おすすめを一挙に紹介!

りそな借り換えローン(住宅ローン)のメリットは金利?手数料にも注意!

りそな銀行の住宅ローンは都市銀行の中でも借り換え先として人気が高いです。

りそな借り換えローンの特徴は、Web申し込みで来店不要・低金利・一部繰り上げ返済手数料無料という3点があります。

また、通常の団信保険料が無料で、金利上乗せをする事で団信革命というりそな銀行独自の保険の利用も可能です。

りそな借り換えローンが人気な理由は、金利が低い事とその団信革命の保証内容にあるといえるでしょう。

りそな銀行住宅ローン団信革命とはどんなサービス?

りそな銀行住宅ローンでは通常の団信保険の場合は保険料無料ですが、金利を0.3%上乗せする事で団信革命が適用されます。

団信革命では3大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)に加え、その他の病気やケガも保証対象になります。

団信革命では、りそな銀行が定める「病気・ケガによる16の状態」と「要介護状態」に契約者が当てはまった場合、完済できていない分の住宅ローン残高が0円になる保証がされるのです。

「病気・ケガによる16の状態」と「要介護状態」の具体的な内容は、以下の画像を参照してください。

病気・ケガによる16の状態

要介護状態

通常の団信保険では対象が死亡と高度障害に限られています。

りそな銀行の団信革命を利用する事でそれ以外に、例えば事故などでケガをしてまたは病気で働く事が難しい状態になってしまった場合にも、団信保険の対象になり保証が受けられます。

住宅ローンは借りる金額が高額なのに加え、返済期間も長期に及ぶ事が多いです。

その際、万が一契約者がローン残高が残っている状態で、働くことが出来なくなってしまうと返済が滞ってしまいます。

その様なリスクに備える為にりそな銀行住宅ローンでは、さらに保証を厚くした団信革命を扱っているのです。

通常の団信保険だけでは賄えない細かいリスクも考慮しているというのが、団信革命のメリットといえるでしょう。

りそな借り換えローンは固定10年が低金利でおすすめ?

りそな借り換えローンの金利は変動金利・固定金利ともに他の金融機関の住宅ローンより低金利である事が多いです。

住宅ローンの金利はりそな銀行に限らず設定が変わることが多いので、借り換えを考えている時期の最新の金利を必ず公式サイトなどで確認してください。

2018年9月現在のりそな借り換えローンの金利は以下の通りです。

りそな借り換えローンの金利

  • 変動金利=0.429%
  • 10年固定金利=0.750%
  • 20年固定金利=1.100%

りそな借り換えローンで一番金利が低いのは変動金利の利率です。

ただ、変動金利は金利が上昇するリスクがある為、借入額が高額な住宅ローンでは心配な場合もあるでしょう。

そこで、りそな借り換えローンで人気があるのが10年固定金利での借り換えです。

住宅ローンの借り換えでは、ある程度残高が減っている状態での乗り換えとなるので、完済まで安定した低金利で返済していきたい!と考える方が多いようで人気となっています。

本当に他の銀行などの住宅ローン金利と比較して低金利なのか心配な方もいると思うので、りそな銀行以外の他金融機関の住宅ローン10年固定金利も以下にまとめました。

住宅ローン10年固定金利表

住宅ローン名金利(10年固定)
じぶん銀行住宅ローン
当初期間引下げプラン
0.670%
イオン銀行住宅ローン
当初固定金利プラン 手数料定率型
0.690%
三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローン
プレミアム住宅ローン
0.800%
住信SBIネット銀行
ネット専用全疾病保障付住宅ローン
<当初引下げプラン>
0.860%
ARUHI
MR.住宅ローンREAL
<当初引下げプラン>
0.860%

住宅ローンはネット銀行も低金利で人気が高く、じぶん銀行やイオン銀行はりそな借り換えローンよりも低金利です。

しかし、大手銀行や住宅ローン専門の金融機関アルヒよりもりそな借り換えローンの金利は低いので、十分低金利な住宅ローンといえるでしょう。

ちなみに、りそな借り換えローンの変動金利年0.429%という金利も、他金融機関の住宅ローンの変動金利と比較しても低いので、今借り換えした瞬間の利息を少なくしたい!毎月の約定返済額を下げたい!という場合は変動金利もおすすめです。

他金融機関の住宅ローンの変動金利は以下のようになっています。

住宅ローン変動金利表のコピー

住宅ローン名金利(変動)
ARUHI MR.住宅ローンREAL
<通期引下げプラン>
0.428%
じぶん銀行住宅ローン
全期間引下げプラン
0.457%
イオン銀行住宅ローン
金利プラン手数料定率型
0.490%
横浜銀行
借り換え住宅ローン
0.600%
楽天銀行住宅ローン
<金利選択型>
0.527~1.177%

