おすすめを一挙に紹介!

消費者金融アローはブラックでも審査通過可能?口コミ・評判は本当?

アローは愛知県名古屋市にある中小消費者金融です。

以外と名古屋は有名な中小消費者金融がある街といえます。

アローの他にもキャッシング エイワやユニーファイナンス、ライオンズリースといった貸金業者が名古屋に店舗を構えています。

その中でも、アローは申込方法がネット申込が主な事もあり、何かとネットで口コミ評判が付き易い中小消費者金融です。

債務整理や自己破産、多重債務などで信用情報がブラックな方でもアローなら借りられる!という情報は本当なのでしょうか?

アローの貸付条件

実質年率実質年率15.0~19.94%
限度額200万円
審査時間最短45分
必要書類・本人確認書類(免許証など)
・収入証明書類(最新の源泉徴収など)
返済方式・期間・回数残高スライドリボルビング 契約日より5年60回
元利均等返済(2~180回 最長15年以内)
(※相談の上返済回数を設定)
遅延利率実質年率19.94%
担保・保証人原則不要

アローの貸付条件は大手消費者金融と比較すると、限度額は低く金利が高いです。

また、アローのローンはカードローンではなく、フリーローンなので原則、融資は契約時の一度きりとなっています。

その為、アローに申込む方は余程他の金融機関で借りられない方といえるでしょう。

他のもっと貸付条件の良いカードローンの審査に通過する方は、まずアローに申込むメリットがないといえます。

つまり、アローでは貸付条件がそこまで良くない分、他の金融機関では借りられない層をターゲットにしているとみていいでしょう。

どちらの貸付条件もあまり変わりはありませんが、借り換え・おまとめ目的の場合はきちんと専用ローンの方へ申込をしましょう。

返済方式と期間が、借り換えローンの方は元利均等返済で最長15年以内の設定になっています。

通常のフリーローンプランの方は、残高スライドリボルビングで契約日より5年60回までという設定が適用される事もあるようです。

ただ、いずれの返済方式にしてもアローは金利が高いので、利息が嵩まないようになるべく短い期間で完済出来るように設定する事をおすすめします。

アローの審査の流れは?ブラックでも借りられる?

まずアローへの申し込みは、ネット・FAX・郵送飲みで電話での申込には対応していません。

ただ、アローの審査の流れの中では電話での聞き取り確認が行われます。

アローの審査は最短45分で最短即日融資にも対応していますが、それ以上に時間がかかる事も少なくありません。

基本的に仮審査が最短45分で、その後は本審査の前に電話で収入や他社借り入れの状況などの聞き取りがされます。

その後で、本審査と在籍確認が入るので、なかなか申込当日中に借り入れをするのは難しいでしょう。

申込から3~4日で融資して貰えたという口コミ評判が多く見受けられます。

ただ、中には申し込みをして問題なくスムーズに電話確認も審査も完了し、即日融資がうけられた!という利用者もゼロではないようです。

債務整理などの金融事故を起こしてしまって、ブラック状態でもアローなら審査通過できるかどうか?については、わりと融通が利くといえるでしょう。

しかし、与信状態が良くないわけなので、例えアローがブラックの方でも審査通過できるとしても、審査自体にかかる時間は長いと思っておいた方が良いです。

中小消費者金融は、大手程知名度がない分貸し倒れリスクが高い顧客も取る傾向にあります。

特に、アローは金利を高めに設定することで、ギリギリ融資できる層に融資対応をしているといえるでしょう。

口コミなどを見てみると、ブラックでも年収がそれなりにあり返済能力が見られれば、審査通過は難しくないようです。

その代り、アローでは総量規制の規定額に関係なく、何円の融資であっても収入証明書の提出が必須条件となっています。

また、審査通過した際の融資額は10万円程の少額に決まることが多く、高額をアローから借りる事は厳しいです。

おまとめ契約で50万円程なら審査通過できた!という口コミが多い事から、ブラックでも審査通過出来ない事はありませんがアローから余計に借りるような事は出来ません。

審査落ちだとアローからの連絡なし!?

