おすすめを一挙に紹介!

夫の借金が発覚した!借金癖は治る?離婚をする際の注意点は?

妻に黙って夫が借金をするという事例は実は珍しくありません。

また、逆に夫に内緒で妻が借金をする事もあります。

夫と妻どちらが借金をするのが悪いのか?というような不毛なことを考えるのは止めましょう。

借金をする事自体は悪い事ではありません。

ただ、それを配偶者や家族に秘密でしていて、家計に負担を与える結果になってしまった場合は、改める必要があります。

借金は返済をせずに放置すると、日割りの利息によってどんどん払わなくてはいけない金額が増えていく為、早期の解決が望ましいです。

返済が出来なくなっている状態か、そうでないかで借金をしていた夫への対応の仕方は変わってきます。

しかし、借金が見つかった事自体がバツが悪いために、返済不能になっていても「大丈夫だ」と嘘をつかれてしまう可能性もゼロではありません。

夫の借金に対して妻に支払い責任はあるのか?返済の義務は?

ちなみに、まず心配なのは夫に借金があると妻やその子供などにも支払いが求められるのか?という事だと思います。

基本的に夫に借金があったからといって、妻や子供、その他の家族・親族に支払い責任も返済義務もありません。

ただし、夫の借金の保証人や連帯保証人になっている場合と借金の使い道が日常家事債務になっている場合は、妻にも返済義務が生じ支払いをしなくてはいけない可能性が出てきます。

自分の知らないうちに保証人などにされていた場合は、妻から申し出る事で返済義務が無効となりますが、了承して保証人になっている場合は妻も借金の支払いをしなくてはいけません。

日常家事債務に関しては、公共料金や生活費、家賃など生活をする為にした借金を意味します。

すると、極端にいってしまうと、夫の借金で生活をしていたことになるので、個人的な借金とは言えず妻にも返済義務が生じる事があるのです。

借金の用途が日常債務かそうでないかの判断は素人では難しいので、借金の使い道を問いただしても分からない場合は弁護士などの専門家に相談した方が良いでしょう。

借りた金額と借入先を聞いておく

自分の名義などが勝手に使われて借金をしていたり、保証人にされていたりする事も考えて、夫がどこからいくら借りたのかは聞いておきましょう。

というのは、例えば借金について専門家に相談するにしても、消費者金融や銀行どこから何円借りているのかで、その後の対策が変わってくるからです。

また、もし勝手に自身の名義などが使われていた場合は、請求が自身に来ないようにする為にも借り先は把握しておく必要があります。

加えて、金額や借り先で嘘を付く場合があるので、ローンカードや借り先の金融機関への問い合わせで、本当に夫が言ったとおりの金額と契約先なのか確認する事もした方が良いでしょう。

金融機関に借金について問い合わせれば、返済が出来ているのか滞っているのかも分かるので、それからどうするのかを決めると良いです。

借金が返済不能になっている場合は債務整理をした方が良い

既に返済が長期間滞っていたり借入先が複数に及んでいたりして、とても返済出来そうにない場合は債務整理を検討しましょう。

債務整理とは、返済できなくなった借金を減額して無理のない範囲の分割払いにしたり、自己破産をすれば借金を0円に出来たりする法手続きです。

任意整理など借金の減額をし、返済計画の再設定(リスケジュール)をする債務整理は自身で行う事も出来ますが、基本的には弁護士など専門家に相談し手続きをした方が良いです。

専門家に債務整理を依頼することで、借金の督促が止まりますし、債務整理で減らせる借金の額も素人が金融機関と交渉するよりも高額になり易いといえます。

債務整理には、任意整理・個人再生・特定調停・自己破産という種類がありますが、その方法で進めるのが良いのかなど適切な方法を相談する事が出来るのも、専門家に依頼するメリットといえるでしょう。

また、債務整理をすると借金を整理した夫本人は、5~10年簡単にカードローンやクレジットカードの契約が出来なくなります。

というのは、債務整理は信用取引上で金融事故扱いである為、与信審査に通過することがほとんど無理だからです。

つまり、債務整理後5~10年間は夫が借金を増やす事を防ぐことが可能といえます。

借金の原因や理由は問いただした方が良い?

