おすすめを一挙に紹介!

借金をおまとめローンで一つにまとめる?それとも債務整理?

色んなカードローンやクレジットカードで借金をして、だんだん各自への返済に手が回らなくなってきた…。

そういった際に、複数でした借金を何とか一つにまとめられないか考えると思います。

もしくは、どうにも返済の目途が立ちそうにいないから債務整理を検討しているけど、専門家に頼むか迷っている!という方もいる事でしょう。

実際のところ複数に及んでしまった借金は、まとめるとのと債務整理をするのではどちらが良いのでしょうか?

借金をまとめた方が良いか、債務整理をした方が良いかは、どちらの方法についても良く知ってから決めた方が良いです。

借金を一つにするおまとめローンとは?どんなローンでまとめる?

借金を一つにまとめるといっても、どんなおまとめ契約をするかでその後が変わってきます。

また、おまとめ契約自体の手続き自体は難しくありませんから、まとめる先をよく吟味することが一番重要です。

ローンを一本化することで、自身の返済が少しでも楽になるようなメリットがなければ、おまとめ契約をする意味はないと思いましょう。

借金のまとめ先に出来るローンとして以下が挙げられます。

借金のまとめ先

  • 銀行カードローン
  • 銀行フリーローン
  • 銀行の借り換え・おまとめ専用ローン
  • 消費者金融の借り換え・おまとめ専用ローン

基本的に金利が低いローンで借金を一つにする事でおまとめの効果があります。

その為、主なまとめ先は原則、銀行のローンといえるでしょう。

消費者金融にもおまとめ対応のローンプランがありますが、金利という面ではあまりメリットがないです。

借金をおまとめする為のローン申し込みも、通常の新規カードローン申し込みなどと大差はありません。

ただ、審査や融資が即日でされるというような早さはないです。

おまとめローンは融資額が高額になることが多い為、審査に数日を要することが多いといえます。

借金を一本化する契約で通常のローン契約と違ってくるのは、審査通過し融資を受けた後の流れといえるでしょう。

前のローンの完済証明書の提出が必要

新規ローン契約の場合、融資を受けられれば後は特にする事がありません。

しかし、借金をまとめた場合は、融資を受けた後で完済証明書の提出を求められる事があります。

また、証明書の提出が求められなくても、おまとめ契約後は融資金を以前のローンへの返済金として支払い手続きをしなくてはいけません。

おまとめ契約は既存のローンを新しい契約先でまとめる事が目的なので、受け取った融資金は以前のローン残高への返済金に使います。

おまとめはローン借り換えの一種であり、残高を移動させる必要がありますから、以前の契約先は完済することになります。

基本的に、借金をまとめる前の各ローンは完済後、解約した方が良いでしょう。

一本化の条件に、以前のローンの解約までを定めているローンも少なくないです。

ただ、完済が条件でも解約まではしなくて良い事もあります。

その場合、借金をまとめた先と完済をしたローンの両方で追加借り入れなどをして、残高を不用意に増やしてしまわないようにしましょう。

おまとめで借金の問題が解決可能な人の特徴は?

借金を一つにまとめる事で返済状況が改善され、借金問題から立ち直る方はいます。

しかし、兎に角おまとめさえすれば借金が減る!というわけではなく、明確な目的がなくては上手くいきません。

また、誰にでもおまとめローンが得策であるという事もないです。

おまとめローンで借金が解消出来る方には、以下のような特徴があります。

おまとめで借金が解消できる方の特徴

  • まとめ契約で金利が下げられる
  • 返済管理をし易くしようと思っている
  • 毎月の返済額を減らせば返せない事はない
  • 安定した収入があり最低限の返済能力がある

複数ローンを使いまわしていると、各々にそれぞれの利率で利息を収めるので、利息負担が大きいです。

また、契約先が消費者金融などの貸金業者の場合は金利が高いといえます。

その為、借金をまとめる事で低金利に資利息負担を減らせる場合は、特におまとめがおすすめです。

ただ、低金利のローンでまとめられるかどうかは、審査通過できるかどうかによる点に注意してください。

加えて、利息と同じく複数ローンでは返済日も返済額もバラバラで管理がし辛いです。

おまとめで一本化すると毎月1か所に返済すれば良いので、返済日も返済額も統一されます。

金利や返済日の管理ではなく、毎月の返済額自体を減らしたいという場合もおまとめローンは役立つでしょう。

特に、銀行でおまとめをすると毎月の返済額がかなり少額になる可能性が高いです。

消費者金融の専用ローンの場合は、あまり毎月の返済額は少なくなりません。

そして、以下のいずれかで少しでも返済が楽になり、おまとめで借金を解決するためには、審査通過できる返済能力が必要です。

おまとめ契約の際には、ローンである限り審査がありますから、審査通過出来なくては借金をまとめるメリットが受けられないといえます。

審査通過できる与信が自分になく、おまとめ出来ない方は債務整理をなるべく早い段階で検討するのが良いでしょう。

返済遅れや延滞をしていると借金がまとめられない!?

