おすすめを一挙に紹介!

ゆうちょ銀行カードローン「したく」でお金を借りるには?

ゆうちょ銀行に口座を持っていたり、家の近くに郵便局があったりして、お金をゆうちょから借りよう!と思う方もいる事でしょう。

特に、生活圏内に他の銀行などの金融機関がない場合、郵便局ならばほとんどの地域にあるので借入先の候補になることは少なからずあります。

ゆうちょは元々郵便局から派生しているので、貸金業務は扱っていませんでしたが最近は融資にも積極的です。

ゆうちょでお金を借りる方法としては以下が挙げられます。

ゆうちょでお金を借りる方法

  • カードローン「したく」
  • JP BANKカード(キャッシング枠)
  • 財産形成貯金担保貸付
  • 貯金担保自動貸付
  • 国債等担保自動貸付

上記の中で、一番手軽にゆうちょから借り入れが可能なのは、カードローン「したく」といえるでしょう。

担保型の貸し付けは、融資までに時間がかかりますし、そもそも担保の対象になっているものがないと借り入れ出来ません。

JP BANKカード(クレジットカード)のキャッシング枠を使うという方法も取れますが、まとまった金額を借りるには役不足といえるでしょう。

そこで、このページではカードローン「したく」でゆうちょから借り入れをする方法を紹介します。

カードローン「したく」の貸付条件と申し込みの流れ

カードローン「したく」での借り入れは担保が不要ですし、保証人も要りません。

金利や限度額などの貸付条件は以下の通りです。

ゆうちょカードローン「したく」貸付条件

申込条件満20歳以上満70歳以下で、安定した収入のある方
資金用途自由(事業資金は除く)
限度額10万円〜500万円
(初回は300万円まで)
実質年率年7.0%〜14.9%
返済期日毎月1日
毎月20日〜翌月1日までの期間中に返済
利用期間1年ごとの自動更新
満76歳に達した後、最初に到来する契約更新時以降は新規利用停止
遅延損害金年19.5%

最高限度額も、金利も銀行カードローンと比較すると見劣りしがちですが、消費者金融よりは低金利で借り入れが可能です。

一応最高限度額は500万円ですが、初めてゆうちょカードローンで契約する場合は300万円までが最高額となります。

最低返済額は3,000円からなので、毎月の返済にはそれほど苦労しないでしょう。

ゆうちょでの借り入れという事で、口座がないと利用できないのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし、カードローン「したく」は、口座開設不要で申込・契約可能で、借り入れ・返済は専用のローンカードを使います。

申込もネットや電話で可能なので、ゆうちょに来店する必要もありません。

カードローン「したく」への申し込みから融資までの流れは以下の通りです。

申込から融資までの流れ

  1. ネット又は電話で申し込む(来店でも可能)
  2. 仮審査(在籍確認)
  3. 本申し込み(書類の郵送・返送)
  4. 本審査
  5. 審査結果通達
  6. ローンカード発行(郵送)
  7. 借り入れ可能

ネット申込が一番便利ですが、何か聞きたい事などがある場合は、ゆうちょの有人窓口からの申し込みも可能です。

仮審査・本審査の両方を通過するとローンカードが郵送されてきます。

ローンカードが届いたら、カード送付台紙に記載されている電話番号に連絡をしてください。

その後、ローンカードでATMから借り入れが可能です。

ゆうちょのローンカードが利用できるATMは以下の通りとなっています。

利用できるATM

  • ゆうちょ銀行
  • スルガ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • E-net
  • タウンワークネットサービス
  • 全国の提携金有機関ATM

コンビニATMも利用可能なので、ほぼ365日24時間いつでもローンカードを使って借入・返済がATMから可能です。

手数料有料の提携ATMばかり使うのは、手数料分がもったいないので避けるようにしましょう。

ゆうちょの審査は厳しいのか?

ゆうちょカードローン「したく」は銀行カードローンなので、審査が厳しいのではないか?と心配な方もいる事でしょう。

基本的に、信用情報に返済遅延や延滞、異動情報などの履歴がないのなら、審査通過は難しくありません。

金利がとても低いわけでもないですし、申し込み条件に年収の規定があるわけでもないので、ゆうちょだからといって審査が厳しい!という事はないです。

ただ、カードローン「したく」よりも金利が高い消費者金融の審査に落ちている場合は、ゆうちょの審査も落ちる可能性が高いといえます。

時に、カードローン「したく」は初めての契約の際、最高限度額を下げている事からも分かるようにあまり高額融資には向いていません。

もし、まとまったお金をゆうちょから借りたいという事であれば、やはり担保型融資かカードローンとは別のフリーローンや目的ローンに
申込むのが良いでしょう。

下手にカードローン「したく」で高額の希望額で申し込むと審査に通過出来なくなってしまう可能性が否めません。

カードローン「したく」がゆうちょの中では一番手軽に借りられますが、高額を借りる場合は金利や限度額の面でも他のローンがおすすめです。

カードローン「したく」の審査はスルガ銀行がする?審査時間が長め

カードローン「したく」は確かにゆうちょが扱うカードローンではありますが、大本はスルガ銀行となっています。

ローンの保証会社もスルガ銀行となっている為、審査はゆうちょではなくスルガ銀行が主体です。

審査を委託しており、元々ゆうちょは貸金業専門ではないので、審査から融資までには時間がかかります。

また、そもそも申し込みから本審査の間と審査後に郵送の手続を挟んでいるので、融資までに早くても2週間以上はかかるとみておいた方が良いです。

消費者金融カードローンのように、即日審査・即日融資というわけにはいかないので、借入を急いでいる方には向きません。

金利は銀行カードローンより若干高めで、融資までに時間もかかるので、正直特にゆうちょのカードローンで借り入れをするメリットはそれほどないといえるでしょう。