借金でお金を使い過ぎる原因は、基本的に特に自分で苦労をせずに手に入るお金であるという事が挙げられるでしょう。

特に昨今はネットなどからでも簡単にカードローンやクレジットカードでのキャッシングが可能です。

返済日までには勿論お金を用意する必要がありますが、大体他力本願で借りたお金を「自分の力で何としても返そう!」という意思がそういう方はないもしくは続きません。

配偶者や家族に黙って借金をする方の場合、借りていても返せなくても、バレなければ良いという考えしか持っていない事がほとんどといえます。

借金を何に使ったか?という理由は、先述した日常家事債務のこともありますから、きちんと確認した方が良いです。

その際、パチンコなどのギャンブルや株・FXといった投資など、いくらでもお金を使うことが出来るものの場合は、借金を繰り返す可能性が高いので注意しましょう。

また、具体的に何に使ったか分からない、言えないという場合も、浪費癖が改善できないもしくは宗教やネズミ講にはまっている可能性があるので借金を断ち切るのが難しいです。

そういった理由ではなく、趣味や何かどうしても個人的な出費を家計から出すのが申し訳なかった、という場合は借金の常用性はそれほどないといえるでしょう。

借金自体は、返済さえしっかりできているなら、特に罪になるわけではありませんし、個人の自由です。

ただ、配偶者や家族が黙って借金をしていたこと自体が、信頼に背いているために許せないという事はあるでしょう。

それでも改善の余地があるかもしれないから、とそれまで通り生計を共にして暮らすのか、信頼できないという事で離れるのかも個人の判断によるといえます。

借金自体が個人の自由なので、夫婦や親、子供といえど完全に借金をするしないの管理をするのは難しいですが、それでもうまく付き合っていくのかどうかはよく考えた方が良いです。

借金癖を治すことは出来るのか?肩代わりは絶対ダメ

もし、借金をしていた夫と生活を続けていく場合、借金癖を治す事は出来ないだろうか?と考える方もいると思います。

癖というのは、何にしろ本人にまず意識がないと治しようがありません。

そこでまずは、借金をすると借りたお金以上に利息分も合わせて支払いをしなくてはいけない、という事を自覚させると良いです。

金融機関の公式サイトでは何円を何年で返済すると、利息を何円払って最終的な総支払額は何円になるかの返済シミュレーションが簡単に出来ます。

明確な数字で利息が何円と表示されるので、計算が苦手な方でもどのくらい借りた金額にプラスして返済していく必要があるのか分かります。

ある程度理性的な方であれば、基本的に返済シミュレーションでの結果で「借金もタダではない」という事を理解するでしょう。

どちらかといえば感情的な方の借金癖を治すなら、夫の一番借金の事実を知られたくないような人に相談し、その人から諫めてもらうという方法が良いかもしれません。

例えば、夫の両親や自身の両親、会社の同僚や先輩などであると効果的でしょう。

両親などに相談すると、配偶者の管理が出来ていない!と自身も糾弾される可能性がありますが、借金が膨らむくらいなら懇々とされる説教を聞き流す方が易いです。

そもそも相手が勝手にした借金ですし、個人的な用途の借金であれば返済義務も夫本人にしかないのですから、妻の方がその説教で気に病む必要はありません。

夫の精神的な問題が借金につながっているという場合は、カウンセリングに行かせることも考えると良いでしょう。

全く普段かかわりのない第三者に諭された方が、人間身に染みるというものですし、何か妻や家族であっても相談できない心の病にかかっている可能性も疑がって損はないでしょう。

