おすすめを一挙に紹介!

消費者金融の魅力ってなに?メリットはあるのか?

消費者金融の魅力とはなんでしょうか?

今すぐにお金を借りたいと思った時、あなたは誰に頼みますか?一般的には親や友人、会社の同僚ぐらいなものでしょう。

お金を借りるという行為は、どうしてもあまり良い印象を与えません。

お金を借りる=借金を毛嫌いするのはなぜでしょう。

おそらく、お金が原因で借りた人も含め、生活や友人関係、親子関係を壊してしまう可能性があることを連想させるからだと思います。

日ごろの信頼関係があったとしても、お金を貸す方もあげるつもりで貸さないと、場合によっては貸したお金が戻ってこないことは実際珍しくないトラブルといえます。

しかし、現実にはお金を無償であげる人などほとんどいません。

社会において、お金とは基本的に労働に対して支払われる対価ですから、自身の労働により獲得したものを他人に無条件に貸すことをためらうのは、何らおかしなことではありません。

ところが、そうなるとお金が借りたい方は困ってしまいます。

そんな時、消費者金融のカードローンであれば、誰に気遣いすることもなく借りることが可能です。

気を遣うことなく消費者金融であれば借りられるのは、借り入れをするにあたって利息を払うからといえるでしょう。

また、気兼ねなく借りられる以外にも消費者金融を利用するメリットはあります。

簡単にどのような点が消費者金融のメリットといえるか簡単に以下にまとめました。

消費者金融カードローンのメリット

  • 必要な金額を遠慮なく希望できる
  • 即日融資を受けられる
  • WEB完結契約が可能
  • 土日祝日でも申し込み・借り入れ可能
  • 資金用途自由

消費者金融なら遠慮することなく借りられる

消費者金融はお金を貸すのが仕事ですから、お金を借りることに後ろめたさを覚える必要はないでしょう。

消費者金融でお金を借りるという事も、買い物をするのと何ら変わりがない消費者の健全な経済活動です。

というのも先述もしたように、借りたお金を返済する際、消費者金融側はきっちり利息分を持っていくからです。

消費者金融から借り入れをすると、借りている日数分だけ利息がかかります。

その利息とは、消費者金融にとっては利益になりますから、借り入れ側はお金を業者から借りるのにそこまで気負う必要はないといえるでしょう。

そのように、貸金業として割り切って利用できるのが消費者金融の1番の魅力とも言えるのです。

もし、借入先が家族や知人相手となると、対消費者金融のように客観的な借用契約として成り立たず、倫理観や感情論の泥試合になる可能性がどうしても否めません。

お金とは、便利なもので、使うタイミングや、時期によってはその価値以上に効果を発揮することがあります。

そんな時があれば、消費者金融で借りてでもお金を使うことは決して間違っていはいないといえるでしょう。

ただし、昨今の消費者金融カードローンは利便性が高く、借り入れが簡単に出来るため余計な借り過ぎに注意が必要です。

借りた金額は、例え消費者金融が相手でも返済しなくてはいけないのは、当たり前のことといえます。

消費者金融なら即日融資をしてくれる!

では、実際に消費者金融からお金を借りるとして、どのような点がより具体的にメリットなのか説明します。

消費者金融の便利なところは、金融機関ごとに特定の条件や時間制限はありますが、申し込めば即日で融資をしてくれる点でしょう。

今はインターネットから10分程度で申込みができるので、昼休み時間などの隙間時間に申込みすることで、夕方には自分の銀行口座に振込で融資を受けることも充分に可能です。

その間、消費者金融へ来店することも不要で、ネットで契約が完結できるサービスもあります。

その様なカードローン契約の仕方を、WEB完結契約といいます。

WEB完結契約をした場合は、融資を口座への振り込みで受け取ることが可能です。

その為、誰かに借り入れをしているところを目撃されてしまうリスクが低く済みます。

また、消費者金融から振り込み融資を受ける場合は、契約先が指定する金融機関口座があることで、365日24時間即日融資をしてもらえる事が多いです。

土日祝日の借り入れ申し込みでも迅速対応

ちなみに、カードローンは消費者金融だけでなく、銀行でも取り扱っています。

その際、銀行と比べて消費者金融からお金を借りることで有利なことは、平日の遅い時間や土日祝日でも消費者金融は最短即日融資に対応していることです。

ネットから申し込み自動契約機を利用してローンカードを発行する場合は勿論、特定の条件を満たせば、消費者金融のカードローンでは土日祝日も最短即日振込融資が可能となっています。

例えば、大手消費者金融のプロミスであれば、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座宛てであれば、365日24時間最短10秒で振込融資(瞬フリサービス)がしてもらえます。

また、銀行は土日祝日の場合、審査に対応していなかったり、審査対応時間が平日より短かったりしますが、消費者金融は大体どこも20時~21時くらいまで曜日に関係なく対応しています。

貸付条件としては、銀行の方が低金利で済みますが、それは最低限の貸付サービスでの対応だからとも言えるでしょう。

そんなに緊急性がなく、本当にただ借り入れ・返済が出来れば良い。という場合は、利息面を考慮して銀行から借りるのも一つ手ではあります。

しかし、緊急性のある借り入れの場合は、消費者金融を利用するのがオススメです。

消費者金融は金利が高いは本当?

消費者金融は様々な顧客ニーズに応えて、抱える顧客層も多い分貸し倒れリスクもあります。

その為に、銀行よりも高い金利での貸付になってしまうと考えられます。

基本的に、消費者金融では金利18.0%が適用されることが多く、確かに銀行カードローンの中でも低金利な部類の平均金利14.0%と比べると4.0%ほど差があります。

しかし、例えば10万円を1ヵ月(30日間)18%で借りても利息は1,500円以下です。

借りた金額が1万円ならば150円以下です。

借り入れ・返済に関わる消費者金融の全てのサービスを受けられることを考えれば、高い利息ではないと思いませんか?

