おすすめを一挙に紹介!

消費者金融金利比較と利息を銀行より安く借りる方法!

カードローンでキャッシングする際に気になるのは、やはり金利だと思います。

最短即日審査や最短即日融資を受けようと思うと、契約先は消費者金融のカードローンが無難です。

ところが、消費者金融カードローンの金利は銀行カードローンと比較した時に、ハッキリいって高いです。

しかし、申し込み当日中にキャッシングしたい方にとっては、背に腹は代えられない…と、金利面はあきらめて即日キャッシングする事も少なくないでしょう。

そこで、もし消費者金融で借りるとしても、何とか低金利で借りられるように各社のカードローン金利を比較してみました。

加えて、消費者金融には銀行にないサービスとして、無利息期間サービスがあるのでそのサービスを上手く使って、利息を減らして返済できるコツも紹介します。

金利比較は上限金利でしないと無意味

金利を比較する際に、絶対に抑えておきたいポイントとして大体のカードローンでは上限金利が適用されるという事です。

カードローンの金利は〇~△%のように幅を持たせた数値で提示されている事がほとんどです。

例えば大手消費者金融の基準金利は以下のように提示されています。

消費者金融カードローンの金利

消費者金融金利
プロミス4.5~17.8%(実質年率)
アコム年3.0~18.0%
SMBCモビット年3.0~18.0%
アイフル年4.5~18.0%

その幅のある金利の内、△の高い方の値が上限金利にあたります。

つまり、上記の大手消費者金融の金利を比較するなら、プロミスの年17.8%が一番低金利といえるでしょう。

〇の低い方の値は下限金利といいますが、下限金利はまず適用されることはありません。

借りる金額によっては金利が確実に下がる?

銀行カードローンの金利は、限度額毎に設定されていることが多いですが、消費者金融の金利は基本的に上述した基準金利しか提示がない場合がほとんどといえます。

ところが、金融機関が融資金に対して掛けられる金利は、利息制限法という法律で金額ごとに実は決められています。

利息制限法の金利設定

  • 1~10万円未満=年20%以下
  • 10万円~100万円未満=年18%以下
  • 100万円以上=年15%以下

利息制限法では10万円未満の融資の場合、最高で年20.0%の金利が設定できますが、大手消費者金融では基本的に最高金利は年18.0%が平均です。

また、その消費者金融カードローンを契約しても、100万円以上借りる事が出来れば金利は金融機関が定める上限金利に関わらず、年15.0%に引き下げとなります。

銀行カードローンの上限金利の平均が年14.0~14.5%程なので、消費者金融で年15.0%で借りられるなら低金利といっていいでしょう。

しかし、消費者金融は貸金業法の総量規制の影響を受けます。

総量規制では、貸金業者は借入側の年収の3分の1までの融資しか出来ません。

その為、もし100万円以上を年15.0%で借りたくても、年収が300万円以上なくては低金利にはならないわけです。

限度額が上がれば金利が低金利になる?

中には、消費者金融でも限度額の増額をすれば金利が低くなる!という噂を見聞きしたことがある方もいるでしょう。

限度額が上がると金利が下がるのは、上述した利息制限法の兼ね合いが消費者金融では大きいです。

また、限度額が増額出来るという事は、契約先で良好な利用実績(返済実績)が積めているという事でもあります。

すると、融資する金額を増やしても良いほど、貸し倒れリスクが低い顧客と金融機関にみなされているといえるでしょう。

金融機関は、顧客が返済不能になってしまう可能性も考慮して、金利を設定しています。

消費者金融が銀行よりも金利が高いのは、その分貸し倒れリスクを取るからだとも言われている事が多いです。

つまり、限度額増額できるほど利用実績が積めているなら、適用されている金利を下げてもらえる可能性もあるといえるでしょう。

ただし、1年やそこら返済遅延をせずにカードローンを使うくらいでは、なかなか金利引き下げにはつながりません。

消費者金融の金利一覧

大体の金利の仕組みを説明したところで、実際に各消費者金融の金利はどれくらいなのか、中小消費者金融も含めて一覧にしました。

消費者金融金利比較一覧

消費者金融金利限度額
プロミス4.5~17.8%(実質年率)500万円
アコム年3.0~18.0% 800万円
SMBCモビット年3.0~18.0%800万円
アイフル年4.5~18.0%800万円
レイクアルサ年4.5%~18.0%500万円
ノーローン年4.9~18.0%300万円
AI・スコアレンディング年0.8~12.0%1,000万円
セントラル年4.8%~18.0300万円
フクホー年7.3%〜18.0%200万円
フタバ年14.959%~17.950%50万円
アロー年15.00%~19.94%200万円

