おすすめを一挙に紹介!

自動車ローンの借り換えはどのようにするのか?

マイカーローンやオートローンなどが自動車ローンにあたりますが、自動車ローンもカードローンのように借り換えが可能です。

ただ、車のローンの場合は契約時にどのようなローン形態で組んでいるかによって、ものによっては借り換えに手間がかかる場合もあります。

しかし、カードローン以上に車のローンは高額を借りている事が多いので、なるべく低金利なローンに積極的に借り換えをした方が良いでしょう。

自動車ローン借り換えのやり方は?

基本的には、既存のローンで設定されている金利よりも低金利なローンに契約をし直す事が、ローンの借り換えです。

その為、まずは自身の自動車ローンで契約している残高で、より低金利に契約が出来るローンを探すことから始めます。

ちなみに、残価設定ローン(残クレ)の場合は、ディーラーに所有権がある為に借り換え不可能な事が多いですが、契約内容によっては出来るものもあります。

借り換えは金利の引き下げが出来るかどうかが重要なので、自動車ローン同士の金利比較は良く吟味しましょう。

参考までに以下に一部自動車ローンの金利をまとめました。

自動車ローンの金利

自動車ローン金利
静岡銀行
しずぎんマイカーローン
変動金利年3.3~4.4%
(ネット申込+ダイレクトライト+joycaで年2.4~4.4%保証料込み)
関西アーバン銀行
マイカーローン
【変動金利】
年1.90~3.80%
【固定金利】
返済期間が5年以内の方:年2.95% ~ 年4.05%
返済期間が5年超の方:年3.10% ~ 年4.20%
りそな銀行
マイカーローン
マイカーローンのみ契約:年4.475%
カードローンセット型:年3.975%
住宅ローン利用者プラン:年3.475%
住宅ローン利用者プラン+カードローンセット型:年2.975%
千葉銀行
ちばぎんマイカーローン
500万円~1,000万円=年1.70%(変動金利・保証料込)
10万円~499万円=年2.35%~2.55%(変動金利・保証料込)
(特定の条件を満たすことで金利が年0.10%または0.20%割引)
三菱東京UFJ銀行
ネットDEマイカーローン
500万円超=変動金利年1.85%
500万円以下=変動金利年2.5%

ディーラーローンや信販会社のローンを利用している場合は、銀行のマイカーローンへ借り換える事でほぼ確実に低金利になるといえます。

自動車ローン借り換えは、ネットで申し込める銀行などもありますが、必要書類を持参して店舗に行く必要があるローンも少なくはないです。

借り換えにあまり手間や時間をかけたくない場合は、ネットからローンの借り換えを申し込める金融機関を借り換え先に選ぶのが良いでしょう。

例えば、地方銀行であるにも関わらず、ネットで全国からの申し込みに対応している静岡銀行のしずぎんマイカーローンや関西アーバン銀行マイカーローンなどが借り換え先として人気です。

返済期間は借り換えでどうなる?

借り換えをすると、返済期間はどうなるのか?という点も気になるところだと思います。

基本的には、以前の契約での返済期間・返済回数を借り換え先に引き継ぐことが多いです。

ただし、借り換え先の自動車ローンの契約内容によっては最大返済期間を延長しての借り換えが可能な場合もあります。

例えば、千葉銀行のちばぎんマイカーローンでは借り換えの際、以前の契約先での返済期間に6カ月を足しての契約が可能です。

ところが、返済期間をあまり長くし過ぎるとその分利息が増えていってしまうので、借り換え後はなるべく早く完済をする事をオススメします。

自動車ローン借り換えにも審査がある!

ローンの新規契約時は勿論、審査がありますが、借り換える時も審査はあります。

その為、借り換え目的でお目当てのローンへ申し込みをしても、必ず自動車ローン残高を移動させることが出来るわけではありません。

特に、過去に金融事故を起こした事がある場合は、自動車ローンの借り換え審査に限らず、信用審査がある契約はほぼ確実に審査に落ちてしまいます。

金融事故とは簡単に説明すると、返済不能になってしまい債務整理や自己破産などをし完済がきちんとできなかった事を指します。

金融事故を起こすと、異動情報として信用情報に記録され、最高5~10年の間は信用契約の類が出来ません。

また、自動車ローンの場合は、カードローンやクレジットキャッシングよりも高額の融資を受けるので、審査基準は低いとはいえません。

その為、カードローンの借り換えなど以上に、返済遅延や延滞がある場合は自動車ローン借り換え審査通過は難しいといえるでしょう。

自動車ローンの他にもローン契約をしている場合は、返済負担比率にも注意してください。

自動車ローン借り換えにデメリットはあるのか?

自動車ローン借り換えのデメリットは、ズバリ借り換え時に手数料がかかる事といえるでしょう。

借り換え契約をする事自体にお金がかかるわけではないのですが、完済時に一括返済手数料、乗り換え時の契約の際に事務手数料というように手数料がかかってきます。

手数料はローンを契約している金融機関毎に違うので、借り換え前の契約先と借り換え先で生じる手数料を必ず確認しましょう。

というのは、せっかく借り換えで低金利にしても、事務手数料や一括返済手数料の方が金額的にカットした利息額を上回っていては、借り換えの意味がありません。

カードローン借り換えの場合は、事務手数料がかかることはありませんから、単純に金利の比較をすれば良いです。

しかし、自動車ローン借り換えの場合は、手数料分も考慮してそれでも利息額がちゃんと減る借り換え先を選ぶ必要があります。

その点は車のローン借り換えで注意するようにしましょう。