おすすめを一挙に紹介!

他社借り入れがあってもカードローン審査通過は出来る?

クレジットカードでキャッシングをしている。

カードローンで既に1~2件借り入れがある。

住宅ローンなど他のローンを組んでいる。

など、他社借り入れがある場合に新規でカードローン審査通過可能かどうか不安だと思います。

基本的に審査での評価としては、借り入れ件数は少ない方が審査に通過し易く有利
です。

しかし、では他社借り入れが1件でもあると新規契約の審査には通らないか?といえば、そんなこともありません。

利用しているのがクレジットキャッシングでも、カードローンでも、借り入れ件数が1~2件の状態なら、新規申し込みをしても審査通過できる可能性はゼロではありません。

ただ、既に借りている先で返済遅延などがあったりすると、他社借り入れ件数が少なくても審査に落ちる可能性も否めません。

加えて、既に3~4件他社で借り入れがあるとなると、新規カードローンの審査通過は厳しいです。

クレジットキャッシングやカードローンは、カードローン審査のうえで他社借入として特に精査されます。

ところが、住宅ローンのような資金用途が限られており、繰り返し借り入れが出来るようなタイプではないローンは、そこまで他社借入としてカードローン審査で注視されることはありません。

というのは、追加借り入れが繰り返しできるわけではないローンは、残高が増える事がないからといえるでしょう。

また、住宅ローンの場合は、住居にお金をかけられるくらいの返済能力があるともみなされるため、住宅ローンがカードローンの審査で足を引っ張る事はあまりありません。

その為、他社借り入れ件数や残高に注意するのは、クレジットキャッシングやカードローンなど、資金用途が自由で限度額内で繰り返し借り入れが出来るローンといえます。

特に、クレジットカードもカードローンも昨今は割と簡単に契約が可能で、簡単に借り入れが出来る枠や契約先を増やしてしまいがちですから、与信状態に悪影響のない件数に留めるよう注意しましょう。

他社借り入れ件数1~2件なら嘘をつく必要なし!

他社借入については審査の前に、カードローン申し込み時に申請する項目として設けられている事が多いです。

その為、どうしても他社借り入れが既にある状態でも新規カードローン契約したい方は、申し込み時の他社借入に関して嘘をつこうと考えることもあるでしょう。

しかし、他社借り入れは件数にしても、残高にしても、信用情報に正確な情報が記録されています。

つまり、もしカードローン新規申し込みで他社借り入れ件数や残高を実際よりも少なく申告しても、金融機関が審査で信用情報を照会すれば嘘はバレます。

嘘が審査でバレた場合は、カードローン審査に通過することは出来ません。

したがって、他社借り入れがあることが審査で不安であっても、嘘の申し込みは止めた方が良いでしょう。

また、先述もしたように他社借り入れは件数が1~2件で、残高が自身の年収に対して無理のない範囲なら、即審査に落ちてしまうような事はありません。

他社借り入れが1~2件の場合は、下手にカードローン申し込み時に他社借り入れ0件などと嘘を付かずに、正確な情報で申し込みをする事をおすすめします。

ちなみに、信用情報が保管されている信用情報機関が別の他社借り入れであれば、審査で確認されない!などという事はないので勘違いしないようにしましょう。

信用情報機関のJICC・CIC・KSC(またはJBA)の3機関は定期的に情報の交流をしていますから、申し込み時に嘘がバレなかったとしても、借り入れ中に途上与信でバレる可能性があります。

他社借り入れ件数は3~4件で審査通過が難しくなり、5社以上はほとんど審査に通過出来ないと思った方が良いです。

他社借り入れ件数が1~2件の場合は、3件目の新規カードローン契約は信用情報に傷がなく、残高もそれなりに減っていて安定した収入があるなら、審査通過は出来ない事はありません。

ただ、消費者金融や信販会社など貸金業者から複数借り入れている場合は、総量規制に注意が必要です。

総量規制では他社借り入れ件数何件以上は融資不可!などという規定はありませんが、貸金業者での借り入れ総額が年収の3分の1までという制限があります。

したがって、借入先がすべて貸金業者で借りれ総額が年収の3分の1ギリギリの場合は、件数に関係なく審査通過が厳しくなる傾向といえるでしょう。

そもそも他社借り入れはどんなローンが該当するの?

他社借り入れといっても、どこまでをカードローン審査では他社借り入れ件数として確認するの?という疑問を持つ方もいると思います。

形としてはローンでも、ローンという直接的な名目ではない借り入れもありますから、どれがカードローン審査で申告しなくてはいけない他社借り入れなのか分からない方は少なくないでしょう。

大前提としては、カードローンは消費者金融であっても信販会社であっても銀行でも、契約をしている場合は他社借り入れとして申し込み時に申告します。

たまに銀行カードローンであれば総量規制に関係ないので、消費者金融カードローンの申し込みでは申告しなくても良い。などという噂もありますが、それは違います。

ただ、中には申し込みの際に、消費者金融などの貸金業者だけに他社借り入れ件数の申請を絞っているところもあるので、そのあたりは申込先に合わせて正しい申告をしてください。

基本的にカードローンへ申し込む際、他社借り入れとして申告した方が良いものは以下の通りです。

他社借り入れにみなされるもの

  • カードローン
  • クレジットカードキャッシング枠
  • フリーローン
  • 教育ローン
  • オートローン

など

クレジットカードのショッピング枠や住宅ローン、事業向けローン(ビジネスローン)、奨学金などはカードローンでは他社借り入れとしてカウントする必要ありません。

また、金融機関ではなく、個人間で借りている金額も、特には他社借り入れとして申し出なくても大丈夫です。

1~3件くらいまでは思っているよりもあっさり契約出来てしまう可能性が高いです。

しかし、4件目以上は属性評価が余程良く、与信状態が良好でないと審査通過は難しいといえます。

また、なるべく借り入れ件数が2~3件になった時点で、おまとめ契約などでローンを一本化した方が良いでしょう。

契約先は1つにまとめておいた方が返済がし易いですし、無駄に利息がかかることもありません。

他社借入件数が5社以上はおまとめした方が良い!

他社借入は4社までは何とか新規申し込みでも審査通過可能な範囲といえます。

しかし、4社以上で既に借り入れ件数が5社ある場合は、基本的に新規の借り入れ契約は難しいです。

また、他社借入件数が5社以上の場合は、完全に多重債務といえるのでほぼ新規で借り入れをすることは出来ないといえます。

他社借入を何社かした後で、審査に落ち始めた場合は先述もしたように、一度おまとめローンで一本化をした方が良いです。

特に4~5社という件数は、おまとめ審査も通過できるかどうかのギリギリのラインなので、なるべく早い段階でおまとめ契約を申し込むことをオススメします。

おまとめ契約は、通常の銀行カードローンでも可能ですが、他社借入が5件以上ある場合はおまとめ専用のローンで返済に徹した方が良いです。

ちなみに、おまとめ契約をした後は、完済するまで新規契約申し込みは出来ません。

万が一おまとめ契約をして、まだ完済していないにも関わらず新規契約をしようとした場合、契約違反となり強制解約と残高一括請求というペナルティが生じます。

どうしても必要な場合には、借入先が増えるのも仕方ないかもしれませんが、なるべく借り入れ件数は少ない状態の方が与信に悪影響がないです。

もし、他社借入件数が増えてしまった場合は、頃合いをみてローンをまとめる事を検討しましょう。