下限金利は各消費者金融毎にわりとバラバラですが、上限金利はほとんど差がありません。

馴染みが深く日常生活でもよく見聞きするような大手消費者金融の中では、やはりプロミスが一番低金利です。

一番低金利なのはAI・スコアレンディング

ところが、実は貸金業者が扱うカードローンで一番低金利なのは、最新のAI審査が可能なJ.ScoreのAI・スコアレンディングとなっています。

最短30分融資にも対応しており、最高限度額1,000万円という高額まで扱っている上で、金利が低金利という優れたローン商品です。

審査は点数形式で、AIスコアが600点以上で審査通過した事になります。

また、契約後もAIスコアのさらに詳しい項目に答える事でスコアアップが目指せ、点数が上がることで適用金利の引き下げが可能です。

他の消費者金融カードローンの金利と比較すると、かなり低金利なので信用情報の状態には注意して申し込む事をおすすめします。

利息は日割り計算!早く返済することで安く済む

そもそもどうして金利を比較してまで低金利にする必要があるか?というと、返済時の利息負担が軽くなるからです。

利息は毎月の返済額に含まれているんで、カードローンを利用しているうちに何となくうやむやになりがちだと思います。

その際、低金利で借りる以外にも、実は利息を少なくする事が可能です。

利息は日割り計算で、1日の利息〇円がずっと残高がなくなるまで続いていく事で、利息額は増えます。

利息額の概算は元金(残高)×金利÷365日×利用日数(返済期間)という計算式で可能です。

計算式を見ても分かるように、借りた金額に金利の他に日数がかかってきます。

つまり、借りている日数が短ければ利息は少なくする事が可能です。

カードローンでの早期完済がよくおすすめされるのは、その様に利息額が安く出来るからといえます。

特に、消費者金融では無利息期間サービスを受けられるカードローンを上手く利用し、早期完済するのがおすすめです。

無利息期間サービスの利息0円メリットを活かす

無利息期間サービスは、文字通り金融機関が定める期間の間の利息がなしになるサービスです。

無利息期間は金融機関毎に無利息になる日数や起算日が違うので、そういった点も注意して比較しましょう。

また、大手消費者金融の中では唯一モビットには無利息期間サービスがありません。

消費者金融毎の無利息期間サービスは以下の通りです。

消費者金融無利息期間条件
プロミス30日間初めての契約でメールアドレス登録とWeb明細利用
アコム30日間初めての契約で35日返済サイクルを選択
アイフル30日間初めての契約
ノーローン1週間(何度でも)最初の無利息期間は無条件、その後は完済すると翌月に無利息復活
レイクアルサ行30日間または180日間180日間無利息は初めての契約で5万円まで無利息

単純に無利息期間の長さを比較するなら、レイクアルサの180日間無利息がダントツといえるでしょう。

ただし、レイクアルサで180日間無利息を受けるには、限度額200万円以下で借入額5万円までの金額が対象という条件に注意してください。

時に、プロミス以外の消費者金融は無利息期間の起算日が、借り入れをしなくても契約の翌日にはスタートします。

もし、自身の借り入れのタイミングに合わせて、無利息期間をスターとさせたい場合はプロミスがおすすめです。

例えば、金利年18.0%で30日間無利息だったとして、どのくらいの利息が0円になるか気になると思います。

15万円を借りたとして先述した利息計算式に当てはめて計算すると、150,000×0.18÷365×30=2219.178…なので、大体2,200円ほどの利息が0円になるわけです。

消費者金融の方が銀行より利息を少なく完済出来る事もある!?

無利息期間を上手く生かすには、短期間で完済出来る金額で借りる事といえます。

無利息期間内に完済出来れば一番良いですが、必要な金額によってはどれだけ頑張っても2~3カ月かかってしまう事もあるでしょう。

しかし、無利息期間を利用して3カ月以内に完済できる金額を借りるなら、実は消費者金融の方が銀行よりも利息が少なく完済できる可能性があるのです。

例えば、プロミスで無利息期間を利用して15万円を借りるなら、毎月5万円の返済で3カ月で完済が可能です。
プロミス返済シミュレーション参照☞

3か月目に完済した際の総利息額は、2,279円となります。

プロミスで無利息期間を使わない場合は、初回の利息分(2,225円)がある為、完済するのに4カ月にかかります。

では、低金利な銀行の例として、三井住友銀行カードローンで年14.5%で15万円を借りて毎月5万円返済す場合と比較してみましょう。
三井住友銀行カードローンシミュレーション参照☞

三井住友銀行カードローンはプロミスよりも年3.3%低金利ですが、無利息期間がないので同じ15万円を借りて毎月5万円返済する場合、完済までに4カ月かかり総利息額は3,726円とプロミスよりも高い金額になります。

意外と金利にばかり気を取られて、消費者金融の無利息期間を上手に使えていない方は多いです。

短期間で完済するなら、銀行よりも消費者金融の方が実は利息が少額で借りられる場合がある事は、抑えておいた方が損しないといえるでしょう。