、無利息とは、言葉通りに利息は貰わない商品です。

ずっと無利息ではありませんが、プロミスやアコムなどでは30日間無利息、ノーローンでは業界唯一、1週間なんどでも無利息サービスを行っています。

キャッシング会社としては、無利息を理由に新規顧客を開拓し、無利息期間後の利息収入、又は、完済後の再融資に使ってもらうチャンスを得る為に行っているので、必ずしもマイナス要因になるわけではありません。

各カードローンの無利息条件は?

上述した無利息期間のある金融機関のカードローンの要点を表にまとめました。

最低限表にある項目はチェックして、無利息期間について理解したうえでカードローン契約に臨むことをおすすめします。

 無利息期間起算日特徴
プロミス30日間初回借り入れ日の翌日から会員ポイントをためることで無利息期間を復活可能。
アコム30日間契約日の翌日から返済日を35日毎を選択で無利息期間が適用される。(借り換えローンは対象外)
ノーローン1週間借り入れ日の翌日から完済日の翌月以降、再び無利息期間が適用される。
アイフル30日間契約日の翌日からアイフルで初めて無担保キャッシングローンを契約する方
ジャパンネット銀行30日間借り入れ日の翌日からジャパンネット銀行の極度型ローン(ネットキャッシング・クレジットライン・カードローン・借り入れおまとめローン)
を1度も利用したことがない方が対象。
静岡銀行カードローン セレカ45日間分キャッシュバック契約日契約日から翌月または翌々月の返済日の前日までの利息をキャッシュバック。

完済すれば何度も無利息期間のあるノーローン以外は、初回新規契約に限っての無利息サービスとなっています。

その為、特に初めてキャッシングをする方に無利息期間サービスがある金融機関での契約はオススメです。

再契約の場合には、無利息期間を扱っている金融機関で契約しても、サービスを受けることは出来ません。

ただし、プロミスだけは会員登録していればポイントを無利息期間に交換することが出来るので、利用後にも無利息期間利用のチャンスがあります。

ちなみに、起算日とは無利息期間が始まるタイミングのことです。

プロミスとノーローンとジャパンネット銀行は、借り入れをした翌日からが起算日となっていますが、アコムと新生銀行カードローン レイクは契約の翌日からなので、借り入れをしていなくても無利息期間がその日から始まってしまいます。

その為、契約してすぐに借り入れをしない場合は、プロミスやノーローンの方が無利息期間を無駄にしなくて済みます。

無利息だからといって約定返済額は変わらない!

時に、無利息期間の最中と無利息期間外の約定返済額自体は、残高が大幅に変わらなければ、同じ額のままです。

どういう事かといえば、利息は約定返済額から一定の割合で、無利息期間外は引かれます。

例えば、約定返済額が4,000円だとしたらその額の一部は利息の支払いになります。

そこで、無利息期間であれば約定返済額に利息額分が含まれないから、返済額が低くなるのではないか?と思う方もいるかもしれません。

しかし、約定返済額自体が無利息期間内だけ低額になるといわけではありません。

4,000円が現在の残高に対する返済額なら、無利息期間であっても4,000円返済する必要があります。

ところが、無利息期間内は利息がないので、返済した金額は全額、残高の返済に充てられるので、無利息機関でない時よりも多く残高の返済に回せるのです。

無利息期間適用なのに返済額が変わらない!と勘違いして、クレームを入れないように気を付けましょう。

利息がかからない間、約定返済額から残高に充てられる金額が多い分完済までの期間が短縮できます。

ノーローンの無利息期間は何度でも使える!

無利息は通常新規契約の1回のみです。

しかし、ノーローンの場合は何度でも1週間無利息。これは無利息期間のある消費者金融会社の中でもすごいサービスなのです。

ノーローンは借りて1週間は無利息、完済後の翌月借りてもまた1週間無利息となり、タイトル通り本当に何度も1週間無利息ができるのです。

給料日前などの3~4日程度の短期で少額しか利用しない人であれば、毎月給料日前にノーローンで借りれば一切利息はかからずに借り入れすることができるのです!

このサービスは色々な場面に使えるのは間違いなく、それほど、ノーローンの無利息サービスが優れていると言えます。

今すぐちょっとした出費にキャッシング利用をしたいという場合に、ノーローンの7日間利息無料を利用しないのは勿体ない事です。

1~3万円程度なら、給料が手元に来た際に一括で返済できる額ですし、それで完済してしまえば翌月も同じように無利息で融資が受けられるので上手く使えば一度きりの30日間無利息よりお得に利用できるはずです。

消費者金融ではどうしても金利が高く付いてしまいますから、理想の利用の仕方としてはちょっとしたお金の補填で、すぐに返済がし終わる少額を何回も借りるのがおすすめです。

実際に、そういう使い方を考えている場合に、このノーローンの無利息期間サービスは非常に便利であるといえます。

プロミス会員ポイントで無利息期間を復活させる!

