おすすめを一挙に紹介!

借り換えには手数料がかかる!?住宅ローンは金利比較だけじゃダメ!

住宅ローンは高額の融資を長期間返済していくので、出来るだけ低金利で借りたいものです。

金利も変動金利のものがあったりするので、金融情勢を見て住宅ローンの借り換えを検討するのは賢い選択といえるでしょう。

しかし、住宅ローンの借り換え時には、金利の比較だけでなく借り換え時にかかる手数料や諸費用も念頭におかなくてはいけません。

住宅ローン借り換え時にかかる手数料や諸費用とは?

借り換えの際にかかる手数料は割と細かい名目に分かれており、ローンの説明などに大きくは明示されていない事も多いので、正直分かりにくいと思います。

そこで、以下に住宅ローン借り換えの時にかかる手数料の種類をまとめてみました。

借り換え手数料と諸費用

  • 事務手数料
  • 保証料
  • 印紙税
  • 繰上げ返済手数料
  • 団体信用生命保険料
  • 火災保険料・地震保険料
  • 抵当権抹消・設定費用

事務手数料

事務手数料は住宅ローンの新規契約時にも生じますが、借り換えをする際にも融資を受ける際の手数料として払う必要があります。

事務手数料の相場は、大手銀行の場合31,500円~32,400円程で、ネット銀行は住宅ローン借入額の2.1%程となっており、ネット銀行は若干事務手数料が高めです。

保証料と事務手数料は別になっています。

保証料

保証料の相場は、金利の0.2%上乗せです。

保証料だけを一括で支払う事も出来ます。

ネット銀行はこの保証料が不要である分事務手数料が高めです。

保証料は繰り上げ返済したり、借り換えで早期完済する場合、戻ってくる事があります。

その点、事務手数料は手間賃として払う金額なので、いくらも返ってくる事がありません。

そうなると、事務手数料が低くて保証料が高い方がお得といえるでしょう。

印紙税

契約書などに必要な印紙の費用で、1000万円以上5千万円以下なら2万円、5千万円以上1億円以下なら6万円程が必要です。

繰上げ返済手数料

借り換え前のローン契約先に住宅ローンを完済する為に、繰り上げ返済手数料がかかる場合があります。

ただ、繰り上げ返済手数料なしで借り換えが可能な場合もあります。

しかし、固定金利の特約期間の場合に全額を繰り上げ返済で完済する場合は、手数料が1万円~3万円と数万円必要です。

団体信用生命保険料

通称、団信といわれる生命保険に借り換え時に加入する場合に必要な費用です。

団体信用生命保険に加入していると、ローン契約者が病気やケガなどで高度障害または死亡してしまった場合に、保険金で住宅ローンを返済することが出来ます。

火災保険料・地震保険料

借り換え先の住宅ローンが、火災保険や地震保険の加入も貸付受験としている場合は、それらの保険料の用意も必要です。

抵当権抹消費用・設定費用

抵当権とは住宅ローンの残高が返済不能となり、契約者が債務不履行となった場合に契約をしている金融機関が優先的に弁済が受けられる権利のことです。

借り換えの際には、この抵当権を異動させる必要があり、その抹消と設定に費用がかかります。

抵当権の抹消費用の相場が大体1万~2万円程で、設定費用として登録免許税が借り入れ額の0.4%程必要です。

また、抵当権の手続きにおいて司法書士への報酬として5万円~10万円ほども合わせて用意しておきましょう。

住宅ローン借り換えは金利と手数料を合わせてメリットがあるか考える!

住宅ローンは大きなお金が動くので、借り換えの際には上述してきたように諸費用がかかります。

借り換え手数料を含めても、借り換える事で総支払額が少なくなるような借り換えをする事が住宅ローンでは重要といえるでしょう。

上述してきた借り換え手数料の中でも、事務手数料や保証料、保険料などは契約する金融機関によって費用が大きく変わります。

したがって、金利の比較だけでなく、そういった手数料の比較も住宅ローン借り換えでは必要です。

また、諸費用が用意できなくては借り換えは出来ませんから、住宅ローン借り換えはなるべく貯金がある前提で検討した方が良いでしょう。

借り換え手数料もローンで払う?

基本的には貯金から借り換え時の手数料が賄えるのが良いのですが、そうでない場合は手数料をローン払いにする事も昨今は出来ます。

諸費用の用意に困っている場合は、銀行などに住宅ローン借り換え時の手数料用のローンがないか、問い合わせてみるのも良いでしょう。

時に、借り換え手数料の中で保証料が高い場合は、一括払いではなく契約したローンの金利に上乗せして払っていく事を検討してみてください。

ただ、その場合は当たり前ですが借り換え後の金利が、保証料分を上乗せしただけ高くなることに注意が必要です。

住宅ローン借り換えは手数料がかかる事も考慮して、それでも低金利メリットがあるように借り換えを計画しなくてはいけません。

借り換えで金利がそれほど下がらない場合は、借り換え手数料分も含めるとあまりメリットが見込めない事もあります。

その為、住宅ローン借り換えの際は、金利は勿論ですが借り換え手数料がどのくらいかかるかも念頭におきましょう。