おすすめを一挙に紹介!

銀行カードローン審査は時間がかかる!?審査期間は即日じゃない!

低金利だから、銀行カードローンでお金を借りよう!出来れば即日審査が良い!と思う方は少なくないでしょう。

しかし、残念ながら現在(2018年5月)、銀行カードローンの審査は即日では完了しません。

銀行カードローン審査にかかる時間は早くても2日!

2017年より前は、銀行カードローンでも最短即日審査に対応していましたが、過剰貸付を指摘されて以降は即日審査や即日融資を停止しています。

というのも、保証会社での審査に加え、警察庁のデータベースでの本人情報の照会をするという過程が、銀行審査に追加されたからです。

その為、銀行カードローンの審査結果は、早くても翌営業日にしか通達されません。

基本的には、銀行カードローンへ申し込んでから2~3日後に結果が分かることが多いです。

審査に時間がかかっている場合や土日祝日を挟むと、1週間ほど後にしか審査結果が届かない事もあります。

時に、少しでも銀行カードローン審査時間を短くしたい場合は、既に口座開設が住んでいる銀行でカードローン契約を申し込むのがオススメです。

銀行口座が開設済みだと本人確認に時間がかからないので、その分審査時間が若干短縮できるといえます。

銀行審査通過後の郵送時間にも注意!

銀行カードローンは審査時間の他に、ローンカードの郵送に時間がかかる点も注意が必要です。

消費者金融とは違い、銀行は原則カードレス契約が出来ません。

その為、ローンカードが必ず発行となりますが、発行方法が郵送しかない銀行カードローンは融資を受けるまでに時間がかかるといえます。

ローンカードの郵送には最低でも1週間~10日ほどかかるので、例えばせっかく審査が2日で完了しても借り入れが出来るのは随分後になってしまいます。

もし、なるべく早く融資を受けるなら、ローンカードの発行が自動契約機から出来る銀行を選ぶのが良いでしょう。

自動契約機がある銀行カードローンとして、三井住友銀行カードローンと三菱UFJ銀行カードローン バンクイックが挙げられます。

ローンカードの発行が自動契約機から出来れば、審査通過後すぐにローンカードが手元に来るのでATMで即時借り入れが可能です。

自動契約機の営業時間は銀行窓口とは別なので、平日15時までのような早い時間しかローンカード発行が出来ないわけではありません。

自動契約機は、平日も土日祝日も大体21時くらいまでは稼働しています。

ローンカードの郵送に1週間~10日かかるよりは、自動契約機からローンカードを発行した方が早く借り入れ可能です。

審査に時間がかかる人とかからない人の特徴は?

銀行カードローン審査は基本的に時間がかかるのですが、銀行でなくても審査に時間がかかる方もいます。

また、審査に時間がやたらとかかる人もいれば、早く完了する人もゼロではありません。

カードローン審査に時間がかかる人とかからない人にはそれぞれ異なる特徴があります。

審査に時間がかからない人の特徴

  • 返済遅れがない
  • 借り入れ件数が多くない
  • 年収が高い
  • 勤続年数が長い
  • 公務員や大手企業の正社員
  • 希望額が少ない

審査に時間がかかる人の特徴

  • 返済遅れの履歴がある
  • 他社借り入れが2件以上
  • 年収が低い
  • 勤続年数が1年未満
  • アルバイト・パートなど非正規雇用
  • 高額融資希望

簡単に述べると、信用情報や属性といった与信状態に問題がない方は審査が早く終わりやすいです。

逆に、返済遅延があったり他社借り入れ件数が多かったりで、返済能力に欠ける方は審査が慎重に行われるので時間がかかります。

また、申し込み時の借り入れ希望額が少ないと、そこまで貸付側はリスクが高くないので審査に時間がかかりません。

ちなみに、審査時間が長くても必ず審査に落ちてしまうという事ではないです。

逆に、明らかに貸し倒れリスクが高い顧客の方が、即人差落ちの結果が届きます。

その為、審査に時間がかかっているという事は、何とか融資できないか検討しているというように考えられるでしょう。

もしくは、申し込みが単純に混雑している事も考えられます。

銀行の審査状況の進行が気になる場合は、一度申し込みをした銀行に問合せてみるのも手です。