プロミスで初めて契約する方はEメールアドレスを登録のうえ、Web明細を利用することで初回の出金の翌日から30日間無利息期間が適用されます。

それに加えて、ノーローンとはまた違った方法で、無利息期間が場合によっては何度も利用できるのもプロミスの無利息メリットです。

ただし、プロミスの場合は会員登録を行い、さらにポイント会員も別途で登録する必要があり、若干手間がかかります。

ポイントを集めるためには、メールアドレスの登録をしお知らせを受け取る必要もあります。

登録は確かに面倒ではありますが、プロミスは会員になってキャッシングを利用するとお得なことがたくさんあります。(例:インターネット会員登録で瞬フリ利用できる。など)

ポイントで得られる無利息期間は250p=7日間、400p=15日間、700p=30日間の3段階あり、借り入れ状況によって自分のさじ加減で自由に使い分けることが出来るのは嬉しい点でしょう。

このポイントによる無利息は、使用申請後の利息以上の返済や完済時の再度の出金に適用されます。

また、無利息期間中に返済日がきた場合、残高に応じて支払った返済金額は、元金に充当されます。

アコムでも30日間無利息期間を受けられる

プロミス同様に、アコムも初めての契約で30日間無利息でカードローン利用が出来ます。

アコムの無利息期間適用の条件は、アコムでのキャッシングが初めてで、返済日を35日ごとで契約することです。

プロミスのようにメールアドレスなどの設定は条件になっていないので、その分の手間がありません。

時に、アコムの無利息期間は、カードローンの他に取り扱っているクレジットカード(ACカード)や借り換えローンは対象外である為、適用されません。

また、アコムの無利息期間が適用されるのは、借り入れ日の翌日ではなく契約日の翌日からとなっています。

その為、契約日の翌日に借り入れをしなかったとしても、無利息期間はスタートしてしまいます。

つまり、例えばアコムで契約してから5日後に借り入れをしたとしたら、無利息期間は残り25日間となってしまうので、起算日に注意が必要です。

アイフルは初めての契約という条件だけ!

アイフルの無利息期間は、他の金融機関のように初めての契約以外の条件がありません。

その為、カードローン契約が初めての方であれば、申し込み以外に特に何か条件をこなさなくても無利息期間が30日間もらえます。

ただ、アイフルもアコムと同じく無利息期間の起算日が契約の翌日からとなっているので、無利息期間をフル活用するなら契約後すぐにキャッシングするのが良いでしょう。

ちなみに、アイフルで取り扱われている女性用プランのSuLaLiでの契約であっても、初めて契約する場合は無利息期間サービスの対象となります。

SMBCモビットには無利息期間がない!?

時に、ほとんどの消費者金融には無利息期間が設けられているのですが、WEB完結契約で有名なモビットには無利息期間がありません。

利息キャッシュバックキャンペーンなどをしていることもないので、金利に面においては他のカードローンに劣ってしまいます。

ただし、モビットの場合、WEB完結に始まり、カードローン申し込み契約時のサービスが充実しています。

その為、無利息期間がないのに、2016年オリコン日本顧客満足度ランキングノンバンクカードローンで堂々の第1位です。

利息が貸金業者の主な利益であるというのは先述した通りです。

そのあたりを踏まえると、モビットの金利には申込時のサービス手数料も込みである。と割り切って考えるのが良いといえるでしょう。

無利息期間を過ぎると金利が高い?

無利息期間サービスは、一定期間とはいえ利息が0円なので確かにありがたいサービスです。

ところが、無利息期間サービスがあるカードローンは元々、金利の設定が高めであることが多いです。

カードローン金利
プロミス年4.5~17.8%
アコム年3.0~18.0%
ノーローン年4.9~18.0%
アイフル年4.5~18.0%
新生銀行カードローン
レイク
年4.5~18.0%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
年2.5~18.0%
静岡銀行カードローン
セレカ
年4.0~14.5%

静岡銀行カードローン セレカはその限りではなく低金利ですが、他のカードローンは上限金利がわりと高めです。

その為、無利息期間が終わった後も長々と借りていると利息が嵩みます。

無利息期間のあるカードローンは、短期のキャッシング利用の場合は利息がほぼかからずに済むのでメリットが大きいです。

しかし、高額融資を長期間返済する場合は、上記の無利息期間があるカードローンよりも金利設定が低いカードローンを優先的に検討した方が良いです。

返済期間が長期に及ぶ場合は、一定期間の無利息期間の効果がほぼなくなってしまいますから、カードローンを常用するつもりで契約する際は低金利カードローンで始めから契約するのをオススメします。

若しくは、無利息期間を利用後、1年ほど経ってから低金利カードローンに借り換えるのが良いでしょう。

銀行カードローンに無利息期間はあるのか?