無事にメリットのあるおまとめ契約をする為にも、信用情報に記録される借り入れ・返済の利用状況が綺麗であることが重要です。

特におまとめ審査を受ける少し前に返済遅れをしている場合は、審査落ちの可能性が高いので申し込みを避けた方が無難でしょう。

また、2~3日のような軽微の返済遅れであれば、目を瞑ってもらえる事もありますが、3カ月以上の返済滞納で延滞をしている場合はほぼ確実に借金がまとめられません。

加えて、過去に債務整理をしたことがある場合も審査通過は無理といえるでしょう。

返済が遅れたりするよりも前に、早い段階で借金をまとめる事を検討する事がおまとめ審査通過のコツといえます。

住宅ローンや自動車ローンもおまとめが可能

時に、まとめることが出来るのは、カードローンやクレジットカードのキャッシングだけではありません。

住宅ローンや自動車ローンなども、借り換えやおまとめが可能です。

ただ、そういった目的別ローンの場合は、目的別ローンの借り換え・おまとめ専用のローンが設けられている銀行などでしかまとめる事が出来ません。

その為、おまとめ先の選択の幅は、カードローンなどと比較すると狭いといえるでしょう。

しかし、住宅ローンや自動車ローンは残高が高額である為、少しでも金利が下がったり返済額が少なく出来る場合は、積極的に借り換えやおまとめを検討することをおすすめします。

おまとめローンは借金癖が抜けない人にはデメリットが多い?

上手く借金を一つにまとめる事が出来たら、おまとめローンはメリットがあります。

しかし、おまとめローンは契約後の返済をきちんと考えてしないと、以下のようなデメリットが生じる可能性が否めません。

借金をまとめるデメリット

  • 返済額が少ないために残高が減っていかない
  • 追加借り入れをして残高が増える
  • 完済時の総利息額がまとめる前よりも高くなる

一番気づきにくいのが、おまとめをした後の毎月の返済額が少なくなったことで、残高の減りが遅くなる点といえます。

借金をまとめた後の方が、毎月の返済額が少額になることはメリットでもありますが、金額が少ないという事はその分残高は減りません。

すると、完済までの返済期間がおまとめをしたことにより長期化してしまうのです。

加えて、通常の銀行カードローンの場合、おまとめ後も限度額の範囲内で追加借り入れが可能である為に、残高が余計に増える事もあります。

そして、その様に返済期間が延び残高も増えてしまうと、借金をまとめる前よりも利息が嵩み完済までにかかる金額が多くなります。

おまとめをしたことで、上述したようなデメリットを受けてしまうのは非常に勿体ないです。

しかし、借金をまとめた後の返済管理が甘かったり、借金癖が抜けない事で、おまとめ後に返済不能になってしまう方は想像以上に多いといえます。

その為、基本的におまとめ後の返済計画を自己管理できる方でないと、借金を一本化してもデメリットの方が目立つといえるでしょう。

借金がまとめられない場合は債務整理!

おまとめ審査に落ちてしまったり、借金を一つにしたところで返済がままならなかったりする場合は、債務整理をする方が良いです。

もしくは、おまとめ契約をするよりも早期に借金を解消したい場合は、債務整理の方がおすすめ出来ます。

ただし、債務整理は金融事故にあたる為、行った後はそれ相応のペナルティが避けられません。

というのは、債務整理をすると信用情報にソレと分かるように異動情報という記録が付きます。

すると、その異動情報が信用情報から消えるまでの5~10年間、ローン契約などの信用取引のほとんどが出来なくなります。

ただ、何度も借金をしてしまっているような方は、一度その様に借金が出来ない状態になってしまった方が良い場合もあるでしょう。

債務整理のメリットは、本来ローンを完済するまでにかかるはずの将来利息や元金分の何割かをカットして、借金を減らせるもしくはゼロに出来る事です。

債務整理には種類があり、自身の状況と合わせて方法を弁護士などの専門家と相談して決めます。

債務整理の種類

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

将来利息などをカットしてある程度返済する金額を減らす方法です。

貸付側と話し合いをし和解を進める方法で、任意整理の中で過払い金がある事が判明する場合もあります。

過払い金がある場合はかなり残高が減りますが、そうでない場合はあまり返済しなくてはいけない金額が減らない事もり、カットできる金額の振れ幅が大きいです。

ほとんどの場合、交渉の結果3年ほどで完済出来る返済計画で和解となります。

個人再生

住宅ローンを除いた借金が5,000万円以下で、原則3年以内に完済することを条件に、最低100万円または残高の20%だけを返済するだけでよくなる方法です。

事業資金なども借りていると、個人再生の条件が満たせないかもしれませんが、個人的な借金であれば個人再生でかなり借金の残額が免除されます。

ただし、個人再生後の返済が遅れたりした場合は、個人再生で立てた返済計画自体が無効となり、減額前の残高を返済しなくてはいけなくなる点に注意してください。

自己破産

7年以内に破産免責を受けていない方で、自力での返済が全くできない方が借金を所謂「チャラ」にする方法です。

債務整理の中でも最終手段となっている為、自己破産後は10年間信用取引が一切できなくなります。

生活に必要な最低限のものだけを残して、ある程度の財産価値が見込める家や車などをローンの返済にあてます。

財産に関しては、管財人が付くので誤魔化しがききません。

免責が下りる事で借金が何円でも、その後の返済は一切しなくてもよくなります。

基本的におまとめをしても完済の見込みがなさそうな方は、上記のような債務整理をした方が結果的に早く借金が解消できます。

特に、自己破産は特に財産といえるものがなく、借金が嵩んでいるのなら下手に返済を続けるよりも有効です。