おすすめを一挙に紹介!

借り換え審査に落ちた理由が分からない時のチェック項目

消費者金融から、いざ銀行へ借り換え!と思ったものの借り換え審査に落ちてしまう事は珍しくはありません。

というのは、カードローン借り換えであっても審査はありますし、借り換えやおまとめ審査だからといって、基準が甘くなるようなことは原則ないからです。

ただ、借り換え審査は既にカードローン利用履歴がある状態で審査を受けるので、審査落ちの理由が不透明になりがちといえます。

審査落ちの原因がどこにあるのか分からない状態で、手当たり次第に様々な銀行カードローンや借り換え・おまとめ専用ローンへ申し込むのはリスクが高いです。

審査に落ちたという履歴も信用情報には記録されるので、何度も審査落ちを繰り返すほど与信状態は悪化してしまいます。

また、借り換え審査は失敗してしまうと、他社借り入れ件数が嵩んでいて多重債務になりかけの方などは、後がないので困ってしまうといえるでしょう。

そこで、ここでは借り換え審査に落ちた場合の主な理由や審査落ち後にどうするのが良いかを説明します。

借り換え審査は甘くない?新規契約審査の基準と同じ?

冒頭でも述べましたが、借り換え・おまとめは既に借り入れ履歴があるからといって、多少の返済遅延などが許されるような甘い審査を行っているわけではありません。

ただ、逆に借り換えによって低金利になるからといって、借り換え審査が通常の審査より物凄く厳しいわけでもないです。

借り換え審査であっても、最低限の条件は自身に安定した収入があり、信用情報に異動情報がない事といえます。

その為、基本的には延滞や債務整理など異動情報にあたる金融事故を起こしていなければ、審査落ちしてしまう事は本来あまりないはずなのです。

ところが、意外と借り換え審査を受けたみたら、審査に落ちてしまったという事が少なくないのは、異動情報までいかずとも借り入れ・返済状況に問題があることが一番の審査落ちの理由として挙げられるでしょう。

簡潔に借り換え審査通過の妨げとなる原因をまとめると以下の通りです。

借り換え審査落ちの原因

  • 延滞・金融事故はまず審査落ち
  • 返済遅延を何度もしている
  • 収入に対して借入額に無理がありすぎる
  • カードローン以外の支払いに問題がある
  • 借り換え先の条件に合っていない

延滞・金融事故情報がある場合は借り換え不可能

先述もした通り、借り換え審査に確実に通過できないのは、借り換え前のカードローンで返済を長期間滞納して延滞になってしまった場合や、1件でも債務整理などをして完済しないまま返済不能になってしまった場合です。

延滞や異動情報の記録は信用情報から消えない限り、借り換え審査のみならず与信状態を問われる契約全般が出来ないといえます。

ただ、延滞や異動情報の記録は5~10年経過することで、信用情報からその履歴が消えるので、それからならカードローン審査にも通過できる可能性があります。

しかし、延滞・異動記録が付いた状態での借り換えは出来ません。

また、延滞ほど重度の返済滞納をしていたわけではなくても、借り換え前のカードローン利用中に何度も約定返済日に遅れている場合は、信用に傷がつきます。

返済遅延を繰り返し残高が高額の場合は注意

短期間の返済遅延は、1回や2回程度なら、返済期日を忘れていた!というような理由も考えられるので、借り換え審査に大きな影響を与えることはそこまでないといえるでしょう。

ところが、利用中に毎度2~3日とはいえ返済を遅れたり、定期的に返済遅延が頻発するようなカードローン利用の仕方をしていると、そのうち信用情報に返済遅延の記録が一定期間ずつ残り続ける事になります。

その為、返済遅延の記録があるタイミングで借り換え審査を受けてしまうと、軽度な信用の傷とはいえ審査上の評価では不利になるので、審査に落ちてしまう可能性が否めません。

加えて、軽微な信用の傷が短期の返済遅延だけなら、まだ借り換えの可能性がありますが、借入残高がほとんど返済できていない状態であったり、あまりにも借り入れ件数が多いとさらに審査に不利になり易いといえます。

借り換える残高が高額なのに、返済遅延の覚えがある場合は、延滞ほどの影響がないとしても審査落ちの原因になるので注意が必要です。

ちなみに、軽微な返済遅延はカードローンだけでなく、クレジットカードのキャッシング枠の利用や住宅ローンなどの他のローンや支払いの滞納にも気を付けた方が良いでしょう。

特に、クレジットカードのキャッシング枠の利用履歴は、ほとんどカードローン利用と同じように扱われるので、カードローンとクレジットカードキャッシングを併用している方は注意しましょう。

借り換え先の貸付条件は必ず目を通おす

本来はあまりあってほしくない借り換え審査落ちの原因として、借り換え先の貸付条件に合っていない。というのも一つ挙げられます。

消費者金融から銀行カードローンへ借り換える場合は、そこまで貸付条件が違う事はありません。

しかし、銀行の借り換え・おまとめ専用ローンへ借り換える際などは、年収の制限があったり完済証明書の提出が求められるような、特殊な条件が設けられている場合があります。

そういった借り換え先の条件を確認していないが故に、審査に落ちてしまう事もあるようなので、限度額や金利だけでなく貸付条件もしっかり目を通すことをオススメします。

また、おまとめローンのように残高が高額になる場合は、返済期間が長くなることが見込まれるので、自身の年齢と借り換え先の貸付条件の年齢制限を確認してください。

あまり借り換え先の年齢制限の上限ギリギリの場合は、完済するつもりがないと金融機関に思われてしまう可能性がゼロではありません。

借り換え審査に落ちても直ぐに再申し込みしない!?

以上が借り換え審査に落ちてしまう主な理由ですが、それらが原因で審査に落ち借り換えに失敗してしまった場合、あまり直ぐに他のカードローンや借り換え・おまとめ専用ローンへ申し込まない方が良いといえます。

というのは、新規契約時の審査落ちもそうですが、ローンの審査に落ちたという履歴は信用情報に残るからです。

しかし、審査落ちの履歴は申し込み情報と共に、半年(6カ月)ほど経つことで信用情報から消えます。

その為、下手に借り換え審査落ちの情報が残ったまま次の借り換え先に申込むよりも、多少我慢して既存の契約先で返済を遅れないようにしながら、記録が消えるのを待つのが得策でしょう。

また、審査落ちの情報が消える間に返済をしていくので、借り換える際の残高が少額になり、希望額が減ったことで再申し込みの際に審査落ちの可能性を下げる事も出来ます。

基本的に、借り換え審査に2~3回落ちた後は、一定期間再申し込みは控えた方が良いでしょう。