アローの口コミで多いのは、審査に落ちると電話連絡が何もないというものです。

アローには仮審査と本審査があるので、どちらの審査後に電話が入らないのはハッキリしませんが、連絡がなかったので問い合わせたら審査に落ちていた…という方もいるようです。

ただ、審査結果が悪いと絶対に連絡がない!というわけではありません。

単純に審査に時間がかかって数日の間電話がないという事もあるので、申し込みから3日以上経っても何も連絡がない場合は、アローに問い合わせてみてください。

中小消費者金融の場合、対応が担当者によっては悪い事も少なくないです。

そのあたりは、やはり大手とは違い接客サービスが徹底されていない事もあるので仕方ないかもしれません。

したがって、単純に自分の担当の方が連絡をし忘れている。という可能性が否めないでしょう。

ただ、アローは正規貸金業者として登録をしている業者なので、取り立てが厳しかったり強引であったりする事はないです。

アローでの追加融資には再審査・増額審査が必要!

貸付条件のところで述べたようにアローはカードローンではなく、フリーローンと借り換え専用ローンの取り扱いとなっています。

その為、カードローンのように限度額内であれば自由に何度も追加融資が受けられるわけではありません。

アローで契約時に融資を受けた後、追加融資が受けたい場合は再審査を受ける必要があります。

ところが、追加融資の為の再審査はなかなか通過が難しいようで、完済後はアローを使っていない。という口コミ評判も少なくありません。

基本的に返済途中でアローから追加借り入れをしようと思うと、契約時の限度額を上げる事になる為、増額審査のような扱いになるのでしょう。

返済を遅れずに着実に残高を減らせていれば、再審査通過できるのかもしれません。

しかし、アローなどの中小消費者金融で借りているという事は、かなり金銭的に切羽詰まっている方が多いと思います。

金銭的に厳しいと返済をジャンプしたり、返済額を減らしてもらったりする事もあると思いますが、そういった場合は再審査通過はほぼ無理だと思った方が良いです。

したがって、なかなかアローで再審査に通過し追加借り入れが受けられる方は少ないといえます。

アローは闇金という情報は間違い?

アローは金融庁公式HPの登録貸金業者情報検索で検索しても、きちんと登録が確認できる正規の貸金業者です。

ところが、ネットなどでアローを検索すると「アロー 闇金」「キャッシング アロー 危ない」など、気がかりな関連ワードが表示されます。

なぜアローは正規の貸金業者であるのに、その様な情報が出てくるのかというとアローに成りすましている違法業者があるからといえます。

アローの公式HPはhttp://www.my-arrow.co.jp/plan/freeplan.htmlなのですが、別のURLで会社名をアローと同じにしている闇金業者があるようです。

また、アローの登録番号をそのまま記載して利用しているようで、貸金業者登録を確認してもそこには正規業者であるアローが結果で出てくるために、信じて借りてしまう方がいます。

基本的に、アローの公式HPは上述したリンク先だけですし、アローは電話での申し込みは受け付けていないので、広告でアローを騙って電話での申込を促しているような業者こそ闇金です。

ただ、アロー申込後に別の聞いたことのないような貸金業者から、電話やメールが来るようになったという口コミもチラホラあります。

アローが意図的に顧客情報を流しているわけではないのですが、会社規模が大きくない為セキュリティ面が弱い可能性が否めません。

そして、先述したように申し込みをしたのに審査連絡が一切ないというような対応もアローはしてしまう事があるようなので、そのあたりで信頼性を落としているともいえるでしょう。

闇金ではありませんが、大手消費者金融と比べるとサービスの精度を欠いているという点は否めません。

もし、リスクのない借り入れをしたい!と思うなら、下手に中小消費者金融をブラック状態で利用するのではなく、ブラックの喪明けを待って大手や銀行から借りられるように信用を取り戻すことを考えましょう。