また、カウンセリングを受ける際に精神科医などにかかる事で、病気だと思われるほどに自身の金銭感覚が異常だったと本人が気づくきっかけにもなるといえます。

ちなみに、借金癖のある方に一番してはいけない事として、仏心を出してお金をいくらか貸したり、借金の肩代わりをする事が挙げられます。

例え婚姻関係にあり家族であっても、甘やかしている内は借金癖は治りません。

「いざとなれば助けてくれる。だって家族だし」という状況や考えが、一番家庭内で借金をしている本人にとって都合の良い借金を作る動機になるといえます。

基本的に借金は本人に返済させるもしくは債務整理などの手続をさせましょう。

借金をした本人の口座と家計・貯金などは別にしておく

とりあえずは様子を見よう…という事で、借金に何らかの対策をした後で、それまで通りに共に生活をしていく方も珍しくありません。

ただ、その場合は今後の為にも借金をした本人の収支と家計、家庭の貯金などは分けるようにしましょう。

もし、夫の方が収入が多い場合でも、確実に給与振込口座を把握し、本人が使える分と家庭に使う分は口座を別にして管理するのが良いです。

中には「稼いできているのは俺なのに!」と怒って口座を教えない方もいるかもしれません。

もしそんな場合には、言わないなら勤め先に給与振込口座を確認する、と冷静に伝えてみると良いでしょう。

勤務先で自身の借金がバレるのは大抵都合が悪いですから、少しは話を聞くようになると思います。

また、どこに預金や給与振り込みをしているかはわかっているけれど、口座番号などは分からない…というような場合は、口座があると思われる金融機関に借金の事実を明かし、配偶者なので口座の確認がしたいと伝えてみると良いかもしれません。

金融機関などに借金や口座の問い合わせをする際は、婚姻関係が証明できる書類と印鑑などを用意しておきましょう。

自分だけでは対策が難しい場合は、やはり専門家に相談し手伝ってもらうのが無難です。

借金を理由に離婚する場合の注意点は?

妻の方の離婚理由で夫の借金というのは割合が多いです。

また、そもそも借金を理由に離婚は可能なのか?といえば、離婚手続きの種類や借金の度合いによりますが、基本的に可能となっています。

離婚の方法は3通りあります。

離婚の方法

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

協議離婚は婚姻関係を続ける事が難しい理由を両者が認めている事で、一番スムーズに離婚が出来る手続きです。

協議離婚以外は、どちらかが離婚を認めず拒否している場合の方法となっています。

調停離婚では、調停員と話し合いをしどちらかに婚姻関係を続けるのが難しいほどの非が認められ、最終的に両者が離婚に合意することで離婚手続きが可能です。

調停離婚でも話がまとまらなかったり、離婚自体をするのが難しい状態の場合は裁判離婚となります。

裁判離婚では、裁判官に離婚が妥当である証明が出来る事で、当事者どちらかの合意がなくても離婚が可能です。

上述の3つの離婚について、単に借金をしていたという事が離婚の理由として認められるのは、協議離婚と調停離婚までとなっています。

裁判離婚は、場合によっては当事者のどちらかの拒否の意思を無視して離婚を進める事になるので、借金が理由の場合は生活が破たんしかけているくらいの度合いでないと難しいです。

時に、離婚をする際、夫婦の財産分与がありますが借金が日常債務の場合は分与の中に含まれます。

夫・妻の個人的な借金であれば、離婚をして生計を別にしてしまえば全く関係なくなり返済義務が生じる事もありません。

サイト管理者の両親も母親の方の借金が原因で離婚していますが、協議離婚であったので母親個人でその後自己破産しました。

借金で離婚するなんて…と情の深い人は思うかもしれませんが、お金がないと生きていけない世の中ですから、例え愛情があっても理屈で考えた方が後の人生が楽だと、サイト管理者は経験上思います。

情ほど都合のいい甘えの理由はありません。