また、カードローンでは保証人や担保が不要ですから、信用貸しとしての保証料も利息に入っていると思えば、ある程度納得していただけるかと思います。

消費者金融は様々な顧客ニーズに応えて、抱える顧客層も多い分貸し倒れリスクもあります。

その為に、銀行よりも高い金利での貸付になってしまうと考えられます。

実際、銀行カードローンの中にも、消費者金融と同等の金利設定のところもありますが、そういった場合は、独自のサービスを展開していることが多いです。

例えば、消費者金融や消費者金融の金利と同程度の金利設定をしている銀行では、無利息期間を取り扱っている事が多いという特徴があります。

無利息期間のうちに完済できるくらいの少額借り入れなら、無利息期間のない銀行で借りるよりも利息はかからないといえるでしょう。

ただ、借りる金額が大きくなってくると消費者金融と銀行のカードローン金利の差は無視できなくなってきます。

元々、消費者金融は特に個人向けの少額融資を専門としているため、金利が銀行よりも高めに設定しているという事情もあります。

逆に、高額の融資は銀行の方が昔から扱っているので、与信と返済能力が認められるなら高額を低金利で借りられる仕組みになっているといえるでしょう。

その為、金利(利息)を低くお金を借りようと思うなら、低金利に見合う与信や返済能力である必要があるといえます。

どんな理由なら消費者金融で借りられる?

お金を借りる理由は様々ですから、消費者金融などのカードローンの資金用途は基本的に自由とされている場合が多いです。(事業資金にだけは使えない場合がある)

その為、銀行のフリーローンや目的ローンのように資金用途がそこまで具体的に問われません。

消費者金融での借り入れの理由で、いつの時代も多いのは生活費の補填としての利用です。

とはいっても、最近の傾向としては、お金を借りないと生活が出来ない…というよりは、月収入が入るまでのつなぎであったり、普段よりも出費が多かった際に借入金で賄う、という使い方が一般的といえるでしょう。

また、次に多い借り入れ理由は交遊費や購買費となっており、例えば、海外旅行をするのに使ったり、高額のモノを買ったりする際に消費者金融を利用する方が意外と多いようです。

旅行や家電製品の購入資金という用途でも消費者金融からの融資金は利用可能となっています。

少し前までは、そういった遊びやショッピングに使うお金というのは、もっぱらクレジットカードで借りられていました。

消費者金融で借りるとなると、なんとなく心持的にいかにもお金に困っている…といった感じで近寄りがたい。というイメージがあり、クレジットカードでちょっとした額ならキャッシングするいう方が多かったのです。

大手消費者金融は特に最近メディア広告への露出もしているので、以前より身近な存在になりつつあります。

申し込みも先述したようにネットから簡単に出来、審査に通過すれば大概はその日のうちに借りたい金額が借りられるという手軽さから、ちょっとした出費にも利用しやすくなっているといえるでしょう。

その為、何百万円も借りている…という利用者より10万円前後などの少額で消費者金融を利用している方が多いのが実情です。

ところで、資金用途は申し込み時にしか問われません。

しかし、例えば、初めは生活費の補填でも消費者金融を利用している最中に旅行費用の補填として使う場合、特に申告する必要はありません。

基本的に最初の申し込みで審査に落ちないような理由での用途なら、限度額の範囲内で好きに借り入れ利用が可能なので、資金用途が最初と違う旨をわざわざ伝える必要はないです。

借りられない理由もある!?

時に、審査通過が出来ない借り入れ理由というのも実はあります。

基本的には先述したように、消費者金融カードローンは資金用途自由です。

ところが、ギャンブルや投資という理由での利用は出来ません。

他にも、他社借り入れの返済の為といった理由での借り入れも不可能となっています。

何故かといえば、そういった利用の場合、借入利用者が返済不能になる可能性が極めて高いからです。

消費者金融も融資した分は利息も合わせてきっちり返済してもらわなくては損をしてしまいます。

その為、ギャンブルや投資など借り入れ利用者の支出負担になりやすい用途では、借り入れが出来ないのです。

他社借り入れの返済という用途に関しては、既に他社の返済が滞りかけている事が前提となるわけですから、同様に借り入れが出来ません。

消費者金融へ申し込むと信用の傷になる?

たまに、ローン契約をするなら銀行から申し込むのが良いと聞いたり、消費者金融への申し込みは信用の傷になるなどということを見聞きするかと思います。

ローン契約を考える際に、銀行へ先に申し込みのが良いとされるのは、金利が低い為審査に通るなら消費者金融よりも支出を抑えて借り入れが出来るからです。

逆に銀行でのローン審査に落ちた際でも、その審査落ちしたという情報が信用情報機関が別である為、消費者金融に伝わらないからであるというのも銀行に先に申し込むメリットとしてよく挙げられていますが、これは少し違います。

確かに銀行はJBA(全国銀行個人信用情報センター)、消費者金融はJICC(日本信用情報機構)もしくはCIC(シー・アイ・シー)という風に基本的に信用情報を別の機関で管理しています。

ところが銀行と大手消費者金融は提携しているところが多く、なにか信用情報に金融取引において不都合がある場合にはその情報は共有されます。

その為、一概に銀行への申し込み履歴が消費者金融には分からないとは言えないのです。

また、消費者金融へ申し込みをしたというだけでも信用に傷がつくというのも若干語弊があります。

消費者金融1社で申し込みをして契約まで行ったとしても、審査落ちしたとしても、それがすぐさま信用情報に悪影響を及ばすことはありません。

12554 件のコメント