変動金利の住宅ローンでは、アルヒが0.001%りそな借り換えローンよりも低金利なだけで、他の金融機関住宅ローンはりそな借り換えローンよりも高金利です。

ただ、先述もしたように変動金利は経済情勢などによって大きく金利が上昇したりもするので、借り換え後落ち着いて返済をしたい場合は向かないといえるでしょう。

時に、りそな借り換えローンでは一部繰り上げ返済手数料が無料という、住宅ローンでは珍しいメリットもあります。

ネットの会員ページから365日24時間いつでも返済が可能なので、積極的に繰り上げ返済をする事をおすすめします。

というのは、繰り上げ返済で積極的に返済をする事で、残高の減りが早まり返済期間の短縮が出来るからです。

返済期間が短くなると、完済までにかかる総利息額が少なく抑えられるので、繰り上げ返済が手軽に出来るのもりそな借り換えローンの大きなメリットといえるでしょう

事務手数料と保証会社手数料が高め?

りそな借り換えローンは、変動金利も固定金利も他の住宅ローンと比較すると確かに低金利な部類です。

ただ、住宅ローン借り換えの注意点として、金利に手数料も加えて比較する事が挙げられます。

りそな住宅ローンでは、事務手数料として借入額×2.160%と保証会社手数料の32,400円がかかります。

他金融機関の住宅ローンでは、どちらかの手数料がかからない事も少なくありません。

その為、りそな借り換えローンは借り換え時の出費が他と比較して多くなる可能性が高いです。

しかし、低金利借り換えをした事による先の利息削減を考えると、借り換え時に手数料を払っても借り換え後のメリットの方が大きい場合もあります。

もし、借り換え時の手数料も含めると、りそな借り換えローンに借り換えてもメリットがあまりない…という場合は借り換えを見送るか、もっと条件の合う住宅ローンの借り換え先を探すのが良いでしょう。

りそな銀行公式サイトでは、住宅ローンの借り換えシミュレーションが可能なので、現在の住宅ローンから借り換えると何がどのくらい変わるかをきちんと確認してから申し込みするのがおすすめです。

りそな借り換えローン申し込み条件と借り換えの流れ

りそな借り換えローンに借り換えるための条件や借り換えの流れを把握してから、借り換えに望んだ方が心配がないといえるでしょう。

住宅ローンはりそな銀行に限らず、申し込み条件がカードローンアドの小口融資と比較して厳しい事が多いです。

例えば、勤続年数や年収の規定などがあるので、りそな借り換えローンに借り換えも吸い込みをする前にきちんと申し込み条件を確認してください。

りそな借り換えローンの申し込み条件は以下の通りとなっています。

りそな借り換えローンの申し込み条件

  • マイゲート利用中または申し込み
  • 満20歳以上満70歳未満の方で最終返済時の年齢が満80歳未満の方
  • 日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方
  • 満20歳以上満70歳未満の方で最終返済時の年齢が満80歳未満の方
  • 前年の税込年収が100万円以上
  • 勤続年数が1年以上、給与所得者以外の場合は勤続または営業年数が3年以上
  • 団体信用生命保険に加入できる
  • 保証会社の保証を受けられる
  • 本人居住用住宅に対する住宅ローンを借入れてから2年以上正常に返済している

勤続年数1年以上、前年度年収100万円以上という申し込み条件は、住宅ローンの申し込み条件としてそれほど厳しいものではないといえるでしょう。

注意したいのが、借り換え前の住宅ローンで返済遅延をしていたりすると、りそな借り換えローンの申し込み条件から外れてしまう事です。

基本的に信用情報を照会して住宅ローン審査は行われるので、以前の住宅ローンもですが他のローンでも返済遅れや延滞、事故情報がないようにしないと審査にも落ちてしまうでしょう。

時に、りそな借り換えローンには団信保険が保険料無料で付帯されるので、その審査にも通過しない事には借り換えができません。

その際、りそな銀行には先述した団信革命がありますが、団信革命は任意での利用なので通常の保証だけでよい場合は利用しなくても、りそな借り換えローンは契約出来ます。

りそな借り換えローンへ申し込み借り換えを完了させるまでの流れは以下の通りです。

申し込みから住宅ローン借り換えの流れ

  1. 事前申し込み(ネットまたは店舗)
  2. 事前審査通過で本申し込み
  3. 必要書類提出
  4. 契約
  5. 抵当権の設定
  6. 借り入れ

りそな銀行住宅ローンは低金利と団信革命のサービスでかなり人気が高まっているので、審査には時間がかかると思っておいた方が良いです。

最低でも、審査結果が来るまでに1週間は見ておくのが良いでしょう。

ネット上の口コミなどでは、本審査が完了するまでに2週間ほどかかったというものも見受けられます。

ちなみに、りそな借り換えローンはネットからの申し込みが可能でweb完結にも対応していますが、何か不安や疑問がある場合は有人窓口で相談することも可能です。

りそな銀行の支店やルそな銀行ローンプラザで、住宅ローン借り換えについて相談が出来ます。

また、ローンプラザは土日のような休日でも相談が可能で、相談の事前予約がネットから可能な店舗もある利便性が高いです。