ここまでは消費者金融カードローンの無利息期間について主に述べてきました。

というのも、銀行カードローンは無利息期間を設けているところがほとんどありません。

たまに、期間限定のキャンペーンで一定期間だけ利息をキャッシュバックしていたりはしますから、急ぎのカードローン契約でなければそのタイミングで銀行カードローンを契約するのが良いでしょう。

しかし、新生銀行 カードローン レイクとジャパンネット銀行だけは無利息期間が常設のサービスとなっています。

静岡銀行カードローン セレカは無利息期間というよりも、最大45日分の利息をキャッシュバックする形で無利息になる仕組みです。

特に、新生銀行カードローン レイクは、独自の無利息期間サービスを展開しています。

というのは、プロミスやアコム同様30日間の無利息期間に加えて、条件を満たせば180日間の無利息期間も新生銀行カードローン レイクでは選ぶ事が可能です。

ただし、新生銀行 カードローン レイクで初めての契約が無利息期間適用の大前提です。

これはわりとどこの金融機関の無利息サービスでも同じですね。

まず、新生銀行 カードローン レイクの30日間の無利息期間適用は契約額と利率に関係なく、初めての借り入れ契約であればだれでも可能です。

ところが、180日間の無利息期間適用は契約額が1万~200万円まで、利率が12.0~18.0%の場合においてだけ適用されるようになります。

加えて、180日間無利息が適用される借入額は5万円までとなっており、それ以上の借入額に関しては無利息期間内であっても利息が付きます。

また、30日間と180日間両方の条件を満たしている場合は、どちらの無利息期間を適用するか契約者が選択することが出来ます。

180日間の長期間の無利息サービスは新生銀行 カードローン レイクならではですが、無利息になる借入額が5万円までと限定されているので、少額融資での借り入れ利用が良いでしょう。

安易に無利息になる日数の長さで決めるのではなく、自身の借りたい金額と返済計画との兼ね合いをきちんと考えて選択することが大切です。

無利息キャッシングは5万円までの借り入れに効果的?

新生銀行カードローン レイクで、180日間の無利息期間適用でキャッシングできる金額に5万円という上限が設けられているように、無利息期間は少額の借り入れに対してメリットが大きいといえます。

先述もしましたが、どの金融機関であっても無利息期間は永続的に続くわけではありません。

また、無利息期間の多くは30日間が期限となっていますから、うまく利用するなら1カ月で完済出来る少額でのキャッシングが望ましいでしょう。

つまり、無利息期間内に借入金分の返済を終わらせて、利息がかからないようにするのが理想的なキャッシングの仕方といえます。

例えば、新生銀行カードローン レイクの場合なら、180日間つまり6カ月の間に5万円を借りて返済すれば、実質利息は0円です。

その為、実際に借りた金額だけを返済すればそれで済みます。

5万円という金額なら、うまくいけば1カ月で完済することも可能なところ、新生銀行カードローン レイクで条件を満たせば半年間も猶予がもら得るのです。

また、新生銀行カードローン レイクで5万円までをいつどのようにキャッシングするかは自由です。

例えば、5万円を6カ月で割ると毎月8,000円くらいは借り入れが出来るので、こまめに借り入れがしたいならそういったキャッシングの仕方も良いでしょう。

2ヶ月に一度なら、16,000円くらいその都度借りられる計算になります。

5万円をまとめて一度きり借りる場合のみ無利息。というわけではなく、自身の金銭状況に合わせて5万円までの少額が180日間の間無利息で借りられるのです。

半年あれば、ちょっとした出費による金銭状況の立て直しは出来ることでしょう。

少し長めに利息がかからない期間を取りたくて、5万円までの借り入れで収まりそうなら、新生銀行カードローン レイクでのキャッシングがオススメです。

ちなみに、新生銀行カードローンレイクは口座開設不要で契約が出来、最短即日振込融資にも対応しています。

5万円よりも少額で、早く借りて早く返したい!キャッシングは一度きりでいい!という方は、他の金融機関の30日間無利息サービスもオススメです。

ただし、逆に長期間にわたってキャッシングする場合は、無利息サービスよりも低金利で借りられることにこだわった方が良いといえるでしょう。

同じキャッシングでもクレジットカードに無利息はない

カードローンの他にも、キャッシングといえばクレジットカードでも出来ます。

しかし、クレジットカードの場合は余程グレードの高いカードでない限り、キャッシングの金利に関する特典はありません

せいぜい提携企業での利用でポイントが付く程度です。

それは一体キャッシングで利用した金額の何%ほどのものか…把握していますか?または考えてみたことがありますか?

クレジットカードの平均ポイント還元率は0.5%、高くて1%~1.5%くらいとなっています。

カード-ローン、しかも消費者金融のものとなると借りた金額に金利として一番の上限で大体18%かかります。

これが上記のような無利息サービスを利用すれば0%になるのですから、クレジットカードのポイント還元より、どう考えてもお得でしょう。

消費者金融でキャッシングというと、如何にも借金というイメージが未だあるのは否めませんが、昨今では下手にクレジットカードでキャッシング枠利用やリボ払いをする方が高く付いていることが多いです。

100円でも利息を払うよりも無料にしてもらえるならその方法を利用しない手はありません。

金利や限度額の他に、無利息期間が利用できるか?というのもよく考えてキャッシングすることは重要です。